買取ぞうさんはピュヒナー オーボエを高価買取中

ピュヒナーは、1897年に創設された老舗の木管楽器製造会社です。

オーボエ以外にもイングリッシュ・ホルンやファゴット、コントラファゴットなどを製造しており、その品質の高さには定評があります。

東京交響楽団の首席オーボエ奏者であり日本オーボエ協会常任理事でもある池田肇氏や、モンテヴェルディ音楽院教授でありトスカニーニ交響楽団首席奏者でもあるアルナルド・デ・フェリーチェ氏。

デンマーク王立管弦楽団首席奏者のヘンリク・ゴルトシュミット氏など、世界でも有名なプロ演奏者にも愛用されています。

無料査定 ここをクリック

ピュヒナー オーボエについて

ピュヒナーは、1897年にヴィンツェンツ・ピュヒナーによって、グラスリッツでに創設された木管楽器製造会社です。

当時、グラスリッツといえば楽器製造においては中心的な存在となっている都市でした。

ヴィンツェンツ・ピュヒナーは幼い頃よりオーボエ、クラリネット、ファゴットの演奏を習っており、士官学校の合唱団の指揮も任されるほどの実力の持ち主。

木管楽器の製造については、ピッコロからコントラファゴットまで、木管楽器のほとんどを製造する会社、ヴィンツェンツ・ケーラートの息子に学んでいます。

そんな音楽家としての経験もあり、演奏家の要求にも答えた楽器製造や調整が優れていたのです。

ピュヒナーのオーボエは、経験豊富なスタッフたちによる高水準の楽器製造と手作業での仕上げによる完成度の高さで、
今でも世界中の著名な演奏家から愛される楽器として続いているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ピュヒナー オーボエの大量買取もお任せください

1897年に創設されてから今日まで親子4代にわたってオーボエをはじめとする木管楽器の製造を行ってきたピュヒナー。

特にモデル「33」は、その力強い音色で、伝統があるドイツ製のオーボエとして代表的な作品となっています。

当店では生産終了となったピュヒナー社製オーボエから人気のピュヒナー社製オーボエまで、さまざまなピュヒナー社製オーボエを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ピュヒナー オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

保証書はその保証期限が切れていたとしても、楽器店で購入したことを証明するものとなります。

どこで買ったのかわからないようなオーボエよりも、どこで購入したかがはっきりとわかるオーボエの方が、次の購入者も見つけやすく、査定においても好印象となります。

また、ピュヒナーのオーボエには、リングキーやFレゾナンスキーが付いているモデルと、付いていないモデルがあります。

この場合、どうしても付いている方が査定においては評価が上になることも。

特にFレゾナンスキーが付いているモデルは人気が高いものとなっています。

check2

付属品

保証書はその保証期限が切れていたとしても、楽器店で購入したことを証明するものとなります。

どこで買ったのかわからないようなオーボエよりも、どこで購入したかがはっきりとわかるオーボエの方が、次の購入者も見つけやすく、査定においても好印象となります。

また、ピュヒナーのオーボエには、リングキーやFレゾナンスキーが付いているモデルと、付いていないモデルがあります。

この場合、どうしても付いている方が査定においては評価が上になることも。

特にFレゾナンスキーが付いているモデルは人気が高いものとなっています。

check3

まとめて

オーボエというのは、演奏しないと分からない部分があります。

見た目が大事ではあるものの、中古のオーボエでは見た目は新品に近いのに、その演奏は非常によくないなんてこともあるので、とにかく実際に演奏した際の音の良さなどを重視します。

逆に言えば、多少の使用感があっても素晴らしい音が出る、つまりは演奏がしやすいオーボエであれば、それは高価買取となるのです。

年数についても同じことで、短いに越したことはありませんが、それが演奏のしにくさから早くに中古に出されてしまったのでは、買取査定の評価もグッと下がってしまう事になります。

ですから、オーボエを選ぶ際には、しっかりときれいな音がでるかどうかも確認してから購入するようにします。

実際に吹いて状況を確認したオーボエは、いざ中古品として出すときにも良い買取になるのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ピュヒナー オーボエの掃除方法について

ピュヒナー製のオーボエを長く大切に使うためにも、日頃のお手入れは欠かせないです。

演奏した後には必ず、重りのついたスワブなどで管体の内側についてしまった水滴や湿気などを拭き取ります。

お手入れ後にケースに入れたら、すぐに閉めきってしまうのではなく一晩ほど開けておきます。

また、1カ月に1回程度、管体のジョイント部分の内側にオイルを塗るようにします。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介