買取ぞうさんはオスカー・アドラー オーボエを高価買取中

オスカー・アドラーは、1885年にマルクノイキルヒェンで設立されたメーカーです。

オーボエの他にもファゴットやコントラファゴットも制作しており、特にファゴットではロングセラーにまでなっているモデルがあるほど有名です。

創業100年以上の老舗メーカーですが、2000年に同じ木管楽器製造メーカーのメーニッヒ社と合併しています。

その技術部門の責任者には、名匠とも呼ばれているルトヴィヒ・フランク氏が参加。

改良が加えられたモデルも発売されており、新たな魅力をもったメーカーに変貌しています。

無料査定 ここをクリック

オスカー・アドラー オーボエについて

創業100年を軽く超える老舗の、ドイツの木管楽器メーカー。

オーボエだけでなくファゴットやコントラファゴットにも定評があります。

オーボエでは、5000・5010、4000・4010、6000・6010といったモデルがあります。

5000・5010は、使用頻度の低いキーやベルリングなどの装備は控え、初心者から中級よりも少し上のクラスの方まで使えるようになっています。

4000・4010は、プロフェッショナルクラスの方が使うのには最適なモデルで、コストパフォーマンス的にもすぐれてます。

6000・6010は、キーが充実しており、肉厚ボディやスターリングシルバー製リードレシーバーなど。

オスカー・アドラーが作るオーボエの中では最高級モデルとなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

オスカー・アドラー オーボエの大量買取もお任せください

現在は同じ木管楽器を作るメーニッヒ社と合併しているものの、そのしっかりとした作りは健在で、オーケストラや吹奏楽でも幅広く通用するレベルの高さをもっているオスカー・アドラー。

初心者さんにも吹きやすいということで注目されていることからも、中古市場でもよく探されているメーカーとなっています。

無料査定 ここをクリック

オスカー・アドラー オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

オーボエというのは、メーカーで値段が変わるだけでなく、装備によってもその買取価格が変わってきます。

新品で購入した場合では、スチュ−デントモデルが50万〜70万円程。

ミドルモデルが70万〜100万程、プロフェッショナルモデルが150万〜300万程。

スペシャルモデルでは500万を超えるモノもあります。

中古品では当然のことながら、これまで使用してきただけの分が引かれ、また中古店が得る利益分も引かれます。

あとはコンディションがどれくらい整っているのか、そして外観はどれだけの美品と言えるのかなどで引かれていきます。

コンディションも外観も、使用しているなかで十分に気を付ける、そして演奏後のお手入れと定期的なメンテナンスを怠っていなければそこそこい評価をえられるものとなります。

check2

付属品

オスカー・アドラー オーボエの管体はグラナディラで、キー素材は銀メッキです。

4000・4010以外にはFレゾナンスキーがついていることからも、5000・5010と6000・6010とは買取価格も少し異なるものとなります。

また、4000と5000と6000はセミオートマチック、4010と5010と6010はフルオートマチックになっているので、そういった違いも査定にでるものとなります。

オスカー・アドラーはオーボエ以外にもファゴットやコントラファゴットを製造していますが、アクセサリーも販売しています。

ソフトケースなどもあるので、持っている際は一緒に査定に出した方が印象も良いものとなるでしょう。

check3

まとめて

当然ですが、性能がよいオーボエは高価買取してもらえますので、将来的に買い取ってもらう事を考えているのであれば、お手入れも手抜きしないようにしたいもの。

また、リードとの相性でも変わってきますので、使用しているオスカー・アドラー オーボエに合ったリードも添えて出すと、より一層伝わりやすくなるでしょう。

また、ある程度の耐久性は求められますので、タンポの調子などは日頃からよく見ておきましょう。

細かい部分の耐久性が優れていると、それだけ買取価格も上がります。

そして、オーボエの業界にも、多少なりとも流行り廃りがあります。

オーボエの性能が年々アップしていることにより、良い楽器が注目されているのです。

知名度が高いオーボエ演奏者が持っているモデルも、中古市場では注目されているといえます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

オスカー・アドラー オーボエの掃除方法について

オーボエの掃除アイテムの中でも気になるのが、「羽」の存在です。

最初みたら誰もが「?」となるアイテムですが、これはオーボエのお手入れになくてはならないもの。

使用方法としては、水をいれたコップにリードの先端を浸します。

コルクのついた方の穴に羽を差し入れ、リードの内側の汚れを押しだすようにして動かします。

この際、リードの一番薄い部分となっている先端は傷つけないように注意します。

使用回数の目安としては、毛の長さが短くなってきてしまった時です。

短い毛だと、リードを傷つけてしまうからです。

それまでは、何回でも利用できますので、たくさん練習した時には軽く掃除してあげるようにしましょう。

慣れてくると、掃除の時期も自ずとわかるようになります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介