買取ぞうさんはキューン(Kuhn)ホルンを高価買取中

キューン(Kuhn)は、その仕上がりは丁寧でとても美しいと世界的にも注目されているメーカーです。

また、ホルン奏者の一人一人にあった楽器作りで、研究開発に力をいれています。

フルトリプルホルンをはじめオリジナルライスマンモデル(フルダブル)、モデルエデラン、C上昇管付B♭シングル、セミダブルと、さまざまなホルンを製品化しています。

キューン ホルンは他のホルンと比べてみても、吹込みがしやすく、安定した音階と音色を奏でてくれます。

演奏会でもその実力は認められており、ホルン業界でも需要の高いものとなっているのです。

無料査定 ここをクリック

キューン(Kuhn)ホルンについて

キューン(Kuhn)は、ドイツにある金管楽器全般を製造しているメーカーです。

なかでも、リコ・キューン氏がてがけるホルンは特に有名であり、プロから一般の演奏者まで幅広く愛用されています。

そこには、伝統的なハンドメイドホルン「ライスマンホルン」の技術が受け継がれたものとなっているのです。

キューン ホルンは演奏しやすく、安定した音階と音色が特徴。

その吹き心地の良さに、長く愛用する人も多くいます。

そういうことからも、中古市場でもなかなか出回らない品に。

リコ・キューン氏が一つ一つ丁寧に作り上げるホルンは高い評価を受けている事でも有名ですから、これも仕方がない事なのかもしれません。

ただ、入荷本数が国内では少ないので、知名度的には他の有名ホルンメーカーに比べて低いといえます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

キューン(Kuhn)ホルンの大量買取もお任せください

その吹き心地の良さに、なかなか手放さないといわれているキューン ホルン。

作り手であるリコ・キューン氏は、幻の名器としても有名なライスマンを引き継いでいるドイツのマイスターです。

アマチュアからプロまで幅広い演奏家に対応できる楽器を作り続けているのです。

無料査定 ここをクリック

キューン(Kuhn)ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

キューン ホルンを日本で購入するには、山野楽器が正規代理店となっています。

まだ日本国内では入荷する本数が少ないので知名度はそれほどではありませんが、ドイツのマイスターであるリコ・キューン氏が一つ一つをハンドメイドで作っているだけに、そのレベルはとても高い出来栄えとなっています。

まさに、安心して選べる、信用高い楽器店といえるでしょう。

キューン ホルンはオーダーメイドも可能となっており、希望によってクランツをつけたり、

ウィーターキーやラッカーの有り無し、ワンピースなど要望に応じてカスタマイズできます。

ですから、中古品として査定に出すとしても、どういったオーダーをつけているかによって差が出てくることもあります。

check2

付属品

キューン ホルンに適したマウスピースがあれば、予備なども含めて一緒に出すと高評価をもらえるかもしれません。

なぜなら、キューン ホルンのマウスパイプはドイツ独特の形状だから。

それに合わせたマウスピースを探すのが、初めての人では難しく感じられるのです。

キューン ホルンは知名度もそんなに高くないので、初めて使う人にはその独特さもあって、ちょっと戸惑ってしまう事も。

最初からマウスピースがついていると買い手も見つかりやすいでしょう。

check3

まとめて

キューン ホルンを査定に出す際には、使用回数や型式、購入年月日などを、まずはしっかりと確認しておきましょう。

付属品がそろっていることはプラスになりますから、取扱説明書、マウスピース、ケース用プロテクター、マウスピースポーチ、スウェードクロス、ローターオイル、ベアリングオイル、スライドグリスなど、あればあるほどいいです。

また、キューン ホルンの外観に変色しているところはないのか、指紋や汗などが付着したりしていないかできる限り使用感が感じられないようにしましょう。

そして実際に演奏したときに、息が漏れたりしていないか、ロータリーの動きが鈍くなっていないかなどを確認しておきます。

部品が紛失していたりしたらそれこそ値段がつけられませんので、破損していないかどうか念入りにチェックするようにします。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

キューン(Kuhn) ホルンの掃除方法について

キューン ホルンはノーラッカー製のモデルが多いです。

ですから、表面のお手入れ方法としては、お湯を張った洗面器に中性洗剤を入れて泡立たせて、タオルなどを浸して軽くしぼり、ベルの内側からマウスパイプ部分まで、ホルン表面を拭いて油分を落とします。

この時、ゴシゴシとこすらないように気をつけます。

次に、硬くしぼったタオルで中性洗剤を完全に落とすように表面を拭き取り、乾燥させます。

研磨する時は、洗剤で油脂分をさっぱりと落としてからやるといいでしょう。

その後に、また中性洗剤で研磨剤を完全に落とし、それから乾燥させます。

研磨剤が残った状態で保管してしまうと、あっという間に酸化が進んで光沢がなくなってしまうのですから注意が必要です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介