買取ぞうさんはギターアンプを高価買取中

ギターアンプとは、ギターからの信号を増幅させて大きな音にするためのものです。

エレキギターでは基本的な必須アイテムで、アンプを通して使う事を前提に作られています。

つまり、ギターアンプがなければエレキギターは弾けないのです。

ちなみに、自宅での練習ではアンプに通さないで弾きます。

でも、アンプを通した音と通さない音は全く異なる音となるので、自宅での練習ではうまく弾けてもアンプを通したらミスばかり、なんてことも珍しくありません。

アンプがないだけで、微妙な音の変化やいい音が出せなくなってしまうのです。

無料査定 ここをクリック

ギターアンプについて

ギターアンプには、主に2つのタイプがあります。

真空管タイプとトランジスタ・タイプです。

真空管タイプは別名チューブ・アンプとも呼ばれており、温かみのある柔らかいサウンドが特徴で、どちらかというとこちらの方が人気が高いです。

ただ、真空管を使っていることからもメンテナンスが面倒で、デリケートなため、取り扱いに気を付けなくてはいけません。

トランジスタ・タイプは別名ソリッド・ステートとも呼ばれており、その性能が一定に保ちやすくメンテナンスも楽です。

ブランドとしては、FENDER ( フェンダー )やMARSHALL ( マーシャル )、VOX ( ヴォックス )、BAD CAT ( バッドキャット )、BLACKSTAR ( ブラックスター ) 、BUGERA ( ブゲラ )、CARVIN ( カーヴィン )などがあります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ギターアンプの大量買取もお任せください

特にエレキギターの演奏には欠かせないギターアンプ。

定番アイテムとあって、中古市場でも人気商品となっています。

種類別にいくつか持つ人もおり、こだわりを持って選ばれることも多いです。

当店では生産終了となったギターアンプから人気のギターアンプまで、さまざまなギターアンプを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ギターアンプの高価買取り方法について

check1

状態

ギターアンプにはさまざまな種類がありますが、定番となっているのがワット数10〜30くらいのもの。

種類でいうとソリッド・ステートのアンプが人気です。

初めて購入するタイプとして多いので、このタイプを持っている場合は、状態次第では高値で買い取ってもらう事も可能です。

また、アンプにどんな性能が付いているのかも大事な査定ポイントです。

なかには夜間の練習に便利なヘッドホン端末が付いたギターアンプもあるので、そうした便利な性能ではプラス査定となります。

マンションや住まいが多く、戸建でも密集している家が多いことからも、音漏れに関してはかなり敏感ですよね。

それを軽減してくれる性能は、お客さんとしてもかなり魅力的に映りますし、中古店スタッフとしても売りやすいのです。

check2

付属品

ソフトケースやラッチフットスイッチ、スピーカーケーブル、電源ケーブル、そしてシールド。

シールドがないとアンプにつなげられないので、あればセットで出すといいでしょう。

また、ギターアンプとセットであるといいのが、チューナーやスペア弦、ストリングワインダー、ヘッドホンなど、ギターを弾くために必要なアイテムです。

ギターアンプを出すついでに出すと、査定にはプラスになります。

ギターそのものを辞めるつもりなら、ギター本体も一緒に出すと余計な手間がかかりません。

check3

まとめて

ギターアンプにはさまざまなメーカーや機種、モデルが販売されていますが、人気の性能を備えているギターアンプは中古市場でも高値で買い取ってもらえます。

ヘッドホン端末が付いたギターアンプは主にマンションやアパートに住んでいる人に人気ですが、イコライザー付きのアンプも音作りの勉強になるとして人気です。

イコライザーとは、高域・中域・低域をコントロールしてサウンドのキャラクター設定を可能にしたものです。

ギターアンプは、ヘビメタみたいなゆがんだ迫力のある音を出すものもあれば、ゆがみのないきれいな音を出すものもあります。

また、中古市場で探される人には安価で良質なギターアンプを探されています。

新品に近い商品ほど高値になります。

元の値段が安いモデルほど、良い状態に保っておきたいものです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ギターアンプの掃除方法について

チューブ・アンプの場合では、ボリュームをフルアップして電源を入れるような事をしなければ、そう手入れやメンテナンスを頻繁にする必要ありません。

パワー管を違う規格に変更するのであれば、バイアス調整などは必要ですし、冷却ファンがついているタイプはホコリが入りやすいので、定期的にエアーなどで吹き飛ばしてあげるようにしましょう。

ただ、オールドはメンテナンスがちょっと大変なこと、そして運搬する際には注意が必要です。

また、湿気に弱いので管理する場所には注意しましょう。

回路ボードにカビが生えてしまう事もあります。

そして、リバーブが鳴らないといった症状もよく見られます。

リバーブ・パンが悪くなっていたり、リバーブ・トランスが悪くなっていたりと、さまざまな原因で不具合がおこります。

その際には、修理に出して直してもらうようにします。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介