買取ぞうさんはHAYNES(ヘインズ)フルートを高価買取中

「HAYNES(ヘインズ)」は、その奥深いサウンドでファンを魅了し続けている、アメリカの伝統的なフルートメーカーの一つです。

ヘインズ フルートには独自の素材を使用したフュージョンモデルや、5%ゴールド含有合金製のフルートなど、次世代ともいえるフルートの開発にも力を注いでいることからも、いつの時代でも注目を集める存在。

ハンドメイドで作られるヘインズ フルートの管厚は、昔は超ライトともいえる0.013インチの頃もありました。

当時は、「へインズといえば薄管」といった言われ方もされていたようです。

今は、基本的な管厚は0.35インチ以上として、厚めで重みのあるフルートとなっています。

無料査定 ここをクリック

HAYNES(ヘインズ)フルートについて

アメリカンフルートとして有名な「HAYNES(ヘインズ)」。

ヘインズ フルートは、1913年にウィリアム・S・へレンズ氏によってアメリカのボストンでスタート。

工房を立ち上げたばかりの頃は、ゴットフロイやルイロットといった有名なフレンチフルートの模倣を積極的におこない、それを基本に改良を重ねた独自の音色を完成させていったのです。

ヘインズ フルートは、銀製での製作を中心としています。

昔は極薄の管も作っていましたが、今では厚く、一般のフルートよりも重たい作りになっているようです。

そのため、ヘビー管と呼ばれているモデルもあるほど。

重みがあるので、ヘインズ フルートを吹き鳴らすにはちょっと体力と腕力が必要。

でも、その音色は甘く、よく響く魅力的なフルートとなっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

HAYNES(ヘインズ)フルートの大量買取もお任せください

フルート演奏者に人気の「HAYNES(ヘインズ)」。

中古市場でも人気のフルートブランドとなっています。

ちょっと重みがあるので腕力と体力がないと長時間の演奏はきついものとなっていますが、それでもその甘くて響きの良い音色は人気。

中古市場でも高値で取引される事も多いのです。

無料査定 ここをクリック

HAYNES(ヘインズ)フルートの高価買取り方法について

check1

状態

アメリカンフルートとしてファンも多い「HAYNES(ヘインズ)」。

創設されたのは1913で、1950年〜1960年代にかけてが最盛期となっていました。

へインズの中古フルートでもこの時代のフルートは極上とまでいわれており、当時のヘインズ フルートが高値で取引されたりしています。

シリアル番号では25000〜30000で、オールド・へインズとして人気なのです。

このオールド・へインズは、明るい共鳴に甘さと力強い音色で遠鳴りすることで知られています。

スケールが古く、音程のコントロールが難しいこと、そして息が当たる部分が狭いので、その扱いには高等な技術が必要となっています。

まさにヴィンテージ・フルートとしても人気のオールド・へインズは、中古市場でも高値で取引されています。

check2

付属品

ヘインズ フルートにはオリジナルハードケースがあります。

3つの部分に分けて収納するのではなく、組み立てたままで収納できるようになっているというちょっと変わった仕様となっています。

年数もたっていることからも、かなり古さが目立つようになってきているかもしれませんが、査定に一緒に出すと価値がグンとあがるでしょう。

なによりも珍しいですから。

もちろん、へインズオリジナルのハードケース以外でも大丈夫。

ないよりは合ったほうがいいのです。

ケースがあるかないかは、査定にも大きく響くのです。

check3

まとめて

「HAYNES(ヘインズ)」のフルートで、シリアル番号が25000〜30000台のものはオールド・へインズと呼ばれています。

これとはまた別に、モダン・へインズといったヘインズ フルートがあります。

モダン・へインズは総銀製で作られた、まさにフルートの最高峰を目指したモデル。

スケールの改良などもおこなわれています。

モダン・へインズは、近くでよく響くフルートです。

オールド・へインズは遠くまでよく響くフルートとして有名ですから、両者はまさに正反対ともいえる特徴をもっています。

また、数はわすかですが、金製・プラチナ製・木管といった素材でのフルート製作もおこなっていた時期があったようです。

こうしたヘインズ フルートは高値で取引される可能性が高いものとなっています。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

HAYNES ヘインズ フルートの掃除方法について

ヘインズ フルートは中古フルートも人気にメーカーです。

オールド・へインズやモダン・へインズが重宝がられていることからも、そのメンテナンスは定期的におこなうのがいいです。

もちろん、慣れたプロのリペアマンにお願いするのがいいでしょう。

様子をみながら定期的に出すようにしたいですが、最低でも1年に1回は出すようにしましょう。

不調なのかどうか自分ではわかりにくい場合は、半年に1回出して詳しい人から話を聞くのもいいでしょう。

フルートはとても複雑な仕様となっていますから、普通に使っていもひずみが出来てしまったり、タンポに微妙な狂いができてしまうこともあります。

ですから、落としたりぶつけたりしてしまうのはご法度。

フルートを組み立てる際には、キイの部分を直接持ったり、クロスでゴシゴシとこすってはいけません。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介