買取ぞうさんはホルンを高価買取中

昔から「角笛」といった意味をもつホルン。

今は、ホルンと言えばフレンチ・ホルンを差す言葉となっています。

他にも、ウィンナ・ホルン、ナチュラル・ホルンと大別されています。

フレンチ・ホルンについてはさらに詳しく分類することができ、シングル・ホルン、ダブル・ホルン(セミダブル、フルダブル)、トリプル・ホルンとあります。

日本のホルンメーカーとしてはヤマハが有名ですが、海外ではアレキサンダーやハンスホイヤー、コーン、パックスマン、クルスペ、ヴェンツェル・マインル、D.オットーとさまざまなメーカーで作られています。

無料査定 ここをクリック

ホルンについて

オーケストラで必ず必要な存在であるホルン。

ホルンの独奏曲は数多く作曲されており、モーツァルト作曲のホルン協奏曲第1番などは、誰もが知っているともいえる超有名な曲です。

テレビコマーシャルや番組などでよく起用されています。

他にもリヒャルトシュトラウスやシューマン、グリエールなど、歴史に名を残す偉大な作曲家たちによって、ホルンを主役とした曲が作られているのです。

そんなホルンは、実は演奏するにはとても難しい楽器です。

「ギネス・ワールド・レコーズ」では、世界で一番難しい金管楽器として掲載されているほど。

プロのホルン奏者でも、本番中に失敗してしまうこともあります。

ですからホルンを満足に演奏できるようにするためには、より多くの練習をする必要があるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ホルンの大量買取もお任せください

ホルンは、主にオーケストラや吹奏楽で活躍する定番楽器。

角笛を起源としています。

その演奏技術は高度で、ギネスブックには「世界で一番難しい金管楽器」として認定されているほど。

豊富な種類で、どのタイプを選ぶのかも迷ってしまい、中には数種類のホルンを持つ人もいます。

無料査定 ここをクリック

ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

ホルンを売却するのであれば、状態を詳しく伝えるのは基本的なこと。

メーカーやモデル名、製造年、購入年月日、キズや破損などをよく調べてから出します。

また、ケースや付属品の有無でその価格が大きく変わりますので、期限が切れた保証書なども忘れずに持っていきましょう。

要は、購入した当時のものがすべてが揃っていると高評価となるのです。

  • ロータリーやスライドの動きが悪い
  • 表面が変色している
  • ラッカーやメッキのはがれたり浮いている
  • 管にへこみやうちキズや擦り傷などがある
  • サビがある など

使用している中でできてしまったトラブルは、簡単な手入れで改善できるものは改善したほうがいいですが、手が込んでいるものに関してはプロに任せたほうがいいでしょう。

無理矢理やることで余計にひどくしてしまい、査定額を下げる事にもなりかねません。

check2

付属品

ホルンにはアクセサリーがたくさんあり、主要となるのがケースとマウスピースです。

マウスピースは種類も豊富にあり、国によってちょっとした違い、つまりは特徴などがあり、ホルンに合ったマウスピースを使うこととなります。

ケースはホルンの形に合わせたものとなっており、ほとんどが購入時についてきます。

ホルン本体と同じく大切に使っておきたいアイテムです。

付属品は、そろっているだけ査定においての印象がアップするもの。

高額査定を狙うのであれば外せないです。

逆に、どんなに有名メーカーで人気の高いホルンでも、付属品がまったくついていないのであれば、ちょっと期待よりかは少なくなってしまうかもしれません。

check3

まとめて

ホルンの中でも、人気がある種類がフルダブルホルン。

また、ワンピースのタイプや持ち運びに楽なデタッチャブルベル(ベルカット)などです。

フルダブルホルンは、安いものでも20万円台。

本格的なものでは50万前後とするのですから、決して安い楽器ではありません。

ですから、中古市場で質の高いホルンを探して購入する人も少なくないのです。

買取査定に出す際には、なるべく使用感が感じられないようにきれいにしてから出しましょう。

やはり、外装がきれいであると印象も良くなり、買取価格が上がることがあるのです。

そして、その音色の状態もチェック。

音が満足に出ないなんて状態では、たとえ人気メーカーのモデルであろうとも、きれいな外装をしていたとしても、よほど歴史的な価値がない限りは買取ってもらえないです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ホルンの掃除方法について

ホルンの調子が悪くなってきたなと感じたときは楽器店のプロに見てもらうようにしましょう。

使い続けるうちに劣化してくるのは仕方がない事なので、必要な修理や調整などはしっかりと施しておくようにします。

依頼する楽器店やメーカーによっても違いますが、ロータリーの調整や抜差し管調整、へこみ直し、ハンダ付けなどは数千円ですむようです。

ですが、手磨きや全体洗浄、薬品洗浄などには数万。

そして、オーバーホールともなると十数万はかかります。

試用期間が長いと、オーバーホールを余儀なくなることも…。

ホルンなどの楽器はとてもデリケートですから、演奏後のお手入れと定期的なメンテナンスは忘れないようにしましょう。

状態が良いほど、長く安定した演奏ができるものとなります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介