買取ぞうさんはコントラアルトクラリネットを高価買取中

コントラアルトクラリネットは、クラリネットの種類の中でも2番目の大きさで、バスクラリネットより大きくB♭コントラバスクラリネットよりも小さい楽器となっています。

E♭(またはEE♭)コントラバスクラリネットと呼ばれることもあります。

その音階は、アルトクラリネットよりも1オクターブ低い音。

変ホ調(in E♭)の移調楽器ですが、なかには、記譜音C(ハ)まで出るタイプもあります。

その仕様は、シングルリードを使って音を出し、キイの配列も小さなクラリネットと同じ。

なので、小さいタイプのクラリネットを吹くのと同じ指使いで演奏できます。

無料査定 ここをクリック

コントラアルトクラリネットについて

クラリネット属の中でも、2番目の大きさを誇るコントラアルトクラリネット。

ですが、コントラアルトクラリネットがクラリネットとして分類されるようになったのはつい最近の事です。

初代コントラアルトクラリネットは19世紀前半頃に作られ、その頃はヘ調(in F)。

バセットホルンより1オクターブ低いことからも、「コントラバセットホルン」と呼ばれていたのです。

変ホ調(in E♭)で作られ始めたのは19世紀後半から20世紀初頭の頃であり、この頃に「コントラアルトクラリネット」として評価され、定着してきたようです。

そんなコントラアルトクラリネットは、吹奏楽やアンサンブルなどでベースを担当しています。

また、ジャズなどでも活躍することからも、コントラアルトクラリネットのソロ演奏もおこなわれていたりします。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

コントラアルトクラリネットの大量買取もお任せください

吹奏楽やアンサンブルだけでなく、ジャズやマーチングバンドなどでも活躍するコントラアルトクラリネット。

その大きさと重さはかなりのものですが、ステージでも注目を浴びる存在です。

当店では生産終了となったコントラアルトクラリネットから人気のコントラアルトクラリネットまで、さまざまなコントラアルトクラリネットを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

コントラアルトクラリネットの高価買取り方法について

check1

状態

コントラアルトクラリネットは、その大きさはもちろんのこと、重さもかなりのものです。

とはいえ、吹奏楽やアンサンブル、そしてジャズやマーチングバンドでも活躍する楽器です。

そうしたことからも、学生さんやエンターテインメントに携わる人が中古市場などで買い求めることも少なくありません。

中古市場では、音色の状態もそうですが、外観がどれだけ汚れていないかが大きなポイントです。

いくら名器と言われるコントラアルトクラリネットだとしても、その外観がボロボロでは買う気にもなりません。

査定に出す際には、できる限りきれいな状態にしてから出すようにしましょう。

check2

付属品

ケースはもちろんマウスピースもあると評価が上がります。

なぜなら、コントラアルトクラリネットはマウスピースは、メーカーによって適合する種類が異なるから。

例えば、ビュッフェ・クランポンではバスクラリネット用のマウスピースですが、

ヘンリー・セルマーパリやセルマーUSAではコントラアルトクラリネット用のマウスピース。

ルブラン・パリやルブランUSAではコントラバスクラリネット用のマウスピースですので、一緒にあると音色の確認もしやすく、よりその魅力が伝わりやすくもなります。

他にも、コントラアルトクラリネットと同じメーカーのアイテムなどもあるといいですね。
いくら名器と言われるコントラアルトクラリネットだとしても、その外観がボロボロでは買う気にもなりません。

査定に出す際には、できる限りきれいな状態にしてから出すようにしましょう。

check3

まとめて

コントラアルトクラリネットは、小さいタイプのクラリネットに比べると、その生産数は少ないものとなっています。

当然、取扱いメーカーも少ないです。

大きな楽器なので、演奏できる場所を選んでしまうこともあるかからかもしれません。

そんなコントラアルトクラリネットを取り扱っているメーカーとしては、ビュッフェ・クランポン社とヘンリー・セルマーパリ社が有名です。

どちらも、ストレートタイプのコントラアルトクラリネットを木製で製造しています。

他にも、ルブランUSA社(これはVitoブランドです)とセルマーUSAもストレートタイプで製造していますが、木製ではなくプラスチック製です。

メーカーによって、コントラアルトクラリネットの形も素材もバラバラ。

ですから、それによって買取価格が異なります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

コントラアルトクラリネットの掃除方法について

コントラアルトクラリネットなどの木管楽器はとてもデリケートです。

ちょっとした事でタンポが狂ってしまったり、キイが曲がってしまったり…と、バランスが崩れるとそれは音色にもダイレクトに影響します。

「最近、ちょっと音が変わった?」「なんか変だな…」と感じることがあれば、専門のリペアマンに見てもらうのがいいでしょう。

気が付かないような狂い、もしくは傷がついているかもしれないのです。

もちろん、プラスチック製のコントラアルトクラリネットでも同じです。

プラスチックだからと安易に考えていると、思わぬトラブルを招く事になるので、素材に関らず大切に扱うようにします。

楽器を長持ちさせるには定期的なメンテナンスはもちろんですが、日々の演奏前後のお手入れも欠かさないようにするのがポイントなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介