買取ぞうさんはAKAI(アカイ)シンセサイザーを高価買取中

今ではもう存在しないAKAI professionalM.I株式会社から誕生したAKAI professional。

今は、プロオーディオジャパン株式会社から販売されています。

AKAI(アカイ)は、ヒップホップのDJがサンプラ—を使うのが一般的になりはじめた1980年代、さらには1988年代に開発・販売されたS1000というのが大ヒットしています。

価格帯もそこまで高くなったことからも、多くのクリエイターに愛用されていました。

このS1000は、当時発売されたマンガなどにも描写されるなどしていることからも、当時の人気ぶりをうかがうことができます。

無料査定 ここをクリック

AKAI(アカイ)シンセサイザーについて

テープカセットなどを製造していた赤井電機株式会社に電子楽器部門が作られました。

それが、AKAI professionalM.I株式会社として独立。

会社名からとったAKAI professionalをブランド名に売り出していきました。

ところが、2000年に赤井電機株式会社が経営破綻。

2005年にはAKAI professionalM.I株式会社も経営破綻しています。

現在は、プロオーディオジャパン株式会社がAKAI professionalのブランドを受け継いでいます。

また、オーディオ機器、サンプラーなどの電子楽器だけでなく、Nineteen-Ninetysevenというエレキギターやエレキベースのブランドなどでも知られています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

AKAI(アカイ)シンセサイザーの大量買取もお任せください

AKAI professionalの中でもウインドシンセサイザーの代名詞的なものとなっているEWIシリーズ(アカイ・イーウィ・シリーズ)。

マイケル・ブレッカー氏や伊東たけし氏もその開発に携わっており、中古市場でも売りに出されると注目される商品となっています。

無料査定 ここをクリック

AKAI(アカイ)シンセサイザーの高価買取り方法について

check1

状態

AKAI(アカイ)のシンセサイザーの中古品としては、「MPK mini」「MPK mini MK2」「MPK25」「MPK49」
「MPK61」「MPK88」「MPK225」「MPK249」「MPK261」「ADVANCE 49」「ADVANCE 61」「MINIAK」などがよく見られます。

安いものでは数千円といった金額で、高いものだと数万といった買取価格になるようです。

特に価格が高くつきやすいのは、「MPK88」や「ADVANCE 61」などです。

いずれも、中古品とはいえ使用感をあまり感じさせないことがポイントとなっています。

査定に出す際には、外観を新品に近い感じにきれいにしておくようにしましょう。

キレイであればあるほど、その買取価格は高くなります。

check2

付属品

新品で購入した時についていた付属品があれば、それらは中古として購入する人の大きな判断材料となりますので、揃っているかどうかは査定において大きな差になるのです。

また、特別仕様で作られたモデルや特殊な機能があるパーツを使っている場合、それ専用の付属品がついていることもあります。

そうした付属品は必ず一緒に出すようにしましょう。

なければそれだけマイナス査定になります。

査定に持ち込む前に、メーカーサイトなどを参考にして確認。

ちなみに、シンセサイザー以外のAKAI(アカイ)の製品があれば、それも一緒に査定に出すと評価が上がりやすくなります。

check3

まとめて

長く使っていると、シンセサイザーを自分仕様にカスタマイズしてしまう人もいますが、これは買取査定に出す際には厳しいです。

ほとんどの場合で査定額は下がってしまいますので、ゆくゆくは売って新しいシンセサイザーの購入を考えているのであれば、あまり派手なカスタマイズはしない方がいいでしょう。

もしカスタマイズしてしまったとしても、可能な範囲でオリジナルの状態に戻しておくのがいいです。

カスタマイズがオリジナルに戻せない。

つまりは、デザインをリペイントしていたり、加工をともなったパーツを装着してしまうとなると、デザイン性や希少性、そして使用しているパースの人気度や希少度によって査定がおこなわれるます。

加工にかかった費用などで総合的に判断することもあるようです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

シンセサイザー AKAI(アカイ)の掃除方法について

AKAI professionalでは、そのメーカーサイトにサポート情報を掲載しています。

電話でのサポートも受けているので、持っているシンセサイザーのお手入れ方法についても確認できます。

また、修理の依頼も受け付けています。

シンセサイザーは精密は電子機器でもありますので、ちょっとした事でダメージを受けてしまう事もあります。

そんなときは、アカイのカスタマサポートに連絡すると安心です。

ただし、修理の依頼については事前登録が必要ですので、その手続きはおこなっておく必要があります。

また、昔のアカイブランドのサポートは終了していることもありますので、まずは自分の持っているモデルがサポート対象かどうかを確認しておきましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介