買取ぞうさんはRAMSA(ラムサ)コンデンサーマイクを高価買取中

1979年に、Panasonicの音響機器ブランドとして設立し、当時は海外アーティストのコンサートで使われるスピーカーやミキサー、パワーアンプなどに日本製品がほとんど使われなかった時代で、世界最大級ともいえる野外コンサート「ジャパン・ジャム」で使用されました。

日本製品が使用されることからも、高い注目を集めました。

また、1995年に「WM-C70/C75」が、商品デザイン部門においてグッドデザイン賞を受賞しています。

高い耐久性と原音に忠実なサウンドで一気に広がり、今でも世界中のPAオペレーターに愛用されています。

無料査定 ここをクリック

RAMSA(ラムサ)コンデンサーマイクについて

「RAMSA(ラムサ)」は、パナソニックの音響機器ブランドで、パワーアンプやスピーカー、デジタルワイヤレスマイク、ワイヤレスマイクロホン、ワイヤレスアンテナ、デジタルワイヤレス受信機、電子制御ユニットなど多数の商品を作っています。

また、2016年9月にはプロ用として「RAMSAラムサAuditoriumオーディトリアム」シリーズを発売し、デジタルミキサーやデジタルアンプ、各種スピーカーなど、12機種が一斉に出そろうといった勢いからも、その人気が衰えていない事を表しています。

ラムサのマイクは決して安くなく、数十万円ほどの価格帯です。

また、マイクはもちろんピース型ワイヤレスマイクロホンや受信機と、システムがひととおりそろっており、コンサートから業務用まで、幅広く活躍しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

RAMSA(ラムサ)コンデンサーマイクの大量買取もお任せください

その歴史も長いパナソニックからできた音響ブランド「RAMSA(ラムサ)」は、知名度だけではなくグッドデザイン賞などの受賞歴もあるほど、その実力は高く評価されています。

価格帯からも決して安くないので、中古市場でも良品を探す人が多いでしょう。

無料査定 ここをクリック

RAMSA(ラムサ)コンデンサーマイクの高価買取り方法について

check1

状態

RAMSA(ラムサ)のマイクには、800 MHz帯ワイヤレスマイクロホンの「WX-TB816」や「WX-TB816」、ワイヤレスマイクロホン(マイクカプセル交換型)の「WX-DT140」、そして販売できる在庫も少なくなってきている「WX-TB821」や「WX-DT110」「WX-DT120」などがあります。

価格はどれも20万円を超し、高いものでは40万円近くする高額マイクです。

高いのには理由があり、優れた音質と使いやすさで、プロフェッショナルな現場では定番ブランドとなっているのです。

これまでのシリーズとしては、マイクからスピーカーまで全22機種を発表しています。

世界中のPAオペレーターに支持されているだけあって、中古市場でも注目度の高いマイクなのです。

check2

付属品

RAMSA(ラムサ)ではマイクだけでなく、その周辺システムについてもさまざまな製品を作っています。

付属品はもちろんですが、パワーアンプやスピーカー、ワイヤレスアンテナ、デジタルワイヤレス受信機、電子制御ユニットなど、他のラムサ製品もあると査定額も高くなる事が期待できます。

check3

まとめて

RAMSA(ラムサ)のマイクでは、すでに生産完了品となっているものもあります。

800MHz帯ワイヤレスマイクロホン「WX-TA816」や「WX-TA821」などが挙げられます。

「WX-TA816」は20万円ほど、「WX-TA821」は30万円近い価格と高級マイクです。

信頼の高いパナソニック製品でもあり、プロ用の音響ブランドとして有名です。

一般での知名度はそこまで高くはないですが、状態が良ければ高値で買い取ってもらう事ができます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

RAMSA(ラムサ)コンデンサーマイクの掃除方法について

特にライブ会場といった場所では、その扱いも過酷になってしまいがちです。

グリルやウィンドスクリーンなどに口紅や唾液が付くだけでなく、密室でのライブではタバコなどのニオイも吸収してしまいます。

使用後はキレイに拭き取るようにしましょう。

ただ、コンデンサーマイクはとてもデリケートなため、ライブなどでの使用では、取り外し可能な外付けフォームウィンドスクリーンの使用がおすすめです。

使用後は取り外して洗剤用液などで洗浄が可能で、コンデンサー部に水分が入らないようにしてくれます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介