買取ぞうさんはBruno ブルーノを高価買取中

Bruno ブルーノは、アメリカのブティックアンプの先駆け的存在ともいえるブランド。

創立者はトニー・ブルーノです。

トニー・ブルーノのハンドワイヤリング技術は素晴らしく、純粋なチューブ・ギターアンプを基本とした設計。

ポイント・トゥ・ポイント・ワイヤリングの回路に、ハンドメイドでの制作となっています。

VOXとの共同作業で開発したモデルも多数あり、リミテッドのHand-Wired、Night Train、そしてCustomシリーズなどが挙げられます。

いずれもトニー・ブルーノのブティックアンプの開発ノウハウが生かされています。

無料査定 ここをクリック

Bruno ブルーノについて

ブティック・アンプ・デザイナーであるトニー・ブルーノが創立したアメリカのブランド、Bruno ブルーノ。

これまで1000台以上のギターアンプを作っており、ハンドメイドで作るそのギターアンプは、世界でもトップクラスのチューブアンプとして絶賛されています。

特に、「Under Ground 30」は代表的なモデルとなっており、ベストギターとして雑誌でも取り上げらています。

また、1990年代よりVOXとの連携した開発もおこなわれており、リミテッドのHand-Wired、Night Train、そしてCustomシリーズなどがあります。

サウンドチェックは厳しく、トニー・ブルーノのプロト・タイプのサウンドを再現し、VOXの最新技術や生産技術が盛り込まれたアンプになっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Bruno ブルーノの大量買取もお任せください

アメリカで有名なアンプ・デザイナー、トニー・ブルーノが作るギターアンプは、極上アンプとして高い評価を得ています。

真空管らしい音圧とダイナミックな幅が魅力となり、中古市場でも高値で取引されています。

当店では生産終了となったモデルから人気のモデルまで、さまざまなブルーノ ギターアンプを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

Bruno ブルーノの高価買取り方法について

check1

状態

トニー・ブルーノが作るギターアンプは、中古でも十万単位で売られている高級製品です。

なかでも、「BRUNO Super100」は100万前後の値段で、中古でも美品は60万などで売られています。

「Super100」は、ハワードダンブルアンプのモディファイをきっかけにモデル化されたアンプ。

有名アーティストのサンタナ氏による強い要望があって実現しています。

サンタナ氏をはじめとするスティーヴィーレイヴォーン氏やラリーカールトン氏など、有名なギターリストのハワードダンブルアンプは市場にでることがなく、出ても高額での取引となります。

「Super100」もその一つであり、ブティックアンプの最高峰モデルとして、中古市場でも注目されているのです。

check2

付属品

購入した時についていたものは、基本的にすべてそろっているのが査定額アップの基本です。

他にも、電源コード、専用フット・スイッチ、ダスト・カバーなどが付属品としてあります。

また、ギターアンプだけでなく、ギターやスピーカーなどもセットで売ると査定額がアップします。

もちろん、ギターアンプ自体の状態も重要ですから、キズやへこみがないきれいな状態であるかどうかはチェック。

故障していると買取ってもらえない場合もあるので要注意です。

check3

まとめて

トニー・ブルーノのギターアンプには、「10th Anniv UG 30」や「Underground 30」「Cow Tipper Pro II 22」
「Cow Tipper Pro II 35」「Cow Tipper Pro II 45」「Cow Tipper Pro II 90」「Pony 50」「Tweedy Pie 18」「Tweedy Pie 45」「Lead Man 60」「Super 100」とあります。

トニー・ブルーノのギターアンプは、どのモデルも評価が高く、中古市場でも高値で取引されています。

あまり新品で入荷することが少なく、もともとが高額アンプということもあり、中古の美品となると高値で買い取ってもらえるのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

Bruno ブルーノの掃除方法について

ギターアンプは、不安定、湿気が多い、風通しが悪い、ほこりが多い、直射日光が当たる、極端に寒い…など、こうした場所に保管してはいけません。

湿度管理は、ギターよりも低い20%〜30%が最適となっています。

端子からほこりが侵入したり酸化が進んでしまったりするので、ジャックプロテクターなどで保護するようにするのがいいです。

もちろん、定期的に音を出してあげることも重要で、使わないまましまいっぱなしでは劣化が早まります。

ただ、短い時間しか使わないようでは、真空管の劣化が激しくなってしまいます。

例えるなら電球のようなものなので、短い時間でのオンとオフを繰り返しすぎると逆効果になるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介