買取ぞうさんはクランポン(Buffet Crampon)を高価買取中

クランポン(Buffet Crampon) は、200年の歴史を誇る老舗の木管楽器メーカーです。

ビュッフェ・クランポンといったブランドが確立したのは、1836年。

そして、今現在のクランポンのロゴは1844年から使われ始めています。

プロフェッショナルを意識したモデルと学生を意識したモデルとに分かれて、さまざまなレベルに対応したクラリネットを製造・販売。

常に技術革新を意識しており、1994年に開発された「グリーンライン」などは、その木材の性質からも世界的に高く評価されています。

無料査定 ここをクリック

クランポン(Buffet Crampon)について

Buffet Crampon S.A.S(ビュッフェ・クランポン)は、フランスにある木管楽器制作メーカー。

1825年にパリのパッサージュ・デュ・グラン・セルフで創設された、歴史も長いメーカーなのです。

日本法人は、株式会社ビュッフェ・グループ・ジャパンです。

研究・開発実績では、1839年にはクラリネット奏者のH.クローゼ氏と共同でベース・システムを開発したことで有名です。

クランポン クラリネットは高品質で有名ですが、シュライバー社やユリウス・カイルヴェルト社を買収したこともプラスの一因となっているのかもしれません。

また近年では、金管楽器で有名なアントワーヌ・コルトワやベッソン、B&S、シェルツァー、ハンスホイヤーといったメーカーも傘下に加えているものとなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

クランポン(Buffet Crampon)の大量買取もお任せください

200年以上の歴史をもつクランポン(Buffet Crampon)は、クラリネット製造ではトップクラスの実力を持つ、世界で最も有名なクラリネットメーカーです。

幅広いレベルに合わせたモデルの数々に、初心者からプロ奏者まで世界中で愛用されています。

当店では生産終了となったクランポン クラリネットから人気のクランポン クラリネットまで、さまざまなクランポン クラリネットを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

クランポン(Buffet Crampon)の高価買取り方法について

check1

状態

クランポン クラリネットは200年といった長い歴史があるだけに、さまざまな素晴らしいモデルを開発・製造しています。

伝統手工技術と最先端の技術が見事に調和した極上の名器「Divine(ディヴィンヌ)」。

4年の歳月をかけて生み出した「Tosca B♭」。

昔ながらの技法で作り、美しい木目の木材を使用した「RC Prestige B♭」。

名工と呼ばれるロベール・カレ氏が手がけた「RC B♭」。

クランポンで長く愛されている主力モデル「R-13 B♭」。

安定した高音が特徴の「Tosca E♭」など…特徴あるクラリネットがそろっています。

いずれも、世界的なメーカーだけに人気も評価も確かな物となっています。

中古市場でも、コンディションが良ければ高く買い取ってもらえることが期待できます。

check2

付属品

クランポンでは純性のマウスピースも用意されています。

口にした時の感じが柔らかく、音色も自然でとても吹きやすいとして評判も高いですから、クラリネット本来だけでなくクランポン製のマウスピースもあるとその評価も高いものとなるでしょう。

種類はJP5からJP8まで4種類で、メタルリング付きのものもありますので、どれになるかで査定もちょっと変わるかもしれません。

他にもクランポン製のアイテムがあれば、できるかぎりセットで出すようにしましょう。

check3

まとめて

クランポン クラリネットのモデルの中でも、レベルを問わずに幅広く使われているのが「R13」です。

その価格としては50万近くとなってしまいますが、それだけの値打ちにあるのです。

特にクランポンはベーム式・クラリネットを開発したメーカーで、他のクラリネットにもこの様式が採用されています。

日本のクラリネット奏者の間では、クランポンを選ぶ人が多くいます。

ですから、クランポンは憧れのブランドの一つとなっていますから、中古市場でも安定した買取となっています。

コンディションが良いほど高値になりますので、日々のお手入れはきちんとおこなっておくようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

クランポン(Buffet Crampon) クラリネットの掃除方法について

新品でクランポン クラリネットを購入すると、一定の期間中は無料でメンテナンスを請け負ってくれます。

しかし、その期間を過ぎると、すべてが有料でのメンテナンスとなります。

メンテナンスはクランポンの特約店はもちろん楽器屋さんでも受け付けていますが、クランポンのリペアルームの評判はとてもよく、メンテナンス時にはいろいろとアドバイスがもらえるとして、ずっとそこでお願いする方も少なくありません。

専門業者によるメンテナンスは、年1〜2回程度はやっておくようにしましょう。

ネジ締めやオイル補充、全体のバランス調整など、専門的知識をもっていないと難しい、日頃なかなかできない事をやってくれます。

費用はかかりますが、定期的にやっているのとやらないのでは楽器の質が全く違ってくるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介