買取ぞうさんはマイネル・ウェストン(Meinl Weston)チューバを高価買取中

世界のホルン奏者からも高い信頼を得ているマイネル・ウェストン(Meinl Weston)。

チューバのトップメーカーです。

ホルン奏者とのコミュケーションから、次世代を意識した新製品の開発にも力をいれています。

もちろん、高級モデルだけでなくアマチュア向けのモデルも生産しており、チューバメーカーとしても有名ですから、日本で入手するのもそう難しいものでもありません。

チューバ市場ではよく見かけるだけに、多くのホルン奏者に使われているメーカーでもあります。

無料査定 ここをクリック

マイネル・ウェストン(Meinl Weston)チューバについて

チューバの楽器メーカーであるマイネル・ウェストン(Meinl Weston)。

1810年に設立された、まさに歴史のあるメーカーで、7世代に渡って作り続けています。

日本でも人気が高く、マイネル・ウェストン チューバの中には、高値で取引されているモデルもあるのです。

チューバ業界でも知られた存在であるだけに、たくさんのプロホルン奏者に愛用されています。

マイネル・ウェストンが有名なのにはその性能の良さもありますが、楽器製造のマイスターでもあるゲルハルト・マイネル氏が関っているのも少なからず関係しています。

発売当時に一躍大人気になったモデルや、プロのチューバ奏者が選定したモデルなど、注目度も高いモデルがいろいろとある知る日とぞ知るメーカーなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

マイネル・ウェストン(Meinl Weston)チューバの大量買取もお任せください

チューバのトップメーカーとして、世界的に有名なマイネル・ウェストン(Meinl Weston)。

常に次世代への開発を意識したチューバ製作には、元NYフィルのワーレン・デック氏など、世界のチューバ奏者からも高い信頼を得ています。

無料査定 ここをクリック

マイネル・ウェストン(Meinl Weston)チューバの高価買取り方法について

check1

状態

マイネル・ウェストン チューバのなかでも、中古市場でも注目されることが多いのがC管2165の「ワーレン・デックモデル」。

このモデルはワーレン・デック氏のために開発されたもので、ヨークスタイルと呼ばれているものです。

十数年前には、プロのチューバ奏者の間でも話題になったモデルとして有名です。

ちなみに、ヨークスタイルとは、ヨーク社が作った座奏用のチューバが原型となったもの。

作った当初は人気がなかったものの、数年後にビンテージ品として人気に。

チューバ製造メーカーがこぞって真似をする中、マイネル・ウェストンは完全にコピーするのではなく、さらに進化させたスタイルで開発。

それが、2165なのです。

かっこいいチューバとして、今でも中古市場に出ると注目されます。

こうしたモデルは、時を経ても人気があるので査定額もそう悪くならないのでしょう。

check2

付属品

保管したり移動する際に必須のケースは必ず一緒にもっていくようにします。

最初から付属されていたケースが一番いいですが、それ以外のメーカーで使っていたケースでも大丈夫です。

要は、保護できるケースがあるかないかで査定額が大きく変わってくるのです。

また、マウスピースもあるといいでしょう。

マイネル・ウェストンはドイツ管ですから、それにあったマウスピースをつけておくといいですね。

他にも、一緒に使っているものがあれば査定に一緒にだすようにします。

購入当時の事がわかる品や、マイネル・ウェストン チューバを使うのに適したアイテムがあると、それだけプラス査定になります。

check3

まとめて

マイネル・ウェストン チューバのモデルの中には、プロ奏者による選定品があります。

例えば「3450S」は、交響楽団のプロ奏者から、低音の吹きやすさは抜群に良く音ムラがまったくないと評価されています。

ハノーファー音大教授のイエンス・ビョルン・ラーセン氏の協力で開発された「5450」は、高音域から低音域まで均一な音色に安定した吹奏感があり、イタリアのアレッサンドロ・フォッシ氏が開発に携わった「5450RA」は最新のロータリーシステムが採用されています。

こうした選定品は中古市場でも安心感があるとして、評価も高いものとなっています。

購入した時の事がわかるようなものと一緒に査定に出す事で、評価への印象もよくなるでしょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

マイネル・ウェストン/Meinl Weston チューバの掃除方法について

金管楽器のトラブルでよくあるのが、マウスピースのトラブルです。

マウスピースはチューバ本体とは違って、新しく購入する事もそこまで難しくないものです。

「ダメになったら新しいのを買えばいい…」なんて考えている人もいますが、マウスピースが劣化していると、そのダメージがチューバ本体にも影響を与える事になるのです。

ですから、マウスピースも日頃から丁寧に扱い、お手入れをするようにしましょう。

マウスピースの内部は管と同じく水分が溜まりやすいもの。

演奏後はマウスピース専用のスワブで水分を拭き取るようにします。

やり方は、マウスピースの中にスワブをさっと通すだけです。

こうした日々のちょっとしたお手入れが、楽器を長く使えるものとするのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介