買取ぞうさんはPAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)を高価買取中

イタリアのカステルフィダルドで生まれたPAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)。

会社自体は今は吸収合併されてしまっていますが、ブランドは健在です。

しかも、創業者であるパオロ・ソプラーニ氏は、この地方ではアコーディオンの父として今でも伝えられています。

古い時代の老舗といわれていましたが、今はなかなか日本で入手するのは難しいアコーディオンとなっています。

中古で古い年代のパオロのソプラーニ・アコーディオンが売られていることもありますが、詳細が不明なモデルも多いようです。

無料査定 ここをクリック

PAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)について

PAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)は、アコーディオンの聖地ともいわれているカステルフィダルドで生まれたメーカーです。

老舗のアコーディオンメーカーでしたが、今は別メーカーの傘下に入り、ブランド名だけが残っている状態となっています。

とはいえ、創業者であるパオロ・ソプラーニ氏は、今でもアコーディオンの生産を一大産業にした事が称えられ、街には胸像が設置されているほどです。

パオロ・ソプラーニ氏がアコーディオンの研究・複製を始めたのは1862年。

当時、家に泊めた旅人がもっていたアコーディオンに興味をもったことからでした。

1872年に最初のアコーディオンであるダイアトニック・アコーディオン製造。

その後、次々とアコーディオンが作られていき、やがてクロマチック・アコーディオンへと変化していき、その後も多くの影響を与えていきました。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

PAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)の大量買取もお任せください

パオロ ソプラーニ アコーディオンは、アコーディオンで一時栄華を極めたメーカー。

今でもその偉業をたたえる資料館などがありますが、アコーディオン自体は日本ではなかなか見かけないものとなっています。

歴史的な価値があるモデルもあり、コレクターと呼ばれるような人からも注目されています。

当店では生産終了となったパオロ社製ソプラーニ アコーディオンから人気のパオロ社製ソプラーニ アコーディオンまで、さまざまなパオロ社製ソプラーニ アコーディオンを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

PAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)の高価買取り方法について

check1

状態

パオロ社製ソプラーニ・アコーディオンは、昔は有名なアコーディオンメーカーでしたが、今は会社自体がなくなっていることもあり、あまり見かけることもなくなっています。

古いモデルが多くなっていますが、必ずしも安価で取引されるとは限りません。

パオロ ソプラーニはその業績からも、「アコーディオンの父」とも呼ばれている人なので、古いモデルでも歴史的な価値から高値で買い取ってもらえることもあるのです。

もともと、アコーディオンは中古市場では流通量が少なく高額商品となる楽器です。

新品よりも中古で購入を検討する人も多いことからも、問題なく弾ける場合はそう安くはならないのです。

check2

付属品

付属品はあった方がいいですが、パオロ社製ソプラーニは歴史に古く今は会社自体が存在しないのですから、その付属品も紛失してしまったりと、すべてを揃えるのは厳しい場合もあります。

付属品はあったほうがいいとはいえ、なくてもある大丈夫です。

アコーディオン自体にそこまでダメージがなければ、買取価格への評価もそうひどいものにはならないでしょう。

check3

まとめて

中古市場で見るようなパオロ社製ソプラーニ・アコーディオンは、30年経っているものなど相当古い時代のモデルが多いです。

中にはまったく使っていないなんて場合もあり、そうなるとメンテナンスも細かく行わねばいけません。

そうしたことからも、古い時代のアコーディオンではビンテージやプレミアがないと低い査定になることがほとんど。

10年以上前のモデルであれば、そうした見方もされるようになるのです。

20年以上たっているパオロ ソプラーニ アコーディオンだと、それなりの整備費用がかかってくるため、その費用をかけても十分に価値があるかどうかで、査定結果が変わります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

PAOLO SOPRANI (パオロ ソプラーニ)アコーディオンの掃除方法について

古い年代のパオロ社製ソプラーニ・アコーディオンほど、そのお手入れは大変なものとなります。

修復しなければいけない個所も増えてくでしょうから、その場合はプロのリペアマンに定期的に見てもらうと安心です。

特に、年代が古くなればなるほど痛みが激しくなるのが、逆止弁やリード線や蛇腹です。

交換といった必要もでてくるでしょう。

パオロ・ソプラーニは今はもうない会社ですから、交換となると場合によっては難しいこともあります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介