買取ぞうさんはマリゴ オーボエを高価買取中

マリゴのオーボエは、フランスにおいては3大オーボエメーカーの一つとして知られている有名なメーカーです。

1940年に創設され、独自の発想とユーザーからの意見をヒントに、マリゴのオーボエの性能を発展させています。

オーボエでは難しいとされている高音と低音のバランスも絶妙に、独特な響きを持たせた音の表現を得意としています。

音色だけでなく素材にもこだわっており、マリゴのオーボエには職人による最高傑作となっているのです。

そんなマリゴのオーボエは、世界60カ国以上のオーケストラ演奏者たちに愛用されているトップブランドの一つ。

日本でもNHK交響楽団や読売日本交響楽団、新日本フィルなどのオーボエ演奏者に愛用されています。

無料査定 ここをクリック

マリゴ オーボエについて

マリゴのオーボエは1935年に設立された管楽器ブランドです。

ストラッサー氏、マリゴ氏、ルメール氏という3人の経営者によってスタートしました。

最初はオーボエ以外の楽器も製作していたのですが、1981年からオーボエとクラリネットのみの製作に専念するように。

とりわけオーボエの名声は素晴らしく、世界60カ国以上のオーケストラ使用されるまでに成長し、オーボエのトップブランドともいえる地位を確立したのです。

公式テスターとして、フランス国立管弦楽団のミシェル・クロックノワ氏、ソリストでありミュンヘン音楽大学教授のフランソワ・ルルー氏などがおり、著名なオーボエ演奏者とともに画期的なオーボエの開発をおこなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

マリゴ オーボエの大量買取もお任せください

オーケストラや吹奏楽、室内楽まで、マリゴのオーボエは幅広い音楽シーンで活躍しています。

その機能性の高さはもちろん、柔らかい豊かな音色がオーボエ演奏者の心を魅了しており、知っている人ではマリゴと別メーカーのオーボエの違いは音色で分かるとまで言われているほどです。

それだけ、個性的な音色を持っているといえます。

当店では生産終了となったマリゴ社製オーボエから人気のマリゴ社製オーボエまで、さまざまなマリゴ社製オーボエを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

マリゴ オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

マリゴのオーボエは、同じシリーズでも1000番を区切りにしてその仕様を変えています。

さらに、切り替え時の時期によってクセが少々異なるものとなっており、それがマリゴのオーボエの特徴ともなっています。

そんなマリゴのオーボエのシリーズは、オーソドックスなセミオートマチック「901」。

901のフルオートマチック版である「910」、2005年にマリゴ社創業70周年記念モデル「M2」。

ほとんど使用しないキイは外した「パラスエディション」、人間工学に基づいて作られた「2001」。

2001のフルオートマチック版である「2010」などが現在の主なラインナップとなっています。

それぞれに仕様が異なり、例えば「M2」はジョイントの部分に特徴があり非常に斬新なモデルになっているなど、中古市場でも同じマリゴのオーボエとはいえ、シリーズごとに異なる魅力を持つものとなっているのです。

check2

付属品

マリゴのオーボエは中古でも人気が高く、わざわざ中古市場で探している人もいるほどです。

そのため査定に出して高値で買取ってもらえる事もあり、その買取金額で別メーカーのグレードの高いオーボエを購入することができるなんてこともあります。

それだけ、マリゴというブランドはオーボエの中では大きな地位をしめているのです。

こうした価値を落とさないためにも、マリゴのオーボエを購入した際についていた付属品はできるだけ欠かさないようにしましょう。

check3

まとめて

中古でオーボエを探している人にとって、マリゴは魅力的なオーボエメーカーとなっています。

候補の一つとしてマリゴを挙げている人が多く、新品だけでなく中古でもマリゴのオーボエが大きく注目されているのが分かります。

とはいえ、使用年数、楽器の状態で買取価格が異なります。

いくらオーボエメーカーとして有名だとはいえ、あまりにも古いモデルは設計やシステムが今とは異なる事からも、オーボエ演奏者の卵と呼ばれル様な人からは、あまり買い手はないかもしれません。

逆にオーボエ愛好家ともいえるコレクターの人が探している可能性の方が高いかもしれない場合があります。

ですから、いくら人気が高いマリゴとはいえ、使わなくなった時点で早めに査定に出すのが得策と言えます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

マリゴ オーボエの掃除方法について

オーボエには、キイシステムによってセミオート、フルオートといった違いがあります。

一般的にはセミオートから始めていく人が多く、その管体は合成樹脂を使用したものもありますが、ほとんどがグラナディラ製などの木材です。

そんなオーボエのお手入れとしては、管体内部の水分を丁寧に取り去る事がポイントです。

水分除去ができていないと、いくら新品であってもワレを起こす事があります。

演奏後もしくは演奏中にワレなどのトラブルを発見したら、すぐに専門のリペアマンに見てもらうようにします。

そのまま無理に使い続けると、ワレもどんどん大きくなり最終的には音色に影響を出したり、修理費用も高額となってしまうなど、演奏自体が満足にできなくなる可能性もあるため要注意です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介