買取ぞうさんはヤマハ(YAMAHA) ホルンを高価買取中

楽器の総合メーカーとして有名なヤマハ(YAMAHA)。

ピアノなどの鍵盤楽器から管楽器・吹奏楽器、ギター、ベース、ドラム、弦楽器、マーチング楽器、コンサートパーカッション、電子エンターテインメント楽器、学校用楽器など、あらゆる音楽楽器を製造しています。

ヤマハ ホルンではフルダブル、セミダブル、B♭シングル、Fシングル、トリプル、デスカントダブルと、幅広いラインナップを展開しています。

まさに、総合楽器メーカーと呼ばれるのにふさわしい会社です。

しかも、楽器の練習でしばし悩まされる音の問題にも対応。

ヤマハ ホルンでは「サイレントプラス」で解消できるようにするなど、あらゆる音楽環境に対応できるアイテムを開発もしているのです。

無料査定 ここをクリック

ヤマハ(YAMAHA) ホルンについて

ヤマハが本格的な管楽器の開発をスタートさせたのは、昭和38年。

昭和42年には音響学の研究にようノウハウを、管体形状のデザインなどにも応用し、コンピューターシミュレーションによる精密な設計がいかされているものとなっています。

クラフトマンシップとニューテクノロジーが融和した、安定した音色をもつホルンを作りを可能としているのです。

そのため、個体差が少ないといった特徴をもっています。

ヤマハ ホルンは種類がたくさんありますので、奏者の好みに近いホルンを探しやすいメーカーでもあります。

吹きやすさ、扱いやすさ、音程の良さなど、世界でもトップクラスの柔軟性をもっています。

ただ、逆に言えば、ホルンを吹きなれたプロからしてみると、モデルによっては面白みが感じられないこともあるようです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ヤマハ(YAMAHA) ホルンの大量買取もお任せください

楽器の総合メーカーとして、世界中にその名を知られているヤマハ。

技術の高さ、そして品質は信頼されており、アマチュアからプロまで幅広い人に愛用されています。

種類も豊富で、学校などでも定番となっているメーカーです。

特に初めてホルンを吹く人には扱いやすいでしょう。

無料査定 ここをクリック

ヤマハ(YAMAHA) ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

ヤマハは、他の海外ブランドのホルンに比べると、いささか冷めた目で見られているとろこがあります。

国内では総合楽器メーカーとして安定した知名度と人気を誇っているので、ブランド価値が低く見られている部分があり、

ヤマハ ホルンは初心者が使う安くて手頃なモデルと思われている傾向が少なからずあるのです。

ですが、ヤマハ ホルンは確かに初心者でも使いやすいホルンを作ってはいますが、上級者やプロ向けのモデルももちろん作られています。

ヤマハ ホルンは音抜けも響きも良いであり、なによりも世界に誇れるメーカーです。

ただ、カスタムクラスとスタンダードモデルでは値段に差がでるようです。

とはいえ、品質への信頼感も高いですから中古市場でも高値で取引されています。

check2

付属品

ホルンといえば、マウスピースが欠かせません。

ヤマハが作るマウスピースには、グリーンゴールド、純金、シャンパンゴールド、純銀(標準)、ローズゴールド、ピンクゴールドのメッキと種類も豊富です。

それぞれの個体差はあまりありません。

一緒に専用のマウスピースケースもあるといいでしょう。

また、ホルン用ハードケースは欠かせないアイテムです。

これがないとキズがつきやすく凹みやすいものとなってしまいますので必須です。

他にも、ホルン用スタンドといった、あると便利なアイテムも一緒に査定に出すと評価が高くなります。

check3

まとめて

中古市場での査定においては、購入してからどのくらい経っているのかが大事なポイントです。

また、保存状態も大きく価格に影響してきますので、保管状態がよければ買取価格も比較的高くなります。

ですが、保存状態が悪いと、大きくその買取価格を下げてしまいます。

査定額を下げないためにも、日頃からメンテナンスはしっかりとやっておくようにしましょう。

また、外観に関してはキズがついているかどうかでも、かなり価値が違います。

音色の状態については厳しく、音が鳴らないのはもちろん、しっかりと出ない状態では買取を断られることもあります。

ですから、音の状態についてはしっかりとチェックしてから査定にだすようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ヤマハ(YAMAHA) ホルンの掃除方法について

ホルンのお手入れでは、ローターオイル、ロータースピンドルオイル、レバーオイルの3種類のオイルを使います。

抜き差し部には、スライドグリスを使用します。

部位によって違いますので、きちんと分けて使うようにしましょう。

他にも、マウスピースを洗うマウスピースブラシや、吹込管の中の汚れをとるフレキシブルクリーナーが専用スワブ、抜き差し管用のクリーニングロッドなども用意しておくといいです。

ヤマハには、壊れたしまったホルンを修理する工房があります。

管が無残につぶれてしまったものや落として形が変わってしまったもの、

長年使い続けることでできた小さな凸凹など…こうしたホルンの修理をおこなっています。

もしもの際には、こうしたところを利用して大事なホルンを修復してもらえるようにチェックしておきましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介