買取ぞうさんはハンスホイヤー(Hans Hoyer)ホルンを高価買取中

ドイツのホルンメーカーであるハンスホイヤー(Hans Hoyer) 。

日本国内では、ヤマハミュージックトレーディングが代理店となって輸入販売しています。

操作性も悪くない事から、学生さんにも人気のメーカーです。

特にスタンダードモデルの801MALなどはよく売れているようです。

801MALはがイヤータイプで、そのロータリーはボールジョイント・アクション。

ベルカット仕様でコンパクトに収納できます。

また、上級者やプロなどにはG10も人気となっています。

ただ、個体差によって差があることからも、購入前に一度吹いてみるのは必須となっています。

無料査定 ここをクリック

ハンスホイヤー(Hans Hoyer)ホルンについて

名前の由来は、金管楽器製造マイスターであるハンス・ホイヤー氏。

ハンス・ホイヤー氏は、国営工場でホルンの製造部門を担当していた人です。

ドイツ統一後はJA Musikの傘下に入り、品質がぐんと向上。

2009年にはB&Sに社名変更しています。

B&Sでは、ホルン以外の楽器も作られており、他社製品を参考にしたモデル開発がみられます。

ハンスホイヤー ホルンに関しても同様で、自社オリジナルの管体デザインによるモデルにかわり、他社製品を参考にしたモデル開発がおこなわれています。

その製造においては工作機械を用いての部分もありますが、モデルによってはハンドメイドを取り入れているものもあります。

パーツはすべて自社製造で、その一部はヴェンツェルマインルのホルンに使用されています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ハンスホイヤー(Hans Hoyer)ホルンの大量買取もお任せください

豊かで自然な音色。

気品ある力強い響き。

ハンスホイヤー ホルンは聴く人の感動を与えるホルンです。

ドイツのホルンメーカーで、金管楽器ホルンのブランドとして有名。

その製造は、ドイツの大手管楽器メーカーB&S GmbHとなっています。

無料査定 ここをクリック

ハンスホイヤー(Hans Hoyer)ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

ハンスホイヤー ホルンのモデルの中でも、人気が高いのが801MALと801GAL、801JMAL、G10 MALです。

801MALはハンスホイヤー ホルンを代表するスタンダードタイプ。

ガイヤータイプの形状で、初心者の方から上級者幅広いユーザーに愛用されています。

801GALはゴールドブラスベルです。

801JMALはスチューデント向きモデルで、左手部分のあて金、ニッケルシルバー製の抜差管アウター・スライドを採用。

ボールジョイントの3Bリンケージ・システムで、明るい音色と心地よい吹奏感です。

そしてG10 MALは、ガイヤータイプの形状と長めのマウスパイプが特徴。

まろやかで伸びのある音色は、プロも満足するほどの操作性を持っています。

ハンスホイヤー ホルンのモデルのなかでもこれらは、中古市場でも人気の高いものとなっているのです。

check2

付属品

ホルンを収納するケースとマウスピース、オイルケアなどがついていたりします。

特にケースは衝撃やほこりなどから守る役割があるので、必ず一緒に査定に出すようにしましょう。

マウスピースは、やはり同じハンスホイヤー製のものの方が吹きやすいと感じる人が多数ですから、一緒に査定に出したほうが高評価です。

例えば、ハンスホイヤー801MALのマウスピースは、リムが厚くてカップが少し浅くなっています。

他のメーカーのマウスピースを使うと、ちょっと吹きにくさを感じることも少なくないようなのです。

check3

まとめて

ハンスホイヤー ホルンには、選定品といったものがあります。

ハンスホイヤー ホルンなどの海外製のホルンは、すべてが同じというわけにはいかず、若干の違いがよく見られます。

そのため、プロと呼ばれる人が見極めてくれるのです。

ただ、選定品だからと言って完璧ではありません

そのラインは、「特に問題がないですよ」という意味なのですから、結局は自分で試奏してどんなものか確認してから買う必要があります。

とはいえ、やはり選定品であるのとそうでないのでは安心感がちょっと違います。

中古として査定に出すにしても、選定品として購入した場合は、その旨伝えたほうがいいかもしれません。

査定においても、ちょっと違ってくる可能性があります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ハンスホイヤー(Hans Hoyer) ホルンの掃除方法について

ホルンなどの楽器は、演奏後には皮脂や汗、ほこり、ゴミがついてしまっているので、ふき取ってきれいにします。

ですが、これをやりすぎてしまうとラッカーがはがれてしまう原因になってしまいますので要注意。

ラッカーは厚く塗られているわけではないので、拭きすぎれば剥げてしまいますので、軽く抑える感じで拭くようにするといいです。

また、ラッカーがかかっていないノーラッカーモデルについては、指紋や汗がそのまま放置されるとそこからすぐに変色が進んでいくので、こちらも注意が必要。

使用後は、帰宅してから塗らして絞った布で拭くといいです。

管内洗浄については、よほど慣れた人、知っている人でないとなかなか難しいかもしれません。

楽器店になどのプロのリペアマンに任せたほうが安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介