買取ぞうさんはヤマハ オーボエを高価買取中

ヤマハ オーボエには、伝統的な希少木材と先端の樹脂加工技術が自慢の「デュエット・プラス」。

すべてのパーツがクラフトマンたちのハンドメイドによる「カスタム」。

最新の人間工学に基づいて作られている「スタンダード」。

日本のオーボエ奏者・広田智之氏がプロデュースする「H-Limited」。

そして使用する人の要望を取り入れたオーダー品とあります。

ヤマハは日本の優れた楽器製造メーカーとして、オーボエ以外にも数多くの楽器をつくっています。

日本の気候や風土に基づいた仕様で、日本人には扱いやすい楽器となっているのが特徴でもあります。

無料査定 ここをクリック

ヤマハ オーボエについて

ヤマハは、世界でも大手の楽器メーカーです。

そこで作られるオーボエは、均等な仕様に均一な音程、芯のある音色が特徴となっています。

用意されているモデルは、初心者にも使えるレベルのものから、上級者向けのモデルまで、幅広い層でオーボエの演奏を楽しめるものとなっています。

ヤマハ オーボエシリーズとしては、デュエット・プラス、カスタム、スタンダードを中心に、
コンセプトモデルとしてH-Limitedも注目されています。

H-Limitedは、オーボエ演者の広田智之氏がプロデュースする限定生産モデルであり、3種類がこれまで発売されています。

また、スペシャルオーダーとして、管体をキングウッド仕様にしたり、キイをゴールドメッキ仕上げに。

Fレゾナンスキイを付けたりといった、オプションを選択することも可能となっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ヤマハ オーボエの大量買取もお任せください

日本国内のオーケストラはもちろん、ヨーロッパなどの海外でも有名なプレーヤーにも愛用されているヤマハ オーボエ。

楽器製造メーカーとしての実力は、海外でも認められるものとなっているのです。

そんなヤマハ オーボエですから、中古市場でももちろん人気がある楽器となっています。

当店では生産終了となったヤマハのオーボエから人気のヤマハのオーボエまで、さまざまなヤマハのオーボエを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ヤマハ オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

オーボエは、使い続けるうちに消耗していく楽器です。

使用年数が長くなればなるほど、オーボエとしての性能は低下していくことは否めません。

なかには、できた手入れで一つのオーボエだけで生涯にわたって演奏していくプレーヤーもいますが、プロの世界では買い替えるのがどうしても多くなります。

オーボエはとても高価な楽器ですから、新品で買おうとすると、初心者用のモデルでも数十万。

上級者向けや高級仕上げとなっていると100万を超える事も珍しくありません。

そういったことからも、プロのオーボエ演奏家でも中古市場で購入する人も少なくないのです。

そんな人たちに人気なのが、ヤマハ オーボエ。

ヤマハ オーボエは海外のプロからも高い信頼を得ていますから、中古市場でも安心して購入できるメーカーとなっているのです。

check2

付属品

特に保証書は、正規の楽器店から購入したという証拠になります。

ヤマハ オーボエには、専用のケースはもちろんのこと、ドライバー、ポリシングクロス、クリーニングスワブ(上・下管用)、コルクグリスなどがついています。

これらは消耗品であるために、すべて残しておくことは無理ですが、ケースなどのずっと使い続けることができて、必要不可欠となるアイテムは一緒に査定に出すようにしましょう。

ケースもヤマハ オーボエと同様に、必要なケアをおこなってきれいにしておくと、その価値も上がります。

check3

まとめて

ヤマハ オーボエを査定に出す際に注意しておいてほしいのが、管体ワレについてです。

これはどのオーボエにも言える事ですが、大きく割れてしまうと音の出方にも影響を及ぼします。

管体にワレができているかどうかは査定に出す前には必ずチェックするようにしましょう。

その範囲があまり広くなければそう心配はないとはいえ、できれば修理に出した方が無難です。

音色にもつながりますから、修理するにしてもしっかりとやっておくようにします。

中途半端な修理では、その後に広がってしまう事もあるのです。

中古市場では、こうした修理箇所について厳しくチェックされます。

日頃から気を付けておくと、いざ査定に出した時に高評価になります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ヤマハ オーボエの掃除方法について

ヤマハ オーボエは、演奏し終わったら管体内部に発生した水分を、クリーニングスワブなどできれいに拭き取ります。

拭き取りが不十分だと、のちにヒビ割れなどを起こす原因となるので要注意です。

管体表面やキイの部分はポリシングクロスで軽く拭き取り、タンポについてしまった汚れや水分はクリーニングペーパーをトーンホールの隙間に挟んで取り除くようにします。

また、1ヵ月に1回程度でいいので、キイとキイポストの間にキイオイルを差すといいでしょう。

ただし、タンポやコルク部分にオイルがついてしまうとトラブルを引き起こすことにもなるので、その量の調整には注意するようにします。

オイルがはみ出した分は、クリーニングペーパーできれいに拭き取っておきます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介