買取ぞうさんはシュプリンガー オーボエを高価買取中

ドイツのオーボエメーカーの一つであるシュプリンガー。

その性能は名器とも言われるほどで、初心者や中途半端なプロには扱うのが難しいとまでいわれています。

リードを選ぶ楽器でもあり、そこから失敗してしまうと思ったように演奏するのは難しいですが、適したリードであると密度の高い明るい音色が出ます。

ホールなどで吹くのには相性が良いオーボエです。

シュプリンガーが作られ始めたのは1986年。

まだまだその歴史は浅いものとなっていますが、一筋縄ではいかない仕様に愛用者が増えています。

創設者であるシュプリンガー氏のアイデアを元に、当時のベルリン放送響首席やライプツィヒ・ゲヴァントハウス響首席、ベルリンフィルといったオーボエ演奏者が参加して作られました。

無料査定 ここをクリック

シュプリンガー オーボエについて

1986年に創設されたドイツのオーボエメーカー、シュプリンガー。

シュプリンガー氏が考えるオーボエを作り出すために、当時のベルリン放送響首席のギュンター・ヴァント氏、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス響首席のクラウス・ペーター・ガンズ氏、ベルリンフィルのクリストフ・ハルトマン氏といった人々が開発に関っただけでなく、クラウスヒップ氏といったスポンサーまでついて行われました。

1989年になると楽器製作のマイスターであるルートヴィヒ・フランク氏と知り合いになり、シュプリンガーのオーボエ製作に加わるようになりました。

1993年になると、シュプリンガー氏はその製造から抜けてしまいますが、その後をルートヴィヒ・フランク氏が手作りでのオーボエとして引き継いでいます。

現在では、「LF」というブランド名になっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

シュプリンガー オーボエの大量買取もお任せください

世界中のオーボエ演奏者に愛されているシュプリンガーのオーボエ。

グレゴール・ウィットや文昭宮本、ベルント・ホルツ、クリストフ・ハルトマン、グンターパッシンなど、そうそうたるメンバーです。

常に改良が加えられ、技術的にも進化し続けたことにより、昔よりも扱いやすく丈夫な仕様となっています。

当店では生産終了となったシュプリンガーのオーボエから人気のシュプリンガーのオーボエまで、さまざまなシュプリンガー社製オーボエを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

シュプリンガー オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

どちらかというと、初心者やアマチュアなどには扱いにくく、プロレベルの人が使って初めて本領発揮できるような上級モデルとなっているシュプリンガー オーボエ。

シュプリンガーのオーボエを考える人というのは、ほとんどがオーボエ演奏に慣れた人ばかりです。

シュプリンガーのオーボエの魅力的な音色に惹かれて、新品もしくは中古で探されます。

ディスカウント値段でなければ100万は軽く超えるような楽器ですから、コンディションがよければその買取価格もそう悪いものとはならないでしょう。

プロに近い人たちも買い探すブランドですから、音がきれいに出ることはもちろん、外見にも気をつけたいですね。

日常的なお手入れはもちろん、定期的な調整やメンテナンスなどは欠かさないようにしましょう。

check2

付属品

オーボエをほこりや衝撃から守るためにケースカバーは絶対ですが、他にもコルクグリス、スワブ、クリーニングクロス、
クリーニングペーパー、3本入りリードケースなど最初についていた付属品がどれだけ残っているかがポイントです。

また、オーボエに使用するリードは演奏者自らが作ることも珍しくありません。

シュプリンガー オーボエを演奏するのはプロレベルの技術をもっていないと難しいといわれており、そのリード選びも大事な要となっています。

ですから、適したリードもセットになっていると、査定では好印象です。

check3

まとめて

シュプリンガー オーボエはそこまで知名度は高くないのですが、技術的にもプロに近い人が使ってこその名器といわれています。

日本人の有名なオーボエ演奏者の宮本文昭氏が愛用していることでも有名です。

そんなシュプリンガー オーボエは注文しても2〜3年は待たされる品で、その価格は時価。

それだけ貴重で滅多にお目にかかれないオーボエでもあるのです。

ですから、中古市場で売っていたりなんかしたら、それは珍しいといえるレベルなのです。

そんな貴重なオーボエですから、中古として査定に出すと喜んでみてくれます。

ただし、やはりコンディションがよくないとダメです。

音程がよく、無理に音程を作らなくてもよいオーボエとして知られていますから、その音色を壊さないように日々、丁寧に扱うようにしたいですね。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

シュプリンガー オーボエの掃除方法について

木管楽器であるオーボエは、そのジョイントにあるコルクに、コルクグリスを塗るといった作業があります。

この時、塗りすぎてしまうとホコリがつきやすくなってしまうので要注意。

組み立てる際に固くなってしまっていた場合に塗るようにするといいでしょう。

ちなみに、スティックタイプのグリスは、塗りつけてから指でのばしながらコルクに刷り込むようにするといいです。

演奏後にオーボエをばらしたら、ケースにいれる前にグリスを拭き取ってしまうように習慣づけるといいです。

また、トーンホールは専用のものを使います。

トーンホールクリーナーの芯は針金で出来ており、モールのようなやわらかい表面で覆われています。

使用する際には、これを曲げて楽器内部に入れて使います。

トーンホールのフチによくホコリがたまりやすいので、そのあたりを意識して掃除するようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介