買取ぞうさんはフォサッティ オーボエを高価買取中

フォサッティはヨーロッパではおなじみのオーボエ楽器であり、プロのオーボエ演奏者にも愛用されているブランドです。

2008年になると、パリのフォサッティ社と東京のグローバル社の共同プロジェクトとして、新生フォサッティが創設されています。

今回、グローバル社と共同開発・販売していくことで、日本人にも演奏しやすくしたキーシステムを採用しています。

フォサッティとしてのオーボエと言えば、「A01J」や「MBJ」があります。

このモデルはパリ管弦楽団首席やその他プロの演奏者たちの作り上げたと言っても過言ではありません。

グローバル社との共同開発で作り上げたのは、「FJ-55」や「FJ-77」があります。

無料査定 ここをクリック

フォサッティ オーボエについて

ヨーロッパ各国のオーケストラで使用されているフォサッティ。

パリ管弦楽団やフランス国立放送フィルハーモニック管弦楽団、パリ・オペラ座管弦楽団、チェコ・プラハ交響楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団など、そうそうたる顔ぶれです

フォサッティのモデルとしては、そのメカニズムが革命的とも言われたソリストモデルの「A01」や「A01V」。

優しくふわりとした余韻を感じさせるアーティストモデルの「F01」や「F01V」。

これらはプロッフェショナルシリーズとして知られており、セミオートマチックとなっています。

そして2008年より日本の企業との共同プロジェクトとして完成したのが「FJシリーズ」。

日本人の演奏者に合わせて開発された、新しいオーボエシリーズです。

フル装備のキーシステムで、低価格でありながらも本格的にも適したモデルとなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

フォサッティ オーボエの大量買取もお任せください

フォサッティ オーボエは、その優れた仕様でプロの演奏者にも人気が高いブランドです。

第2オクターブキー止めやAera テノンキャップ、ダブルテノンリング、ワントリルキーシステムなど、その工夫でオーボエの演奏を素晴らしいものとしているのです。

当店では生産終了となったフォサッティのオーボエから人気のフォサッティのオーボエまで、さまざまなフォサッティ社製オーボエを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

フォサッティ オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

ヨーロッパを中心に、世界各国のオーケストラで使用されているフォサッティのオーボエ。

そこに寄せられる信頼は高いものとなっているだけに、数年使い続けたフォサッティでも上質な音色を聞かせてくれます。

人気があるだけに、あまり中古市場では見かけられません。

コンディションも良い状態であれば、高値で取引してくれる可能性が高いと言えるでしょう。

楽器のコンディションは、どれくらいの頻度で吹いているのか、メンテナンスや調整などをどれくらいの頻度で行っているのかなどでも変わってきます。

査定において高価買取を希望しているのであれば、メンテナンスや調整はしっかりと行っておくようにしましょう。

また、楽器には同じブランドでも個体差がどうしても出てしまう部分があるので、そうしたところも吹きながら把握しておくようにします。

check2

付属品

特に、オーボエはケースやケースカバーは必須品です。

オーボエのケースがない状態で査定に出す場合、高額査定を期待できません。

他には、ドライバーやグリス、リードケース、純正クロス、スワブ、六角レンチなども付属品として付いていますので、どれだけ揃っているのか、査定に出す前に確認しておきましょう。

また、フォサッティのアクセサリーとしてオリジナルボアオイルやリードチューブなども販売していますので、これらもあったら一緒に出すといいでしょう。

check3

まとめて

フォサッティのオーボエを査定に出す際には、できる限りの情報を添えるようにしなければいけません。

フォサッティのオーボエでも、年数がとても古いものだと、品番だけではなかなか判断がつかないこともあるのです。

また、品番がない場合もあります。

そうなると、他の部分から判断していきます。

ベルリングがついている、第3octキーやcis-disトリル機構、gis-aisトリル機構、フォークFレゾナンス、セミオートなのかフルオートマチックなのか、そうした総合的な仕様からいつ頃に作られたのかを調べていきます。

ちなみに、フォサッティのオーボエは、日本ではまだ珍しい部類に入ります。

フランス国内でも知名度がそこまで高いものではなかったので、日本でもまだそこまで知名度は高いものとなっていないのです。

マイナーなブランドであるからこそ、中古市場ではマニアックな人に好まれる傾向があるといえます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

フォサッティ オーボエの掃除方法について

オーボエなどの木管楽器において、キイオイルは基本となるお手入れアイテムです。

ところが、きちんとキイオイルを差している人は意外と少なく、しっかりと差す習慣をつけてほしいものです。

なぜキイオイルを差すのかというと、キイの金属面を保護するためです。

キイオイルを差すことで金属と金属の間にオイルが薄く広がって膜を作っていきます。

この膜によって摩擦が少なくなり、金属同士で擦れなくなるのです。

しかも、この膜は水気や空気からも金属を守ってくれる働きがあります。

腐食やサビなども予防できますので、1カ月に1回程度は行うようにしたいもの。

手に汗をかきやすい人は、もう少し頻繁に行うといいかもしれません。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介