買取ぞうさんはAlessandro(アレッサンドロ)を高価買取中

Alessandro(アレッサンドロ)は、高品質のギターアンプを作るこだわりのハンドメイドメーカーです。

他にも、オーディオツールやビンテージアンプのリストアをしています。

アレッサンドロのアンプには「Crossbred Mutt (クロスブレッド・マット) 」や「Derek Trucks Spec ( デレク・トラックス )」「Crossbred Mutt (フルチューブアンプ)」などがあります。

他にもさまざまなモデルがあり、プロのミュージシャンにも愛用されています。

無料査定 ここをクリック

Alessandro(アレッサンドロ)について

Alessandro(アレッサンドロ)はアメリカのハンドメイドメーカーです。

ハイエンドなギターアンプを作るメーカーとして、アメリカでは有名。

プロミュージシャンからも高い信頼を得ています。

Eric JohnsonやJohn Mayer、Buddy Guyといった有名なアーティストが愛用しているメーカーとしても有名です。

「Crossbred Mutt (クロスブレッド・マット) 」は、クランチからオーバードライブまで必要とするプレイヤー向けのモデル。

ロックやブルースはもちろん、ジャズやカントリーなど、幅広いサウンドに対応しています。

特にファイナル出力制御は大きな特徴となっています。

「Derek Trucks Spec ( デレク・トラックス )」はデレク・トラックスが愛用するモデルと同タイプのもので、「Crossbred Mutt (フルチューブアンプ)」は豊かな3スプリングのチューブ・リバーブ・トーンを装備しています。

他にも、さまざまなモデルがあります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Alessandro(アレッサンドロ)の大量買取もお任せください

アメリカのハンドメイドメーカー。

プロミュージシャンに愛用されており、カスタムモデルもあり。

素材にこだわり、高品質・高性能のギターアンプなだけあって、その価格は20万を軽く超える高級アンプとなっています。

中古市場でも高値で取引されているのです。

当店では生産終了となったモデルから人気のモデルまで、さまざまなアレッサンドロ ギターアンプを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

Alessandro(アレッサンドロ)の高価買取り方法について

check1

状態

Alessandro(アレッサンドロ)のギターアンプの人気モデル「Jazz Guitar Amplifier」。

本格的なハイエンド真空管アンプで、ギタリストが望むサウンドを的確に再現すると評判のモデルです。

ハイエンド・ジャズギター・ビルダーであるBill Cominsが、ハイエンド・チューブアンプ・ビルダーであるGeorge Alessandro"とコラボレート。

他にも多くのプロとして活躍するJAZZミュージシャンから話を聞きながら作った、JAZZギター専用チューブアンプです。

さまざまなプロミュージシャンに愛用されるだけあって、中古市場でも人気。

新品で20万を超す高級ギターアンプですから、状態が良ければ高値で買い取ってもらえます。

check2

付属品

アレッサンドロではシールド・ケーブルも作っています。

ラインナップを一新しており、新しいInstrument Two / Midnight Blue Cableは耐久性が高い27AWG無酸素銅配線。

絶縁体の素材に摩擦電気ノイズを抑えるComposilex 2を使用するなどして、その性能がアップ。

新・旧どちらもあったほうがいいでしょう。

check3

まとめて

Alessandro(アレッサンドロ)のギターアンプは、新品で購入するとなると20万〜30万円はします。

それだけの価格帯ですから、性能は良くて当たり前。

中古である程度値段が安くなっているとはいえ、それなりのクオリティを保っていないと買い取ってはもらえません。

ギターアンプは、ギタリストにとっては大事なアイテムです。

ピッキングの強弱やフレーズの緩急の使い分け、ビブラートのかけ方など、的確に表現できるギターアンプは中古でも人気が高いですから、常日頃からメンテナンスや管理はしっかりとしておきましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

Alessandro(アレッサンドロ)の掃除方法について

ギターアンプの調子が悪く感じたら…まずは、購入したお店やメーカーに問い合わせるようにしましょう。

アンプ内部には高電圧が蓄積されているので、下手にいじると感電の可能性があります。

また、内部の配線を間違うと大変なことになりますので、専門の人に見せるようにします。

ギターアンプは10年も使っていると、部品の交換が必要となります。

特に真空管は大きなストレスがかかっているので、寿命が限られてくる部分と言えます。

アンプは使って何年かたつと音が悪くなったり出なくなったりしますので、まだ部品がある場合は早めに交換するといいです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介