買取ぞうさんはBLUE(ブルー)コンデンサーマイクを高価買取中

「BLUE(ブルー)」は、アメリカのカリフォルニアに本社があるマイクロフォン・メーカーです。

1995年に、ミュージシャンのスキッパー(Skipper Wise)氏と、音響技師のマーティン(Martins Saulespuren)氏が設立しました。

そのきっかけは、友人のミュージシャンにハンドメイドのマイクを作りたいと思ったのが発端で、マイクの修理やオーバーホールをしつつ、最初に完成したのがコンデンサーマイクの「Bottle」です。

レコーディング分野においてはトップクラスの知名度と実力を持ち、デザインは近未来的なかっこよさがあります。

技術の発展も目覚ましく、数々の賞を受賞しているメーカーです。

無料査定 ここをクリック

BLUE(ブルー)コンデンサーマイクについて

他のマイクと比べると、ユニークなデザインをしている「BLUE(ブルー)」。

それが特徴であり、他とは違ったデザインのマイクを探している人に人気となっています。

パフォーマンス面でも幅広く、高い品質、妥協のないオーディオです。

マイクには、スタジオ・マイク、USBマイク、ハンドマイクとあり、使い道を限定したモデルは作っておらず、ボーカルからエレクトリック、アコースティック・ギター、ドラム・オーバーヘッド、パーカッション、ピアノ、ホーン、ストリングスなどなど…ほとんどすべての音楽シーンで適応します。

ミュージシャンでは、ビリーブッシュやBT、クリスチャンバーンズ、デレク・スタインマン、エバークリア、ギャラント、ナオミ・カイル、ロン・リーザー、テリー・ジャクソンなど、多くのプロが愛用しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

BLUE(ブルー)コンデンサーマイクの大量買取もお任せください

筒状の上に、ぴょこんと乗った円形のマイクは、他にない個性的なデザインが人気の「BLUE(ブルー)」。

USBマイクも昔の懐かしい形を近未来的なデザインで、中古市場でもひときわ目を引くものとなっています。

無料査定 ここをクリック

BLUE(ブルー)コンデンサーマイクの高価買取り方法について

check1

状態

オシャレなマイクとして、中古市場でも注目度が高い「BLUE(ブルー)」のマイクは、「BOTTLE」や「KIWI」「DRAGONFLY」「MOUSE」「YETI PRO STUDIO」「enCORE」など、どのモデルも個性的で、人目を引くデザインが人気です。

生産終了モデルも根強い人気があり、「Bottle Rocket Stage Two」や「REACTOR」「Woodpecker」「Cactus」などは、状態が良ければ高値で買い取ってもらえるモデルです。

特に「Cactus」は、世界でも最高クラスのビンテージ・ボーカル・マイクを引き継いでいると言われているほどなのです。

check2

付属品

Blueオリジナル・ショックマウントと金属メッシュのポップ・フィルターなどがついており、購入時には高そうな木箱に丁寧に入れられているので、高価買取にこれらは必須です。

マイクスタンドが付いているとすぐに録音に入れることからも、あればセットで査定に出すようにしましょう。

高価買取してくれる可能性が高くなるでしょう。

また、別売りのアクセサリーとしてコンバーターやショックマウント、ウインドスクリーン、ケーブルなどもあると、査定にプラスです。

check3

まとめて

「BLUE(ブルー)」の代表作となるマイクと言えば、「Bottle」と「Blueberry」です。

「Bottle」はブルーが初めて開発したマイクで、専用電源ユニットやカプセル交換が可能で、これまでみたことのない斬新で個性的なデザインが注目されました。

「Blueberry」は、女性や高音のボーカルに向いているマイクで、発売当初は高音域で歌うポップスが流行していたこともあり、こちらも瞬く間に注目を集めました。

価格的には「Bottle」の方が高く約40万円、「Blueberry」は約10万円ほどで、どちらも決して安くはない品物です。

ブルーのマイクは5万円以下で購入できるものもありますが、大体が10万円以上します。

「Bottle Mic Locker」は65万円の金額が付いている商品もあり、中古市場で探している人も多いでしょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

BLUE(ブルー)コンデンサーマイクの掃除方法について

コンデンサーマイクを出しっぱなしにしている人もいますが、種類によっては湿気にとても弱いので注意が必要です。

特にプロ仕様の高級コンデンサーマイクは気を付けたいものです。

下手に扱うとすぐにノイズが出るようになってしまいます。

どんなコンデンサーモデルでも、湿気に気を付けた状態で保管し、ケースに入れるのはもちろん、乾燥材を入れておくとさらに安心です。

ちなみに、スタンドにつけっぱなしの場合は、ファンタム無電源をONにした状態であれば微熱で湿気が飛ぶとも言われています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介