買取ぞうさんはオーボエを高価買取中

木管楽器の一つであるオーボエ。

上下に組み合わさった2枚のリードで音を出す、ダブルリード式の楽器です。

オーボエの同属楽器としては、オーボエ・ミュゼット、オーボエ・ダモーレ・イングリッシュホルン、バリトンオーボエ、ヘッケルフォーンなどがあります。

オーボエの演奏曲としては、独奏協奏曲の「オーボエ協奏曲」があり、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとリヒャルト・シュトラウスの作品が有名です。

管弦楽曲やオペラ、バレエなどでも主要な楽器です。

日本ではヤマハやムージク・ヨーゼフが、海外ではフランスのマリゴやビュッフェ・クランポンが有名なメーカーとして知られています。

無料査定 ここをクリック

オーボエについて

軍隊などが戸外で使用していた「ショーム」と呼ばれる木管楽器が発展して、オーボエになったと言われています。

バロック音楽の作曲家・フルート奏者であるジャック=マルタン・オトテールが、室内音楽用に改造したのが最初といった説が有名です。

オーボエの演奏は簡単ではなく、楽器の中でも特に難しい部類に入るとされています。

音を出すのも難しく、ようやく出たとしてもそのコントロールがなかなか難しいのです。

まさに、初心者泣かせの楽器と言えるでしょう。

そんなオーボエは、身体の小さな人にも吹きやすいといった特徴があり、手が小さい人の方が有利とまでいわれているほどです。

使用するリードは楽器店で販売もされていますが、自分で制作する方も多くいます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

オーボエの大量買取もお任せください

オーボエはギネスブックにも載るほど、その演奏が難しい楽器です。

そして、その価値は楽器の中でも高価な部類に入るほどで、中古でも高い価格で取引されることもあります。

本体が黒いものはグラナディラ(アフリカン・ブラックウッド)で、茶色いものはローズウッドという木材となり、音色の響きがちょっと違うものとなっています。

無料査定 ここをクリック

オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

オーボエだけではありませんが、購入した時は高いお金を払うのに、いざ買い取ってもらうときは安いお金でしか引き取ってもらえない…これはどの楽器でもみられることです。

特にオーボエはピアノなどとは違ってそこまでメジャーな楽器ではなく、むしろマイナーな部類に入る楽器です。

ですから、査定をお願いする状況で買取価格が大きく変わってくることもあるといえます。

オーボエを必要とするお客さんが来ていれば、比較的高い価格で買い取ってもらえるでしょうし、在庫が少なくなってきている時には通常よりもちょっと高い買取金額になることも。

もし、プロ選定品といったオーボエであれば、その証明を持って行くことで査定が大幅にアップすることもあるのです。

check2

付属品

オーボエの演奏に必要不可欠となるのがリードです。

楽器店でも販売されてはいますが、慣れている人ほど自分で作ってしまうこだわりが見られる楽器でもあります。

リード作りに、あると便利なリード専用の紙やすりがあるといいですね。

特に、リードリサーフェイサーといったガラス製でできたリード調整アイテムであれば、繰り返し使えるといったこともあり、査定においては印象も良いものとなるでしょう。

もちろん、楽器店であらかじめ予備として購入していたリードがあれば、それも一緒につけて査定に出すといいです。

check3

まとめて

査定の際に大きく影響するのが、見た目のきれいさです。

オーボエは木製ですから、年数が経つにつれて劣化も酷いものとなってきます。

なにせ、人の息や湿気など常にさらされているのですから、適切にお手入れをしないと、音はもちろん見た目も悪くなるのです。

オーボエといった木製の楽器は、本体に植物性の手入れ液などを塗ってあげるとその見た目もよくなりますので、査定においても好印象となるでしょう。

ただし、査定にだす直前に手入れ液を買ったのでは、せっかくの値上げもあまり意味がないこと。

そうならないように、普段のお手入れアイテムとして持っておき、必要な時に使うようにしておくといいでしょう。

もちろん、本体だけでなく、保管するケースなどもきれいにしておくようにします。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

オーボエの掃除方法について

オーボエを使った後は、しっかりとその水分を取り除くようにしなくてはいけません。

ベル、下管、上管と分解しますが、この際、キイを握らないように注意し、管体にヒビや割れが入らないようにも気を付けながら、羽根やスワブを使って水分を取り除きます。

スワブを強引に入れると詰まってしまう事もあるので、まっすぐ丁寧に行うようにします。

コルクタンポとトーンホールの隙間にも水分や汚れが入り込んでいますから、ここはクリーングペーパーを使って掃除。

上管にあるオクターブキイ周辺は特に水分が溜りやすいものとなっていますから、この部分は念入りに拭き取るようにします。

そして、キイについてしまった指紋や汗は、柔らかいポリシングクロスなどで優しく拭き取るようにします。

強く磨いてしまうと、キイに影響してしまうこともあるので注意。

指紋や汗は変色やくすみなどの原因となりますので、拭き忘れがないようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介