買取ぞうさんはクノッフ(H.F.Knopf)ホルンを高価買取中

1852年から、親子代々受け継がれてきた伝統的なホルンを作る、クノッフ(H.F.Knopf) ホルン。

1年間にわずか十数本しか作らない、まさに芸術品ともいえるほどのものです。

今は3代目であるクリスチャン・クノッフ氏が受け継いでいます。

フルダブルを開発したことで有名なブランドですが、クノッフは一度2つに分かれたり、戦争による影響で苦しい時代を送ってもいます。

クリスチャン・クノッフ氏が分断されてしまったクノッフ  ホルンを再び一つにしたともいえるもので、それが現在の「ヘルベルト・フリッツ・クノッフ」です。

無料査定 ここをクリック

クノッフ(H.F.Knopf)ホルンについて

クノッフ(H.F.Knopf)は、代々家族でホルン製作をおこなう工房です。

クリスティアン・ハインリヒ・クノプフ氏が、1852年にフォクトランド(旧東ドイツ)地方のマルクノイキルヒェンで始めました。

最初は、ジーベンブルンの楽器商であるC.A. ヴンダーリヒ氏のために作っていたのですが、1893年に息子のハインリヒ・アウグスト氏がAugust Knopfとした制作に切り替えています。

ハインリヒ・アウグスト氏には2人の息子がいますが、どちらもホルン製作を継承しています。

兄のヘルベルト・フリッツ氏は工房を開き、H.F.Knopfとしてホルンを作り始めたのです。

August Knopfは、弟のクルト・アウグスト氏が継ぐものの、戦争で行方不明になり、いったんとぎれるものの、息子のエドガー氏がマイスター資格をとって再開させています。

ですが、定年廃業したのをきっかけにクリスチャン氏に譲っています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

クノッフ(H.F.Knopf)ホルンの大量買取もお任せください

クノッフ(H.F.Knopf)は、ホルンのシステムの一つであるフルダブルを開発したことでも有名。

今では、世界の有名メーカーが巻き形状を取り入れていることからも、その功績は大きかったといえます。

また、クノッフ  ホルンは歴史が長いだけにコレクターにも注目されています。

無料査定 ここをクリック

クノッフ(H.F.Knopf)ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

ホルンなどの楽器は、日々しっかりとお手入れを怠らない事が重要です。

外観をきれいにしておくのはもちろんですが、ピストン部にオイルを忘れないなど、こまごまとした手入れがホルンの性能をよくしていくのですから、忘れないように注意が必要。

ホルンなどの金管楽器は分解できる部分もありますから、細かいところも定期的にみていくようにしましょう。

また、クノッフ  ホルンは大変興味深い歴史をもつブランドでもありますので、アンティークとしての人気もあります。

古い時代のクノッフ  ホルンでも、コレクターといった人には注目されている面もあり、外観が美しいものほど高値で買い取ってもらえることもあるのですから、きれいにしてから査定に出すのは必須です。

check2

付属品

ケースは大事ですから一緒にもっていくようにしましょう。

しかも、クノッフ  ホルンは巻の角度がちょっと他のメーカーのホルンとは違っていたりするので、クノッフ製以外のケースには入らない事も多々あります。

クノッフ以外のケースを見つけるのはちょっと面倒でもありますので、できるだけ一緒に査定にだすようにするといいでしょう。

そして、クノッフ  ホルンは歴史が長いことブランドからも、古い時代のクノッフ  ホルンほど付属品も紛失されていることも珍しくありません。

逆に言えば、作られた当時の事がわかるものがあると、アンティークとしての価値も高まるともいえるのです。

check3

まとめて

クノッフ  ホルンは戦前にできた工房であり、またハインリヒ・アウグスト氏の2人の息子によって、一時的に2つのブランドに分かれるといった歴史があります。

そのため、戦時中を生き抜いてきたクノッフ  ホルンについては、詳細がはっきりしないモデルも存在します。

査定に出す際には、わかる範囲での情報提供を意識するといいでしょう。

また、クノッフ  ホルンは戦時中において金属の配給が制限されていたこともありました。

ですから、そうしたモデルは意外とわかるもの。

中古市場でもたびたび目にすることがあります。

戦争中のクノッフ  ホルンでも、コンディションが良ければ買取査定も可能となっています。

外観、そして演奏状態をしっかりチェックしてから査定にもっていくようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

クノッフ(H.F.Knopf) ホルンの掃除方法について

使い続けるうちに凹みなどへの修理歴、そして錆などが発生しやすくなります。

しっかりとお手入れをおこなっていれば、トラブルにも負けずに長い間演奏できますので、日々のお手入れはもちろん定期的なメンテナンスは怠らないようにしましょう。

また、クノッフ  ホルンは一時期、十分な金属の配給がなかった時に制作されたものもありますので、そうした時代のクノッフ  ホルンのお手入れには注意が必要かもしれません。

クノッフ  ホルンのメンテナンスを定期的に出せるところをみつけておくといいですね。

長年同じところでみてみてもらうと、より一層コンディションの把握がしやすくなり、管理も楽になります。

しかも、わからないことなども聞くことができるので、自己流でのお手入れは間違っていないのか、ちょっした事でも相談するといいですね。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介