買取ぞうさんはウィルソン(Willson)チューバを高価買取中

ウィルソン(Willson)は、ほとんどがハンドメイド。

上級者向けで作っているため、品質も最高クラスのものといえます。

熟練した腕の良い職人が、長年のノウハウから時間をかけて手作りしています。

大量生産しているわけではないので、取り扱っている店舗も限られているメーカーです。

また、これまでの技術だけでなく、さらなるチューバのレベルを高めるための研究開発にも力を入れています。

世界のプロチューバ奏者とのコミュニケーションを大事にし、常にその要望にこたえられるようにしているのです。

スイスの楽器メーカーであるウィルソンは、ユーフォニアムでも有名です。

無料査定 ここをクリック

ウィルソン(Willson)チューバについて

ウィルソン チューバは一つ一つが熟練した職人が作る楽器。

世界のトッププレーヤーからも、高い信頼を得ています。

そんなウィルソン チューバの仕様は、どれも優れたものとなっているのです。

ステンレススティール製ピストンバルブと精度の高いバルブケーシングは、金管楽器メーカーの中でもトップクラスのもの。

ワンピースシームレスベルやすべての管は完璧なほどの円形を保っており、この工作技術はウィルソンの職人レベルの高さを物語っています。

また、デタッチャブルナイロンバルブガイドはコンパクトで雑音も少なく、ネジ止め式でガイド交換も簡単。

独自のニューバルブシステムは雑音も少なく、演奏にも集中しやすいものに。

他にもスペシャルウォーターリザーバーや第4バルブストッパーシステムと、ウィルソンの技術が生かされています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ウィルソン(Willson)チューバの大量買取もお任せください

ウィルソン チューバはほとんどがハンドメイドで作られています。

ですから、楽器の生産数は限られたものとなっており、楽器でも必ず取り扱っているわけではないようです。

ユーザー数は少ないものの、その品質の高さは世界中の奏者に知られているのです。

無料査定 ここをクリック

ウィルソン(Willson)チューバの高価買取り方法について

check1

状態

ウィルソン チューバを査定に出す際には、品番やシリアル番号を確認しておきます。

また、外観や楽器の状態もきちんとチェック。

外装の金属部分に錆がないかどうか、全体的に汚れはないか、管体がへこんでいたり傷がついていたりしないかといった、外観の見た目。

スライドやピストン部分の動きは悪くないか、ロータリーが固着して動かないなどの動作不良がないかどうかです。

どんなに素晴らしいといわれているチューバでも、演奏が出来ないのでは意味がありません。

また、あまりにも使用感が強いと、それが気になってなかなか次の買い手がみつからないこともあります。

そうならないためにも、演奏毎のお手入れと定期的なメンテナンスは欠かせないのです。

check2

付属品

特に欠かせないのがハードケースやソフトケースです。

付属されていたケースがいいですが、それがなければ別売りでもあったほうがいいです。

また、たとえ持ち手が破損していたとしても、ケースがあるのとないのとではまったく違うものとなるのです。

ウィルソン チューバはユーフォニアムでも有名なスイスの金管楽器です。

上級者用のチューバを作っていますので、その付属品もできる限りそろえていたほうが買取価格も高くなります。

check3

まとめて

ウィルソン チューバはそこそこ名が知れた楽器メーカーですから、中古として査定に出した際に問題なく買取ってもらえる可能性は高いです。

ある程度の需要があり、知名度があると売れやすいのです。

とはいえ、やはり年数がたつとともにその価値もどんどん下がっていきますので、使わなくなったり新しくチューバを買い換える予定であれば、早めに査定に出すようにしましょう。

大体、5年以内であれば高値で買取ってもらえるそうですが、高級モデルや人気モデルなどは、もっと年数がいっていたとしてもそんなに価格がさがることはないかもしれません。

ウィルソン チューバなどの管楽器は、メンテナンスをどれだけやっているかで変わってきます。

アンティークとしての人気もありますので、見た目の美しさも大きな査定ポイントとなるのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ウィルソン/Willson チューバの掃除方法について

チューバを使っていると、表面が酸化して黒くなることがあります。

これは銀製のチューバにありがちな変色。

表面に堅い皮膜を作って内部を守る役目を持っているものの音色にも影響してくることなので、黒くなるまでは手入れをしない方もなかにはいます。

気になるようであれば、ポリッシュなどを少しだけクロスにつて磨くようにします。

外側はそんなに問題でもないのですが、内側はそうはいきません。

チューバなどの金管楽器は水気に弱いので、内側に発生した水分をそのままにしておくと、腐食したり錆びたりしてしまいます。

トラブルを避けるためにも、水分はしっかりと拭き取るようにしましょう。

スワブを管に通すだけで内側の水分が拭き取れますので、こうしたアイテムを使うと簡単で便利です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介