買取ぞうさんはビトー(VITO)を高価買取中

ビトー(VITO)はアメリカのクラリネットブランドです。

あまり知られてはいませんが、中古市場ではそこまで珍しいクラリネットというわけではありません。

その素材からも、水色や赤色のボディなど…ちょっと他では見ないようなおもしろいカラーのクラリネットを見つける事もあるほどです。

主に、学生向けのクラリネットといえます。

そんなビトー(VITO)の生みの親は、ヴィトー・パスクッチ氏。

ヴィトー・パスクッチ氏は、もともとはグレン・ミラー楽団に所属する楽器リペアマンでした。

第2次世界大戦中に、楽器製造メーカーとして有名なルブランと出会う事で、楽器製造にも関わるようになっていったのです。

無料査定 ここをクリック

ビトー(VITO)について

ビトー クラリネットは、ヴィトー・パスクッチ氏が名づけたクラリネットブランドです。

ヴィトー・パスクッチ氏は、もともとはアメリカにあるグレン・ミラー楽団のリペアマンでした。

第2次世界大戦中に楽器製造メーカーとして有名なルブラン社の、ジョルジュ・ルブラン氏とレオン・ルブラン氏と出会いパートナーシップを結んだことから、本格的なクラリネットの開発・製造へと関わっていくことになったのです。

1946年になると、レオン・ルブラン氏とともに、フランスで製造したルブラン製の木管楽器を輸入するための会社を設立。

1951年には、学生向けモデルとしてのビトー クラリネットを導入しています。

ビトー(VITO)というブランド名は、ヴィトー・パスクッチ氏の名前から名づけています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ビトー(VITO)の大量買取もお任せください

ヴィトー・パスクッチ氏が名づけた学生向けのクラリネットブランド、ビトー(VITO) 。

クラリネットメーカーとして有名なルブランと深い関係があるだけに、ちょっと気になるクラリネットとなっています。

当店では生産終了となったビトー クラリネットから人気のビトー クラリネットまで、さまざまなビトー クラリネットを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ビトー(VITO)の高価買取り方法について

check1

状態

クラリネットの上級モデルともなると、ほとんどがグラナディラという上質の木材で作られています。

このグラナディラは、楽器の木材として使うのにはいいのですが、雨などの湿気や温度差、直射日光にとても弱い素材。
保管や扱い方を間違えると、最悪、楽器が割れてしまう事もあるのです。

ですが、ビトーのカラークラリネットはプラスチックでできていますので、多少の雨や直射日光にも大丈夫。

野外などで使うのには最適な作りとなっているのです。

しかも、その豊富なカラー展開からも、パフォーマンス性が高いとして購入する人も少なくありません。

今はカラークラリネットの製造がおこなわれていないので、中古で探す人もいるほどなのです。

カラークラリネットというと安価な中国産が多いですから、その中でもルブランと関係が深いビトーの方が買取は良いものとなるでしょう。

check2

付属品

マウスピースやリガチャ、キャップ、ハードケースは必需品。

これらは忘れずに、一緒につけておくようにします。

ビトー クラリネットは、プラスチック製とはいえ強化されたボディに洋銀製キィ、ニッケルメッキ仕上げといったモデルもあります。

中古品でも、モデルによっては20万以上するといった高額での取引もされています。

グラナディラなどの木材ではないとしても、高い価格で買い取ってもらえることもあるので、キレイな状態にして査定にだすようにしましょう。

check3

まとめて

ビトーのカラークラリネットはプラスチック製ですが、他のメーカーのプラスチック製クラリネットに比べても、クラリネットに対してのこだわりが違うものとなっています。

例えば、アルトクラリネットをみるにしても、バスクラリネットのメカニズムを元にサイズダウンした仕様となっており、全ての音孔がタンポでふさがるようにできているので、指も自然な配置に。

そうした細かい配慮が、まさにルブランから派生したブランドであるといえます。

プラスチックとはいえそこそこのこだわりがあるだけに、学生さんや野外での演奏を主としている人が探されていることもあります。

ですから、他のプラスチック製のクラリネットよりかは良い評価を期待できます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ビトー(VITO) クラリネットの掃除方法について

プラスチック製のクラリネットと聞くと、そのメンテナンスがとても楽であるイメージがありますが、実はそうでもありません。

グラナディラを使ったクラリネットとの大きな違いを上げるとすれば、割れる心配がないという事ぐらいです。

クラリネットに必要とされれるメンテナンスは、キイバランスとタンポの状態を良好に保つことですが、それはグラナディラであろうともプラスチックであろうとも、さして変わらないのです。

もちろん、日々のお手入れも忘れずに。

プラスチックはニオイが付きやすい素材でもありますので、演奏が終わった後はもちろん、長く練習している時は途中でもスワブを通して水分や汚れをとるようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介