買取ぞうさんはエンゲルベルトシュミット(Engelbert Schmid)ホルンを高価買取中

エンゲルベルトシュミット(Engelbert Schmid) ホルンは、1990年にドイツでスタートした、比較的まだ若い工房です。

ですが、その ホルンの出来栄えや演奏などの技術の高さからも、世界でもじわじわと知名度が上がってきています。

日本ではまだそんなに目にすることはないかもしれませんが、今の流れ的にもますます注目されていくのではないでしょうか。

エンゲルベルトシュミット ホルンのファンが増えてきていることからも、中古市場でも探す人の姿がみられるようになってきています。

無料査定 ここをクリック

エンゲルベルトシュミット(Engelbert Schmid)ホルンについて

エンゲルベルトシュミット社のホルンは、1980年にドイツのトロッシンゲンでおこなわれた「国際ホルンワークショップ」で初めて披露されました。

その優れた設計には、会場に訪れた誰もが高い評価、そして興味を持ち、ホルン奏者をはじめとするアーティストたちに注目されるようになりました。

1990年になるとマイスターの称号を得て工房を設立しました。

そこで作られてるホルンは、エンゲルベルト・シュミット自身もホルンを演奏する奏者であったことからも、オーケストラでの経験を感じさせるような素晴らしい出来栄えです。

すべてのパーツを自社工場で製作し、ハンドメイドで作り上げています。

シュミット ホルンの曲線は優美で、ヴァルブセクションは最新のテクノロジーで研究されたものとなっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

エンゲルベルトシュミット(Engelbert Schmid)ホルンの大量買取もお任せください

今現在、自社工場でハンドメイドで作っているメーカーはエンゲルベルトシュミットぐらいといえるほど、そのホルンへのこだわりは強いものとなっています。

最高の職人が最上の楽器を作り上げる事ができる…ハンドメイドで作られるシュミット ホルンからは、そんな息吹が聞こえてきます。

無料査定 ここをクリック

エンゲルベルトシュミット(Engelbert Schmid)ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

エンゲルベルトシュミット ホルンには、イグナス・ロレンツが使用していた「ナチュラルホルン」、優れた高音域性能とレスポンスが早い「Bbシングルホルン」、楽器自体のクオリティはもちろん外観の美しさも素晴らしい「F/Bbフルダブルホルン」、ゲシュトップキー付の「Bb-High F ディスカントホルン」と「Bb-High Eb ディスカントホルン」、軽く素晴らしい管をもつ「セミトリプルホルン F/Bb/High F」、シュミット ホルンの最高傑作ともいわれている「フルトリプルホルン F/Bb/High F」など、どれも素晴らしい特徴をもつものばかりです。

その価格は軽く100万を超えるものばかりですから、状態がよければ買取価格も期待できます。

check2

付属品

エンゲルベルトシュミット ホルンには、オプションといったものが用意されています。

スターリングシルバーマウスパイプやフリッパー、可動式小指掛けなどがありますので、これらの有無も査定においては大きな評価ポイントです。

もちろん、マウスピースもです。

エンゲルベルトシュミット ホルンのマウスピースには通常版だけでなく「Digital」といったモデルもあるので、それによってもまた買取価格に差がでます。

check3

まとめて

エンゲルベルトシュミット ホルンは、まだその工房がスタートして歴史が浅いメーカーです。

ですから、中古市場でも他と比べて使用年数が少ないものとなっています。

使用年数が少ない事は、中古での査定においてはプラスになります。

また、使用年数が少ない事により使用感があまり目立たないといった利点もありますから、大切に使ってメンテナンスもきちんとしていたのであれば、買取ってもらうのもそう難しくないです。

ですが、シュミット ホルンはもともとの価格が100万を軽く超えるぐらいの高額で、その楽器としてのレベルはとても高く評価されています。

しかも、日本でもじわじわと人気急上昇中のメーカーなので、中古であると注目される品です。

別のメーカーでの買い替えを考えているのであれば、早目に査定に出すと高額査定が期待できるのではないでしょうか。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

エンゲルベルトシュミット(Engelbert Schmid) ホルンの掃除方法について

ホルンのお手入れは、演奏毎におこなうようにします。

表面には汗や皮脂、ホコリや小さなごみなどがついてしまいますから、ポリシングクロスなどの柔らかい布で拭くようにしましょう。

また、ロータリー部分には、目的に応じたオイルを数種類用意して使い分けるようにします。

「ローターオイル」「ロータースピンドルオイル」「レバーオイル」の3種類のオイルは必須です。

ちなみに、抜差部にはスライドクリームではなくスライドグリスを使うようにしましょう。

オイルは可動部位の潤滑を良くするだけでなく、ノイズや摩擦をおさえたり、錆びが発生するのを予防してくれます。

部位にあったオイルを使わないと、これらの働きに支障がでることもあるので、オイルの使い分けには気をつけるようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介