買取ぞうさんはLINE6(ライン6)を高価買取中

「LINE6(ライン6) 」は、アメリカのカリフォルニア州カラバサス市にある音響機器・楽器製造会社。

旧社名は「Fast Forward Designs」で、主にプロ向けのエフェクターやギター、オーディオ機器などを作っています。
正規輸入・販売元は株式会社ヤマハミュージックジャパンです。

アンプでは、FlextoneやLowDown、Spider、Vetta II、DT、Amplifiとあり、アンプシュミレーターは大手レコーディングスタジオやミュージックスタジオなどで採用されている「POD」シリーズでも有名です。

無料査定 ここをクリック

LINE6(ライン6)について

1985年に、シンセサイザーなどを開発・製造する楽器メーカー「オーバーハイム」のシニアエンジニアであったミシェル・ドゥワディーク氏と、ピアニストのマーカス・ライル氏が設立。

当初は、プロオーディオ機器の製造をおこなう「Fast Forward Designs」という社名でした。

1996年に販売したモデリングギターアンプ「AxSys212」をきっかけに、社名を「LINE6(ライン6) 」に変更。

「AxSys212」は、多種多様なアンプがもつサウンドをモデリングする機器として、一躍有名になりました。

その後、伝統的なアンプも手軽に再現できる「POD」を発売し、このシリーズはLINE6の主力アンプにもなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

LINE6(ライン6)の大量買取もお任せください

LINE6(ライン6)は、エンジニアであったミシェル・ドゥワディーク氏とピアニストのマーカス・ライル氏が作るプロオーディオ機器。

ヤマハが輸入代理店にもなっているだけあって、その性能は確かな物。

アンプ周辺機器も合わせて大量買取しています。

当店では生産終了となったモデルから人気のモデルまで、さまざまなライン6 ギターアンプを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

LINE6(ライン6)の高価買取り方法について

check1

状態

LINE6(ライン6)は、デジタルアンプの老舗ともいえるブランド。

数々の名器をデジタルでシュミレートし、高レベルでの繊細なサウンドを作ります。

その技術力高さは、大手楽器メーカーのヤマハが買収したことからもわかります。

最近では、ライン6製品でも人気の高いSpider Vシリーズから新モデルが発売され、注目されています。

別売りのギター・ワイヤレス・トランスミッター「Relay G10T」との組み合わせも可能。

同じ時期に発売された「Spider Classic 15」は、ギターアンプ・モデルと高品質なエフェクトを搭載。

オプションとして、ギター・ワイヤレス・システム「Relay G10」のトランスミッター「Relay G10T」も単体で発売されています。

こうした新モデルの発売によりライン6の前機種などは値下がりが加速されます。

使わないライン6がありましたら、早めに査定に出すのが正解です。

check2

付属品

ライン6にはアンプ以外にもペダルエフェクトやギター、マルチエフェクト、ワイヤレス・システム、ソフトウェア、スピーカー、オーディオインターフェース、そして電源アダプター・キャリーバッグ・スペアバッテリー・ケーブルなどの各種アクセサリーと販売しています。

アンプ以外のライン6製品があれば、セットで査定に出すことで買取価格が良くなります。

check3

まとめて

LINE6(ライン6) といえば、やはりアンプシュミレーターのPODシリーズが有名。

多種多様なメーカーのアンプサウンドをボックスに。

DAWで有名なPro Tools用のプラグインとしても採用されているほどです。

ギターだけでなくベース用も用意されていることからも、ギタリストとベーシストには欠かせないメーカーの一つとなっています。

1998年に開発・販売されたPODの初代をはじめ、パソコンと接続してアンプモデルやエフェクターを追加できる第2世代・POD XT、ベースアンプも一つになった第3世代・POD X3、デュアルトーンを導入した第4世代・POD HDとあり、いずれも状態が良いほど高値での買取が可能です。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

LINE6(ライン6) ギターアンプの掃除方法について

LINE6(ライン6)製品に不具合がみられたら、保証期間内で規定の範囲内での故障であれば、無償で修理してもらうことができます。

日本で購入した場合では、ヤマハの保証書が必要。

ちなみに、並行輸入品などの場合では、国内正規販売品にはならないので、製品保証の対象外となりますので注意が必要。

また、普段からほこりなどがつかないようにお手入れをいれるのも大事。

ケーブルの金属部分の汚れはノイズ発生の原因になることがあり、最悪ショートして火災の原因にもなりかねません。

定期的なお手入れで、ギターアンプのコンディションをチェックし、不良個所の特定や必要があればパーツの交換なども検討するようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介