買取ぞうさんはRobert bigio(ロバートビギオ)フルートを高価買取中

大切に保管をしてきたものの、使用せずに今後も保管したままでいようと思っているRobert bigioのフルートがあれば、当店の宅配買取を受けてみてください。

保管したままにしていると、せっかくの良い楽器も台無しになります。

楽器の買取査定を受けたことがないという方は、本当に高価買取してもらえるものかと不安に感じるでしょう。

しかし、ロバートビギオをどのように売却すれば良いか分からない方でも気軽にご利用いただけるのが当店の宅配買取です。

無料査定 ここをクリック

Robert bigio(ロバートビギオ)フルートについて

ロバートビギオは非常にすぐれたフルートです。

しかし、このように優れたフルートでも、正しい保管方法でなければ良い状態を維持できません。

そのため、正しい保管方法をしっかりとチェックしておくようにしてください。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Robert bigio(ロバートビギオ)フルートの大量買取もお任せください

無料査定 ここをクリック

Robert bigio(ロバートビギオ)フルートの高価買取り方法について

check1

お手入れと正しい保管方法

フルートは音色の美しさはもちろん、その見た目もとても美しい楽器です。

日頃から正しくお手入れをして、音色、見た目の療法ができるだけ長持ちするようにしましょう。

フルートはとても繊細な楽器です。

そのため、日頃のお手入れの出来、不出来によって楽器の状態はとても大きく変わります。

演奏しやすい良い状態を長く保つためにも、毎日しっかりとお手入れするようにしましょう。

check2

演奏後のお手入れ

演奏後には水分をできるだけ早く取り除くようにしましょう。

フルートのキイの裏側にはタンポというものがついており、指の代わりにトーンホールをしっかりと塞いで音程を変える上で重要な部品です。

タンポとトーンホールの間に隙間が出来ていると音抜けが悪くなってしまいますし、最悪の場合には音が出なくなることもあります。

タンポの材料はブラダーと呼ばれるもの、さらにはフェルト、そして紙のような天然のものが使用されています。

水分の影響を受けやすいですので、演奏後にはしっかりと水分を取り除いて乾かすようにしてください。

演奏が終わったらまずは最初に楽器を分解してから、クリーニングロッドにポリシングガーゼを巻きます。

そして、管体内部に付着した水分をきれいに拭き取るようにしましょう。

次に、タンポとトーンホールとの間にクリーニングペーパーを挟んで、キイを何度か軽く抑えて湿気を取り除きましょう。

2~3回程度ペーパーを当てる場所をかえつつ水分をきれいに取り除いてください。

check3

楽器表面のお手入れ

フルートの表面に指紋などの皮脂汚れを残したままにしていると、銀メッキ表面が黒く変色してしまうこともあります。

これは、手の汗や空気中に含まれている硫黄分が原因となっています。

銀と硫黄が反応し、強く結びつくと黒く変色してしまい、そうなると磨かなければきれいにならないのです。

そうなる前であれば布でも硫黄分を拭き取ることができ、美しい輝きを長続きさせることもできます。

演奏が終わって水分のお手入れをした後には、フルート表面をクロスで吹き上げるようにしてください。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

当店自慢の宅配買取ならRobert bigioのフルートを高価買取させていただきます。

楽器の売却は、どこで売却するのかがとても重要になってきますので、これまでに楽器の買取査定を受けたことがないのであれば、特に当店の宅配買取は手軽に売却いただけます。

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介