買取ぞうさんはエフェクターを高価買取中

エフェクターは、ギターの音色を変える道具です。

プロのミュージシャンなどは演奏するギター・サウンドでは、さまざまなエフェクターが使われており、これを使うことで音色を自由自在に変化させているのです。

そんなエフェクターには多種多様な種類があり、それぞれに特徴がありますので、曲やアーティストの好みなどに合わせて選んでいきます。

また、1種類の機能が入っているコンパクト・エフェクターと、さまざまな機能が入っているマルチ・エフェクターとに分かれます。

ちなみに、複数の効果がほしい時はマルチ・エフェクターが便利ですが、エフェクター・ボードを使うことで複数のエフェクターの接続も持ち運びも楽になります。

無料査定 ここをクリック

エフェクターについて

エフェクターにはさまざま種類があり、それぞれに特徴があります。

代表的なエフェクターとしては、ひずみ系・モジュレーション系・空間系・その他個性的なエフェクターとに分かれます。

ひずみ系には、ヘヴィ・メタルやスラッシュ・メタル、ハードロックなどに使われる「ディストーション」、ディストーションよりかはマイルドな「オーバードライブ」、音程がわかりにくいほど、ひずむタイプもある「ファズ」。

モジュレーション系では、心地よいサウンドの「フランジャー」、フランジャーから金属的なトーンをとった「フェイザー」、小刻みに揺れるような音を出す「トレモロ」。

空間系では、山びこのような効果を出す「ディレイ」、サウンドに残響感を出す「リバーブ」。

そして他には、音程を変化させる効果がある「ピッチシフター/ワーミー」、人がワウワウ喋っているような「ワウ」、音の大小のツブをそろえる「コンプレッサー」。

幅広いサウンドをコントロールする「イコライザー」とあります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

エフェクターの大量買取もお任せください

種類も豊富にあるエフェクターは、組み合わせ次第で自分だけのサウンドを作ることができます。

ギターの音色を自在にコントロールする機能に、若者を中心としたミュージシャンに人気です。

奥深い楽器であるだけに複数のエフェクターをそろえる人も多く、中古市場でも需要が高い商品となっています。

当店では生産終了となったエフェクターから人気のエフェクターまで、さまざまなエフェクターを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

エフェクターの高価買取り方法について

check1

状態

初めてのエフェクターとして定番ともなっているのが、ひずみ系のオーバードライブとディストーション。

メーカーによってそのサウンドは異なるので、人気機種ほど高く売れます。

また、特にどのタイプがいいのか決まっていない人によく購入されるのがマルチエフェクター。

いきなり高価なタイプを購入するのではなく、安いマルチエフェクターで試してみる事が多いようです。

ですから、中古市場でもそこまで高級でなくても買取ってもらう事は可能です。

いくぶんか慣れてきた人などは、高性能なマルチエフェクターに乗り換える人もいるようです。

最近のマルチエフェクターはその性能も向上しているので、中古市場でもその機能の良しあしがしっかりとみられます。

check2

付属品

エフェクターを使うのに必要になるのが、アンプ・エフェクター間とギター・エフェクター間を繋ぐシールド。

別名、ギターケーブルとも呼ばれます。

そして、電池で動くとはいえ消費量がすごいので、ACアダプターとかパワーサプライなどもあると便利です。

ちなみに、コンパクトエフェクターは電池でも動かす事ができるタイプが多いですが、マルチエフェクターは家庭用コンセントから電源を受給するタイプが多く見られます。

これらもセットにして出すといいです。

check3

まとめて

中古として出す際には、箱などの付属品は重要ですので、全てをそろえた状態で売るようにしましょう。

付いているはずの付属品がついていないなんてことになれば、それだけ減額されてしまうので要注意。

また、マルチフェクターといった操作が難しいエフェクターほど取扱い説明書は重要ですので、これは絶対に外せません。

そして、査定に出す前には、見た目だけでなく中身もきれいに整えておくようにしましょう。

中にほこりがたまっているなんて状態では、査定額が低くなってしまいます。

ほこりだけでなくサビにも気をつけたいもので、サビついていると買取価格は安くなります。

市販に専用のサビ取りがあるので、そうしたものをつかってキレイにしてあげると、評価が良くなるだけでなく接続も良くなります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

エフェクターの掃除方法について

エフェクター本体は、楽器用クロスを使って拭き掃除を施します。

ツマミを外して下の部分に溜まりがちなホコリは、そのままにしておくとガリやノイズの原因となりますのでしっかりと取り除きます。

細かいところにはいってしまったホコリは、化粧刷毛や絵画用の絵筆などを使うととりやすいです。

また、楽器用ケーブルも忘れずに。

ケーブルの被膜部分には余分な電気(静電気)が溜まりやすい性質をもっているので、そのままにしておくとノイズがのらなかったり、音質が劣化する原因になることも。

被膜部分を濡れタオルでつまんでケーブルの先端から末端まで水拭きすることで、見た目がきれいになるだけでなく、静電気が逃げるようになります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介