買取ぞうさんはIWAO(イワオ)フルートを高価買取中

「IWAO(イワオ)」は日本のフルートメーカー。

昭和45年、横山岩雄氏によって楽器修理業から独自のフルートを開発・製造するブランドへと変えました。

1980年には海外にも拠点を持つようになり、特にアルト・バスフルートの製作においては国内外でも高い評価を得ています。

製品としては、アルト・バスフルートだけでなくコンサートフルートやオーダーメイドでのフルートも受け付けています。

フルートの開発・製造も手がけているだけに、修理だけでなく改造も可能。

他社メーカー製のフルートでも受け付けているほど、フルートには詳しいメーカーです。

無料査定 ここをクリック

IWAO(イワオ)フルートについて

東京都荒川区に工房がある「IWAO(イワオ)」。

創業者は岩雄好太郎氏で、楽器の修理業者として「横山管楽器製作所」としてスタート。

NHKや警視庁、皇宮警察など、一般以外からも修理依頼を受けていました。

その後、息子である横山岩雄氏が独自のフルートを研究・開発すべく「イワオ楽器製作所」として社名を変更し、新たにスタートしています。

1967年には学生用のフルートモデルを完成させ、その販売をスタート。

海外への輸出は1972年からスタートしました。

翌年にはC-フルート総銀モデルが完成し、G-トレブルフルートの国産での初モデルを完成させたり、アルト・バスフルートの完成、新型バスフルートと次々とモデルチェンジなどもこなしています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

IWAO(イワオ)フルートの大量買取もお任せください

まだ楽器の修理ができるメーカーが少なかった頃からあるIWAO(イワオ)。

NHKや警視庁、皇宮警察といったところからの依頼も受けていただけに、その実力は世界でも高く評価されるものとなっています。

そうしたしっかりとした技術的な土台があって生まれたイワオ フルートですから、安心の日本製ということもあって、中古市場でも人気のあるメーカーとなっているのです。

無料査定 ここをクリック

IWAO(イワオ)フルートの高価買取り方法について

check1

状態

イワオ フルートの買取査定では、品番やシリアル番号、外装、楽器の状況で判断して見積もりを出しています。

品番は上管部に刻印があり、シリアル番号は上管部もしくは上管部の裏側に刻印されています。

査定に出す前にはしっかりと確認しておきましょう。

また、フルートはデリケートな楽器ですから、メンテナンスがしっかりとされている場合では買取価格が高くなる事があります。

大体2年以内に修理やバランスの調整といったメンテナンスがおこなわれていると、買取価格にも好印象となるようです。

メンテナンスは定期的におこない、修理した際などにもらった書類はとっておくようにしましょう。

もちろん、演奏後に必ず手入れをしておくことも忘れてはいけません。

check2

付属品

イワオ フルートでは、購入時にハードケースや専用ケースカバー、木製掃除棒、マイクロファイバークロス、ガーゼ、保証書(1年間)といったものが付属品としてついてきます。

掃除用品は消耗品であるため、ダメになってしまいやすいですから、せめてハードケースと専用ケースカバーぐらいはきちんと揃えておくようにしましょう。

特に保証書は、どこの楽器店で購入したか、それが新品での購入なのか中古での購入なのかといった事もわかるので、絶対に失くさずに一緒に査定に出したいもの。

保証書があるかないかで、とても変わってくるとまでいえます。

check3

まとめて

イワオ フルートの価格は、他のフルートに比べると比較的安い傾向にあります。

しかも安心の日本製ですから、初心者の方を中心に人気があるフルートと言えます。

安いモデルでは十数万円といった価格で購入できるのですが、高いモデルとなると数十万円となります。

比較的しっかりとした吹奏感があるので、長く愛用している方も多いです。

フルートの中では比較的求めやすい価格設定となっているので、その買取価格はおどろくような高価格…といった事にはなりにくいといえます。

少しでも高値で買取ってもらうには、まずコンディションをよく整えておく事、そして外見にキズや汚れなどがないようにしておくことが大事です。

フルートは環境にも弱いので、適切な環境で使用できるように十分、気をつけるようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

IWAO イワオ フルートの掃除方法について

「IWAO(イワオ)」は、もともと楽器の修理業者であっただけに、自社で開発・製造しているイワオ フルートの修理などのメンテナンスも受け付けています。

キイの動きが悪くなってきたと感じたら、イワオ フルートでみてもらうといいです。

他にも、バランス調整やタンポの交換、オーバーホールなど細かいところまで見てくれます。

フルートは、日頃から注意して取り扱うようにしなければいけません。

演奏中についてしまった手の汗や唾液などは、フルートのパッドや管体・銀メッキに悪影響を及ぼします。

演奏後はメッキが酸化しないように、表面だけでなくキイメカニズムにも注意して拭き磨くようにします。

そして、演奏後には、外に置きっ放しにするのではなく、ケースに入れて保管するようにします。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介