買取ぞうさんはバックン(Backun)を高価買取中

モーリー・バックーン氏によって創設された「Backun Musical Services」。

バックン クラリネットはそこで作られています。

最初は小さな木管修理工房だったのが、今は世界的に有名な楽器メーカーへと成長しています。

バックン クラリネットは3種類。

フィラディルフィア交響楽団首席奏者であるリカルド・モラレス氏と共同開発した「モバ・クラリネット (MoBa Clarinets)」。

プロフェッショナル仕様でありながら、コストパフォーマンスも優れている「プロテジェ・クラリネット(Protege Clarinets)」。

BMSモジュラーポスティングシステムを採用した「バックーン・クラリネット(Backun Clarinets)」。

優れた機能性からも、クラリネット奏者から注目されています。

無料査定 ここをクリック

バックン(Backun)について

小さな木管修理工房から始まったバックン(Backun)。

創設者はモーリー・バックーン氏です。

一躍その名を広く知らしめたのは、バンクーバー交響楽団首席奏者であるウェス・フォスター氏から、クラリネットのための新しいバレルを作ってほしいといった依頼が入ったことから。

その依頼に対して、音色やレズポンスだけでなくデザインも向上させて制作。

それが素晴らしい出来栄えであったことから、瞬く間に大評判となって有名メーカーになったのです。

2004年になるとフィラディルフィア交響楽団首席奏者リカルド・モラレス氏も加わり、「MoBa」「Backun」シリーズを開発させていきました。

その後には「プロテジェ」を発表し、世界のクラリネット演奏家から高い支持を得ています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

バックン(Backun)の大量買取もお任せください

他のメーカーとはちょっと違う雰囲気のデザインと、優れた品質を誇る最高級の木材を使用して作るバックン クラリネット。

クラリネットはもちろん、アクセサリーも人気が高いものとなっています。

まさに、クラリネット奏者のための楽器メーカーなのです。

当店では生産終了となったバックン クラリネットから人気のバックン クラリネットまで、さまざまなバックン クラリネットを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

バックン(Backun)の高価買取り方法について

check1

状態

バックン クラリネットには「モバ・クラリネット (MoBa Clarinets)」「プロテジェ・クラリネット(Protege Clarinets)」
「バックーン・クラリネット(Backun Clarinets)」とありますが、それぞれに特徴があり、その価格も30万〜120万と、決して安いものとはなっていません。

なかでもリカルド・モラレス氏と共同開発した「モバ・クラリネット (MoBa Clarinets)」も「MoBa A SP Key」は、120万円台といった高級クラリネットとなっています。

オプションも用意されているので、それによって価格がさらに変わってくるものとなるので、中古市場での査定においても変わります。

査定に出す際には、そうしたオプションの有無もしっかりと伝えるようにしましょう。

check2

付属品

ベル、マウスピースなどありますので、それらも一緒に査定に出すといいです。

これらのアクセサリーに関しても数万といった価格となっているので、他の付属品と同じく、あると評価があがります。

バックン製のバレルやベルは評価も高い事からも、単品でも買い取ってもらえるほど。

箱などもついていると、さらに買取価格は上がるでしょう。

アクセサリーについてる付属品も要チェックです。

check3

まとめて

バックンのクラリネットは、高級クラリネットメーカーだけに音色の良さは当然ですが、見た目にも高級感があります。

クラリネット奏者の憧れの品になってはいるものの、その価格はとても高額です。

一番手が届きやすいと言われている「プロテジェ・クラリネットGrenadilla」でも、その値段は30万円台。

他は軽く50万を超える金額設定となっていますから、中古市場でもきれいな状態であると、とても目を引く人気商品になるといえるのです。

また、ベルやバレルといったクラリネットのアクセサリーも製造・販売しており、どちらもクラリネット本体と同じくこだわった素材と機能を兼ね備えたものとなっているので、値段が他に比べて高額となっています。

そのせいか、クラリネット本体なしの単品でも高値で買い取ってもらえることもあります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

バックン(Backun) クラリネットの掃除方法について

バックンではアクセサリーも多数販売しています。

バレルなどは人気で、良く見かける商品です。

このバレルの使用にはいくつか注意事項があり、個人差がありますので上管やマウスピースとのジョイント調整が必要な事、新しく購入したばかりの頃は吹きすぎてはいけないことなどが挙げられます。

また、バレルには割れ保証がついていないので、もしもの際の修理では有料となります。

バレルも管体と同じく水分には弱いものとなっています。

ですから、できるだけ水分の拭き取りはこまめに行うようにしましょう。

演奏後はもちろんですが、演奏中にスワブを通してもいいほどです。

特にタンポの部分はクリーニングペーパーで水分を拭き取ることを忘れずに。

これを劣ると、すぐに茶色く変色してしまうことになるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介