買取ぞうさんはリドゥル(Josef Lidl)を高価買取中

リドゥル(Josef Lidl) ホルンは、チェコにある金管楽器メーカーです。

その創業は1892年と長い歴史を誇っており、軽く計算しても1世紀は続いているブランドです。

ホルンの他にもトランペット、バストランペット、チューバなど、さまざまな楽器を製造しているのです。

リドゥル ホルンはそこまで高い金額設定にはなっていないので、初めての人などには、コストパフォーマンスが優れているとして人気です。

音声や機能性も悪くなく、伝統的な雰囲気を残しているところに風格を感じます。

まさにチェコの名門ホルンといえるでしょう。

無料査定 ここをクリック

リドゥル(Josef Lidl)について

1892年に創設されたリドゥル(Josef Lidl)では、ホルン以外にもトランペット、バストランペット、チューバなど、さまざまな楽器を取り扱っています。

昔は王宮にも献上していたというのですから、チェコでは名門として知られている存在です。

価格的に初心者向けと思われていますが、素晴らしいホルンであることには間違いありません。

ホルンは各社メーカーによってその重さがまったく異なるものです。

リドゥル ホルンはどちらかというと重さがあるほうで、金属部分が分厚くなっています。

金属部分が重いと鳴りがあまりよくないといわれますが、リドゥル ホルンについてはそんなことはなく、なかなか良い響きがするホルンとなっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

リドゥル(Josef Lidl)の大量買取もお任せください

1892年という古い時代から続いているリドゥル(Josef Lidl) ホルン。

100年以上の歴史を誇るチェコの金管楽器メーカーで、その昔、宮廷に楽器を献上していたという実績を持っています。

歴史的な風格を漂わせながらもコストパフォーマンスは素晴らしいホルンなのです。

無料査定 ここをクリック

リドゥル(Josef Lidl)の高価買取り方法について

check1

状態

リドゥル(Josef Lidl) ホルンは歴史も長いことながら、いつ頃に作られたものなのか分からないようなモデルが、中古市場において見かけられることがあります。

そうしたリドゥル ホルンだと、どうしても全体的に使用感が出てしまうのは仕方がない事。

割れや腐食によって開いてしまった穴、息漏れなどがないかどうか。

ロータリーの動きに問題はないか、キズやへこみ、ベル部分のゆがみによるシワなど、外観をくまなくチェックすることを忘れないようにしましょう。

また、メンテナンスやリオペなどが必要かどうか、一度見てもらうといいでしょう。

お店によってはメンテナンスなどをやってから持った行ったほうが高く売れることもありますが、逆に手をつけないでいてほしいといったところもあります。

査定にも大きく影響しますので、確認しておくといいです。

check2

付属品

リドゥル(Josef Lidl) ホルンは古いものになればなるほど、付属品がついているのも難しいです。

中には年数を見定めるのも難しいときもあるようですが、品番・シリアル番号・外装などである程度の判断はできるようです。

外装ではサビやキズ、へこみの状態、ピストン、スライド、ロータリーの固着状態を確認することを忘れないようにしましょう。

check3

まとめて

リドゥルのホルンは、フルダブルホルンで20万前後で手に入るほどの低価格ホルンです。

しかも、輸入するとなると輸送費が数万円ほどかかります。

ただし、リドゥルのホルンすべてが低価格ということもなく、モデルによっては高額となるものもあります。

そういったモデルは、中古市場でも30万といった金額で販売されていたりするのです。

まるで新品のリドゥルのホルンの変わりませんね。

昔と今のリドゥル ホルンは違う、と言う人もいるぐらいですから、モデルによってまた違うのでかもしれません。

それは、査定においても同じ事がいえます。

リドゥル ホルンにおいては、中国製品と似ているといった見方がされることも多いので、そのコンディションは十分に気をつけておくようにしましょう。

思わぬ掘り出し物と思ってもらえると、相場よりも高値で買取ってもらえるかもしれません。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

リドゥル(Josef Lidl) ホルンの掃除方法について

日々のお手入れ具合で、ホルンが長く使えます。

特にロータリーには気を使います。

水分がたまってしまうと故障原因となってしまうので、演奏後には完全に抜くようにしましょう。

この時、ロータリーを押さえながら抜き差し管を抜くようにします。

でないと管内の圧力がかかって、ダメージを与えてしまうのです。

管を抜くときにも必ずレバーを押さえるようにします。

楽器店などで受けられるホルンのメンテナンスでは、管内洗浄やロータリー調節などがあります。

数千円でみてくれますので、ちょっとおかしな動作が見られたら楽器店でプロのリペアマンに見てもらうと安心です。

とはいえ、メンテナンスにかかるのはお金だけでなく時間もですから、本番が控えている場合はなるべく早くに見てもらうようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介