買取ぞうさんはHohner(ホーナー)を高価買取中

Hohner(ホーナー)は、アコーディオンだけでなくハーモニカでも有名なドイツの楽器メーカーです。

職人の技と最高級素材、そして高品質のベローズ駆動で製造されています。

その歴史はもう100年以上と、まさにドイツの最高品質といってもいいアコーディオンなのです。

そんなホーナー アコーディオンには、「Diatonic Accordions(ダイアトニックアコーディオン)」「Chromatic(クロマチック)」「Anacleto Collection(アナクレートコレクション)」があります。

無料査定 ここをクリック

Hohner(ホーナー)について

長い歴史を誇るHohner(ホーナー)は、1857年に創設し、アコーディオンだけでなくハーモニカやmelodicas、レコーダー、ギターと製造してきました。

歴史的にも価値のある楽器も多く、コレクションとして収容された施設もあります。

最初に作り始めたのはハーモニカ、次に打楽器の生産をスタートさせ、国際的なメーカーとして確立されていきました。

今では幅広い楽器の製造に着手するまでに成長し、ミュージシャンと連携した製品作りなどもおこなっています。

ポップス、ロック、ブルースと幅広い音楽シーンで活躍しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Hohner(ホーナー)の大量買取もお任せください

ドイツの歴史あるメーカー「Hohner(ホーナー)」。

アコーディオン以外にも多数の楽器を製造していますが、どれもドイツらしい品質と特徴を持っています。

アコーディオンの種類も多く、日本ではあまり見かけないタイプもあることから、中古市場でも注目されているメーカーです。

当店では生産終了となったホーナー社製アコーディオンから人気のホーナー社製アコーディオンまで、さまざまなホーナー アコーディオンを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

Hohner(ホーナー)の高価買取り方法について

check1

状態

ホーナー アコーディオンは大きく分類して、「ピアノキータイプ」「ボタンキータイプ」「アコーディオン・ボタンキータイプ」の3種類があります。

ピアノキータイプは、170年の歴史を誇るハイスペックな仕様に。

ボタンキータイプのクロマチックは、日本ではあまりメジャーではありませんが、その価格は比較的に入荷しやすいものとなっています。

アコーディオン・ボタンキータイプのダイアトニック(ディアトニック)は、押したり引いたりすることで音階が出る固定調のアコーディオンであり、昔から普及されているタイプで、今でも世界各国で愛用者が多くいます。

ホーナー アコーディオンの種類によって買取価格も変わりますので、自分のアコーディオンがどのタイプか確認しておきましょう。

check2

付属品

ホーナー社製アコーディオンの主な付属品としては、ギグバッグ(専用のソフトケース)とストラップが欠かせません。

また、アコーディオンといえば学校でも馴染みのある楽器です。

予算が決まっていることからも新品で購入するのが難しい場合に、中古で探して購入といったケースも少なくないのです。

ホーナーではアコーディオンだけでなく、ハーモニカやメロディカ、リコーダーといった同じく学校で使われる楽器もあります。

もし、それらの楽器をお持ちであれば一緒に出すと評価が上ります。

check3

まとめて

ホーナーは1857年に創設されてから、アコーディオンだけでなくリコーダーやハーモニカなどの楽器も作り続けてきた伝統あるメーカーです。

その歴史の長さからも、古いモデルはアンティークとしての価値がついている場合もあります。

外見はドイツの職人のクラフトマンシップが感じられる作りで、アコーディオンに施された装飾には工芸品ともいえる美しさがあります。

ヨーロッパの風景を思わせるような音色は丸みがあるのが特徴で、ホーナーサウンドとも呼ばれているほど有名です。

古くて使い物にならないなんてアコーディオンも、査定に出したら高額査定されることも。

まだキレイな音色が出る現役のホーナー社製アコーディオンは、外観はもちろん音色も確認してから査定に出すようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

Hohner(ホーナー)アコーディオンの掃除方法について

ホーナー社製アコーディオンは古くからある楽器メーカーとはいえ、ドイツ製ですので、その修理やメンテナンスを頼むのは難しいものとなっています。

もしもの際には、日本の輸入代理店に問い合わせたり、楽器店のプロに依頼するのがいいでしょう。

普段のお手入れはきちんと行うようにします。

演奏後には柔らかい布で拭き、使用しない時はケースにて保管するようにします。

楽器は急激な温度変化や湿度に弱いですから、いきなり気温の差があるところで演奏するのは避けるようにしたりと配慮が大切です。

また、ベースのバネがねじれて切れてしまいやすいので、スペアとドライバーを用意しておくといいかもしれません。

スペアがない場合は安全ピンでの代用もできるようですが、なるべくリペアマンに見てもらう方が安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介