買取ぞうさんはアレキサンダー(Alexander)ホルンを高価買取中

アレキサンダー(Alexander) ホルンでもよく使われているのが、ダブルホルン、トリプルホルン、ウィンナ・ホルンです。

オーケストラ用として作られたダブルホルンは、演奏会場においてその音色は、溶け込むように遠くまで響き渡ります。

高音域を演奏しやすいHigh-F管、中低音域の音色が優れているF管、High-F管とF管の中間ぐらいの性質を持っているB♭管を組み込んだトリプルホルンは、音域も広い事からも、さまざまな音楽シーンで活躍しています。

そして、ヴィンテージ楽器ともいえるウィンナ・ホルンの音色を暗くて重く、フォルテッシモのような響きを作るのが得意。

そのため、オペラの伴奏などに活躍しています。

無料査定 ここをクリック

アレキサンダー(Alexander)ホルンについて

アレキサンダー(Alexander) ホルンは、1782年に創業された楽器メーカーです。

これまでずっとアレキサンダー一族が、熟練したその楽器製造を引き継いできています。

アレキサンダー ホルンはいろんな音色が出る楽器として知られています。

その実力はオーケストラで活躍するアーティストにも愛用されているほど。

想像以上に吹きやすいことからも、初めての人にもよい刺激となるのではないでしょうか。

そのせいか、中古市場でもアレキサンダー ホルンは高値で売れる傾向にあります。

一生ものといってもいいくらいの楽器であり、何十年も使っている人もいます。

それだけ、品質が確かだということです。

そんなアレキサンダーでは、ホルン以外にもチューバ、そしてマウスピース、各種アクセサリーなども作られています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

アレキサンダー(Alexander)ホルンの大量買取もお任せください

アレキサンダー ホルンには、ダブルホルン・トリプルホルン・デスカントホルン・シングルホルン・ナチュラルホルン・テナーホルンとその種類は豊富に揃っています。

中古市場でも知られている人気メーカーですから、その需要は高いものとなっています。

無料査定 ここをクリック

アレキサンダー(Alexander)ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

アレキサンダー ホルンを買取査定に出す際には、きちんと機種を把握してから出すようにしましょう。

アレキサンダー ホルンの場合、そのほとんどがマウスパイプに機種が表示されています。

シリアル番号は、ロータリーに刻まれています。

こうした情報があると、作られた年代などを知る手がかりとなり査定にも大きく影響します。

情報がないと不透明なものとして評価も低くなってしまいかねませんので、わかる範囲で伝えるようにしましょう。

アレキサンダー ホルンは中古市場でも人気が高いメーカーですから、以外とどの機種でも問題なく買取ってもらえる事が多いです。

ですが、きれいな状態で査定に出さなければマイナス評価となってしまいますので注意が必要です。

check2

付属品

アレキサンダーではマウスピースや各種アクセサリーも販売されています。

楽器とセットになっているハードケース、持ち運びに便利なセミハードケース、ホルンのメンテナンスに欠かすことができないポリシングクロス、演奏をサポートするためのプロテクタターなど種類も豊富なサポートアイテムが揃っています。

これらのアイテムがきれいな状態で残っているのであれば、一緒に査定に出すのがいいでしょう。

特にケースはないと、いくらホルン自体の質が良くてもマイナス査定になってしまうこと必須です。

check3

まとめて

アレキサンダー ホルンでもフルダブルホルンで特に人気が高いのが、「103」「104」「1103」「1104」「200」「403」などです。

「103」はアレキサンダー ホルンの中でも代表格ともいえる機種ですし、ベルリン・フォルでも愛用する奏者は多くいます。

「200」はアレキサンダー社の200周年記念モデルで、「403」はペーター・シュタイドルと共同開発した機種。

他にもいろいろとありますが、基本的にアレキサンダー ホルンはその人気と楽器としての性能の高さからも高値で売れる楽器なのです。

他にもセミダブルホルンの「102」、シングルホルンの「88」「94」「93」など、デスカントホルンの「99」「105」「106」などや、トリプルホルンの「01」「303」「307」など、ウィンアホルンの「92」などが注目されています。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

アレキサンダー(Alexander) ホルンの掃除方法について

ホルンは、演奏後に丁寧なお手入れをすることで長く使えます。

お手入れだけでなく演奏する事も大事で、長い間触れられずに放置されたりするとたちまち劣化してしまいます。

もちろん、乱暴で不適切な扱いもダメです。

ホルンのお手入れでは、ロータリーをはずさずに楽器をまるごと水につけたり、ロータリーを外さずに水を通すのはNG。

水につけるのであれば、ロータリーを分解して取り出してからにします。

ロータリー内部には日常的に水分が入り込みますが、頻繁に使うことで抜けていきます。

でも、水につけてしまう行為では水分が残りやすく、それが酸化させて錆による腐食を進行させてしまうのです。

ロータリーはオイルが充満している状態であることが望ましく、それが水分の入り込みを予防すると共に、腐食を抑える事になるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介