買取ぞうさんはセルマー(SELMER)を高価買取中

セルマーは、パリ・オペラ座の管弦楽団やギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団のクラリネット奏者だった、ヘンリー・セルマー氏によって始められた楽器製造会社です。

とはいえ、最初はリードの製造や調整を専門としていました。

それが今では世界での屈指のメジャーメーカーとなっています。

ただ、昔と比べるとラインが変更したり熟練工が減少したりしたことから、クラリネットのラインナップが縮小傾向にあるようです。

そういう意味からも、古いセルマー社製クラリネットもまだまだ人気のモデルとなっています。

無料査定 ここをクリック

セルマー(SELMER)について

ヘンリー・セルマー・パリ(Henri Selmer Paris)は、フランスの楽器メーカーです。

1885年にアンリ・セルメール氏によって創設され、クラリネットだけでなくサクソフォーンやバスーンと手がけています。

以前はオーボエやトランペット、トロンボーン、ギターも製造していたのですが今は終了しています。

創業始めはクラリネットのマウスピースやリードの製作をおこなっていましたが、1898年からクラリネットの製作もスタート。

クラリネット奏者から高い評判を得てきました。

この頃、弟でボストン交響楽団などでクラリネット奏者をしていたアレクサンダー氏が、ヘンリー氏が作った楽器をアメリカで販売するために、ニューヨークにお店を出しています。

1904年には「セルマーUSA」を設立させています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

セルマー(SELMER)の大量買取もお任せください

セルマー クラリネットは、国際的に活躍するクラリネット奏者に人気のメーカー。

中では、シグネイチャーやリサイタルが高級品として有名です。

また、最近のモデルではオデッセイも絶賛されており、中古市場でも高値で買取られています。

当店では生産終了となったセルマー クラリネットから人気のセルマー クラリネットまで、さまざまなセルマー クラリネットを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

セルマー(SELMER)の高価買取り方法について

check1

状態

セルマー クラリネットの現行モデルとしては、最高級クラリネットとして有名な「プリヴィレッジ (Privilege)」。 芯があってよく響き渡る音が特徴の「シグネチャー (Signature)」。 独自の音とデザインがとても魅力的なものとなっている「レシタル (Recital)」。 アニヴァーサリー・モデルの「サンルイ (Saint-Louis)」。 プロのクラリネット奏者の為に作られた「オデッセイ (Odyssee)」など。 他にも、アルトクラリネットの「19A」、バセットホルンの「20」、コントラアルトクラリネットの「26」、コントラバスクラリネットの「28」があります。 中古市場でも高値で売れるのが「オデッセイ (Odyssee)」や「プリヴィレッジ (Privilege)」です。 それ以外でも世界的に有名なメーカーですから、コンディション次第では買取価格も良くなります。

check2

付属品

セルマーのマウスピースも一緒にあるといいでしょう。

その技術力は高く、世界的にもその分野においての実力は認められたものとなっています。

マウスピース市場ではトップクラスの存在であり、すべてのクラリネット奏者に必要不可欠なアイテムであるだけに、一緒にあると査定も高くなります。

ただ、セルマーのマウスピースはオープニングやテーブルの長さがいろいろ。

選択肢も広いものとなりますので、人によっては合う合わないが見られるともいえます。

check3

まとめて

セルマーのクラリネットは、その完成度の高さからもプロのクラリネット奏者にも愛用されています。

日本での輸入代理店となっている野中貿易が発行しているカタログにも、多数の賞を過去に受賞していることが記載されていたりします。

ですから、中古市場でも買取ってもらえるクラリネットと言えます。

ただ、セルマーはグレードによって楽器の設計を変えているところがあるので、ブランドによってまったく異なるタイプとなります。

好みも別れるところですから、試し拭きをして気に入って購入、なんてことも多いようです。

また、セルマーのクラリネットは響きが良いダークな音色が特徴ですから、それを壊さないように大切に使っていれば買取価格も高くなるのではないでしょうか。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

セルマー(SELMER) クラリネットの掃除方法について

クラリネットの演奏後には、お手入れをして楽器をきれいな状態にしておきます。

そうすることで長く使えるものとなります。

まず、管体には水分がたまっていますから、これを拭き取るようにします。

それには、マイクロファイバースワブなどの専用の道具を使います。

練習が長引く時は、途中で水分をふき取ってもいいですね。

担保にも水分がたまってしまっていますので、忘れずにしっかりと取り除きたいものです。

この部分には吸水シートやクリーニングペーパーを使うようにしましょう。

また、キーには手の汚れがべったりとついています。

使い続ける事によってメッキがはがれてしまう事もありますので、ポリッシングクロスなどで汗と汚れを拭き取るようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介