買取ぞうさんはバスクラリネットを高価買取中

バスクラリネットは、ソプラノクラリネットの倍近い大きさの楽器。

変ロ (B♭) 調のバスクラリネットもあれば、最低音をさらに3半音下にしたバスクラリネットもあります。

現在のバスクラリネットの多くはストレートタイプで、アフリカ原産のグラナディラ材がよく使われています。

プラスチック製もありますが、なかには金属製といった珍しいモデルもあります。

基本的に重い構造をしているので、首にかけるストラップや管体に取り付けられるエンドピンなどで楽器を支えて演奏します。

無料査定 ここをクリック

バスクラリネットについて

バスクラリネットは、アンサンブルなどで活躍することが多い楽器です。

全体の音を支える役割をもっているものの、主役級の演奏をすることも可能。

吹奏楽や交響曲では低音部分をサポートし、ジャズなどではソロ演奏として活躍しています。

最近では、バスクラリネットの魅力からもソロとしての演奏曲が増えており、他の合奏形態との協奏曲なども作られています。

そんなバスクラリネットは、1772年〜1793年頃に発明された楽器と考えられています。

パリのG.ロット氏あるいはH.グレンザー氏が開発し、当時はファゴットに近い形だっとと伝えられています。

運指も今とは異なり、音域も下に広かったとされています。

今のようなストレートな形と運指になったのは、19世紀の前半、ベルギーの管楽器開発者であるアドルフ・サックス氏によってです。

ただ、一部の国では、19世紀の終り頃まで旧来の形のバスクラリネットが使われていたようです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

バスクラリネットの大量買取もお任せください

バスクラリネットを使った有名な曲と言えば、バレエ音楽「くるみ割り人形」にある「金平糖の精の踊り(チャイコフスキー作曲)」です。

他にも、交響曲第6番「悲愴」や歌劇「アイーダ」、ドヴォルザークの交響詩「真昼の魔女」など…多くの有名曲で使われています。

どれも、偉大な曲ばかりです。

当店では生産終了となったバスクラリネットから人気のバスクラリネットまで、さまざまなバスクラリネットを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

バスクラリネットの高価買取り方法について

check1

状態

中古市場でのバスクラリネットの買取としては、ビュッフェ クランポンバスクラリネットの「バスB♭プレステージ Prestige 」。

ルブランバスクラリネットの「160S」や「コントラバスL7182」、セルマー・パリ バスクラリネットの「バスB♭プリヴィレッジ」や「コントラバス2BB♭」などがよく買取られているようです。

他にも、アマティやオットー・ハンマーシュミットバスクラ、H・ヴァーリッツアーバスクラリネット、そしてヤマハとあります。

メーカーやモデルなどによっても買取価格は変わってきますので、査定に出す際にはそうした違いもチェックしておくといいでしょう。

check2

付属品

バスクラリネットの必須アイテムともナルケースやマウスピース、リガチャーはバスクラリネットも。

できる限りキレイな状態にして一緒に査定に出せば、その評価も高くなるはずです。

ちなみに、バスクラリネットはその大きさからも支えるアイテムがあると便利。

バスクラリネット用のエンドピンなどは、材質や長さによって音質だけでなく響きも変わります。

そうした違いからも、買取価格が異なることもあります。

check3

まとめて

バスクラリネットは縁の下の力持ち的な楽器でもあるので、あまり目立つ楽器ではないものの、
曲によっては主役級だったり、バスクラリネットがあるから曲が引き立つことも。

そうしたことが、バスクラリネットの魅力になっている部分でもあります。

そんなバスクラリネットは、コンディションの状態でその価格が大きく変わります。

新品同様でほとんど傷が見当たらない、もしくは購入してから1年以内のバスクラリネットであればかなりの高額査定となるでしょう。

多少のキズはあるもののへこみなどは見当たらず、3年以内の購入であればまぁまぁの買取価格に。

ですが、キズありへこみ有りで、購入から3年以上経っている場合はちょっと厳しい事も。

ただ、メーカーや人気度などでも違ってきますので、一概にいうことはできません。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

バスクラリネットの掃除方法について

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

バスクラリネットなどの楽器は、水分をしっかりと拭いておかないと大変なことになります。

演奏する場所の気温や湿度にもよりますが、大体30分〜1時間ほどの演奏で、水滴がトーンホールから出てくるようになります。

汗をかいているような状態になるわけですが、こうならないためにも、休憩時間ぐらいにはスワブを通したいですね。

通常あれば練習後にスワブを通して水分を拭き取りますが、それもバスクラリネットのような大きな楽器では分解する必要が生じます。

休憩時間などに拭き取る際には、スタンドや机に置いた状態でおこなうようにしましょう。

床においてやってしまうと、誰かの足が引っかかったりして危険です。

つなげたままスワブを通す際には、周囲に気をつけておこなうようにします。

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介