買取ぞうさんはチェルベニー(Cerveny)チューバを高価買取中

チェルベニー(Cerveny)は、バツラフ・F・チェルベニーによって設立された楽器メーカー。

1842年にフラデッチェ・クラロバにてスタートし、今では100人前後のベテランスタッフがいる大きな工房に発展しています。

熟練した技術で、チェルベニーの伝統を守っているのです。

チェルベニーといえば、1846年に開発されたロータリー・バルブシステムで有名です。

主にドイツやオーストリア、ロシアなどで使われており、レバーを右手で押さえてベルが奏者の左側にくるのが特徴となっています。

ロータリー式では、約90度の回転で音が変えられるのでストロークが少ないものとなっています。

無料査定 ここをクリック

チェルベニー(Cerveny)チューバについて

チューバを吹いている人にとってはお馴染みの楽器メーカー、チェコのチェルベニー(Cerveny)。

その創立は1842年と伝統ある歴史を誇っており、低音金管楽器のなかではまさに老舗ともいえる存在です。

さまざまな金管楽器を作ってきたメーカーですが、大作曲家であるワーグナーの依頼も受けてつくったこともあるほど。

また、ロータリーバブルシステムを考案したことでも有名です。

近年では、ユーフォニアムの製造にも力を入れていることでも注目されている存在。

もともと自社ブランドとしては作っておらず、OEM(他社ブランドの製品を製造)として作っていましたが、OEM製品を作る中でユーフォニアムのノウハウも掴み、自社ブランドとしても製造するようになったようです。

もともとチェルベニーはロータリーバブルシステムを考案したこともある腕をもつ会社ですから、そうしたことも可能だったのでしょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

チェルベニー(Cerveny)チューバの大量買取もお任せください

チェルベニー(Cerveny)は、バツラフ・F・チェルベニーが1842年にフラデッチェ・クラロバで設立した工房。

特に1846年に開発したロータリー・バルブシステムでは有名です。

進化するとともに、各楽器にも採用されるほどの優れたシステムとなっているのです。

無料査定 ここをクリック

チェルベニー(Cerveny)チューバの高価買取り方法について

check1

状態

チェルベニー チューバを中古に出す際には、モデル名や製造年月日など…購入した当時の事がわかるものをできるかぎり用意しておきましょう。

また、外装などにキズや破損がないかどうかも要チェック。

チェルベニー チューバがどういった状態であるかどうか、正確で細かい情報が伝えられるとより正確な査定額を最初に出してもらえます。

もちろん、付属品の有無などでも査定額は大きく変わりますので、できる限り揃えておくようにします。

チェルベニー チューバは歴史も長いメーカーですから、かなり古いモデルとなると、いつ作られたのかさえもわからない事もあります。

ですが、今現在のチューバとはまた違う、歴史を感じさせる風格からも、吹かないけど持っていたいといった人もいます。

古くて年代もわからないからと諦めずに、まずは査定に出してみるといいでしょう。

check2

付属品

ハードケースとソフトケースは、それがあるのとないのとでは大きく査定額が変わります。

有効性のある保証書や領収書・取扱説明書・お手入れ用具などがなくても、せめてこれだけは一緒に出したいものです。

楽器は使っていないとどんどん劣化しますので、使わなくなった時点で売りに出すのが一番。

よほど歴史的価値や限定品といった特別な理由がない限り、年数がたつにつれてどんどん価値が下ります。

ですから、遣わなくなった時が一番、価格が高く期待できる時なのです。

check3

まとめて

チェルベニー チューバの買取では、付属品の有無はもちろん、外装や演奏時のパフォーマンス具合も査定されます。

チェルベニー チューバは歴史も長い楽器メーカーですから、よほど歴史的価値があるモデルならまだしも、そうでない場合は外装や演奏による音色の具合などは大きく審査されます。

よく見落とされてしまうのが、長く使い続けることでできてしまう塗装面のヒビです。

また、キズや凹みなども査定の対象となりますので、査定に出す前には細かいところまでチェックして、落とせる汚れなどはしっかりと落としておくようにしましょう。

また、ピストンやロータリー、スライドの動作具合もチェック。

これらは普段からのお手入れが大きく影響してきますので、演奏後と定期的なメンテナンスは忘れないようにしたいものです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

チェルベニー/Cerveny チューバの掃除方法について

チェルベニー チューバはロータリー式。

ロータリーチューバには、吹込管にフレキシブルクリーナーなどのクリーム類や水を入れてはいけません。

ロータリーとストレートにつながっているので、そのまま吹込管にフレキシブルクリーナーなどを入れてしまうのは大きなダメージを与えることになります。

水を通す時は、チューニングスライド(主管抜差)側からにします。

なぜなら、吹込管から水やクリーナーを流してしまうと汚れがバブル側に流れてしまい、バブル側の動きが悪くなってしまうからです。

ただし、吹込管が一番汚れやすいので、ここに水を通して汚れを落としたいときには、バブルは一切動かさないようにします。

もしもこの時にバブルを押してしまうと、迂回管の汚れが下流にあるバブルに流れる事になるのですから要注意です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介