買取ぞうさんはYAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーを高価買取中

大手楽器総合メーカーであるYAMAHA(ヤマハ)で、シンセサイザーが初めて作られたのは1974年。

その記念すべき1号機は「SY-1」です。

シンセサイザーを作り始めて、ヤマハは半世紀近い歴史を歩んできています。

フラッグシップモデルの「XF」、第2世代MOTIFである「ES」、購入しやすい「MO」や「MM」、コンパクトで軽量仕様の「MOX」など。

初心者から上級者まで、そしてシンセサイザーとしてこだわりのポイントからも、さまざまなシリーズが販売されています。

今後も新しい革命的なモデルが発売されるのを期待されているメーカーです。

無料査定 ここをクリック

YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーについて

YAMAHA(ヤマハ)は、明治30年に日本楽器製造株式会社として創設されたメーカーです。

1987年にYAMAHA(ヤマハ)に変更されました。

オルガン・ハーモニカ・シロフォン・ピアノなど、さまざまな楽器を製造する、総合楽器メーカーです。

電子楽器に関しては1960年代から開発・製造に着手し、その高い技術力からもMIDI規格の制定企業にもなっています。

それは音楽分野以外にも頭角を現しており、パソコンや磁器ヘッドなどの開発も成功させているのです。

そんなヤマハが作るシンセサイザーは、確かな技術力で作られている高品質・高性能楽器。

どのシリーズもクオリティが高く、操作もシンプルで理想の音を作るのに適した仕様となっています。

初心者から上級者まで幅広いアーティストに愛用されているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーの大量買取もお任せください

YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーには、HQ Miniを搭載した「reface」、絶妙な音作りに長けた「MOTIF XF」シリーズ、。

音楽制作向けの「MOXF」シリーズ、軽量コンパクトボディーの「MX」シリーズ、極上のピアノ音色をプラスした「S」シリーズ、初心者にも向いている「MM」シリーズなど多種多様なシンセサイザーが作られています。

無料査定 ここをクリック

YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーの高価買取り方法について

check1

状態

シンセサイザーを作っているメーカーは数多くあり、それぞれが特徴あるシンセサイザーを開発・販売しています。

日本国内だけでなく世界でも人気のメーカーはいくつかありますが、YAMAHA(ヤマハ)もその一つ。

中古市場でも特に高く売れるメーカーとして知られています。

人気アーティストが数多く使用しているだけでなく、初心者から上級者まで、幅広い人達が使える勝手のよさ。

そして、シンセサイザー以外の楽器やアクセサリーなども販売しています。

国内メーカーであり、大手楽器販売メーカーとしてどこの楽器店でも取り扱われていることからも、何かあったときのサポートも受けやすいものとなっています。

シンセサイザーの質はもちろん、演奏しやすい環境からも人気が高いメーカーとなっているのです。

check2

付属品

YAMAHA(ヤマハ)は音楽制作においては不足するものがないといえるぐらいに揃っています。

シンセサイザー本体だけでなくアンプやスタンド、ヘッドホンなど、そういった必要なものをセットにして販売もしていますので、もしこうしたアイテムを持っているようであれば、一緒に査定に出すと評価も高くなります。

アイテムだけでなく、ヤマハにはギターや電子ピアノなどさまざまな楽器が揃っていますので、同じヤマハ楽器で使っていない楽器があれば、一緒に出してしまいましょう。

一つで査定して藻らよりも、複数で査定してもらったほうが高くなるのです。

check3

まとめて

YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーのなかでも、MOTIFシリーズの最高峰となるのが「XS」と「XF」です。

これの廉価版として販売されているのが「MM」と「MO」。

YAMAHA(ヤマハ)はコンスタンスに新しいシンセサイザーを開発・販売していますので、中古市場では新発売モデルがでるにつれて前作のモデルは値下がりしていってしまいます。

ただ、ヤマハの作るシンセサイザーはどれもそう悪い品ではなく、それぞれに特徴があるものとなっています。

ですから、逆に言えば中古市場ではお買い得として購入できるのを狙っている人も多くいるのです。

ヤマハはこれまでの実績からも高い評価を受けていますので、中古市場でも人気のメーカー。

どのモデルでも、問題なく買取ってくれることが多いのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

YAMAHA(ヤマハ)シンセサイザーの掃除方法について

YAMAHA(ヤマハ)は総合楽器メーカーだけあって、そのお手入れアイテムも揃っています。

シンセサイザーは電子機器ですから、ホコリや水分には弱いものとなっています。

演奏後には、乾いた柔らかい布などで拭き、ほこりや手垢、汗などを拭き取るようにしましょう。

また、ヤマハにはお客様サポートセンターというのは設置されています。

電子楽器についてはユーザ登録などもおこなっていますので、購入した際にはそうした登録をしておくと、何かあったときに安心です。

電話やメールで相談を受け付けているので、日々のお手入れについても確認しておくといいでしょう。

そして、もし使っていて不具合を感じるようなことがあれば、修理センターに連絡。

下手に手を出すと直るものも直らなくなるかもしれませんので、トラブル解決には電子楽器のプロのお願いするようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介