買取ぞうさんはディレイを高価買取中

ディレイは、さまざまな音楽シーンで使える万能エフェクターです。

その機能をいち早く取り入れたのが、レスポール・ギターで有名なレスポール氏ともいわれています。

ディレイには大きく分けて2種類あり、BBD素子を用いた「アナログ」とDSPチップをつかう「デジタル」。

現代では、高音質で多機能なデジタルディレイが主流となりつつあります。

デジタルタイプは音質が劣化することがなく、高品質で輪郭がくっきりとしたクリアな音が特徴です。

ロックやポップスなどの曲とは特に相性がよく、使用頻度も高いものとなっています。

無料査定 ここをクリック

ディレイについて

ディレイ・エフェクターには、アナログタイプとデジタルタイプの2種類あります。

アナログタイプは機械音のようなサウンドではなく、暖かい感じがする中にちょっと劣化した音が感じられるのが特徴です。

ロックやポップスはもちろんのこと、70年代から80年代の楽曲などにもピッタリ。

デジタルタイプは高品質でクリアな音。

ロックやポップスなどと相性がいいです。

ディレイ・エフェクターは作るのにお金がかかるので、その売値もどうしても高くなってしまいます。

ところが、最近では格安といわれるようなディレイ・エフェクターが登場してきており、昔よりかは入手しやすくなっています。

ディレイ・エフェクターを愛用するギタリストといえば、アイルランド出身のロックバンド、U2のジ・エッジ氏が有名です。

多くのギタリストに影響を与えている存在として知られています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ディレイの大量買取もお任せください

ディレイ・エフェクターはU2のジ・エッジ氏や日本のギタリストの布袋寅泰も愛用しており、数多くのギタリストに大きな影響を与えています。

作るのにお金がかかる機器ですが、最近ではコストを抑えた品も出てきており、手軽に買えるようになってきています。

当店では生産終了となったディレイ・エフェクターから人気のディレイ・エフェクターまで、さまざまなディレイ・エフェクターを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ディレイの高価買取り方法について

check1

状態

定番のデジタルタイプでは、世界初のコンパクト・デジタルディレイの後継機種「BOSS DD-3 Digital Delay」。

クリアなディレイサウンドでプロも多く使っている「Roland DD-20 GIGA Delay」。

デジタルディレイの革命ともいわれている「TC Electronic Flashback DELAY&LOOPER」などがあります。

定番のアナログタイプでは、とても馴染みやすくシンプルな操作性と幻想的なモジュレーションモードを搭載した「MXR M-169 CARBON COPY ANALOG DELAY」。

廃番となっていても多くのギタリストに愛用されている「BOSS DM-3」。

レトロなディレイサウンドが特徴の「Electoro Harmonix Deluxe Memory Man」などがあります。

これらの定番の人気モデルは、買取価格も期待できます。

check2

付属品

ディレイ・エフェクターは空間系ペダルなので、できるだけアンプに近い位置に接続するようにします。

リバーブ・エフェクターと合わせて使う場合には、ディレイからリバーブといった順に繋げます。

設定によっては、アンプを飛ばしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

接続ルールをきちんと守っていると、きれいなエフェクトがかかるようになります。

check3

まとめて

ディレイ・エフェクターは、すでに廃盤になってしまっているモデルもいくつかあり、人気のあるものだと買取価格も高くなります。

1984〜1988年の間に製造されたアナログディレイの名機「BOSS DM-3」は、今でも多くのギタリストに愛用されています。

「BOSS DM-2」の正統後継機種であり1984年に生産が完了した名機「BOSS DM-2W」は、職人が丁寧に作り上げたモデルで、音質が優れているのはもちろん、丈夫な作りです。

レトロなディレイサウンドが特徴で、モジュレーション系エフェクトを加えた個性的なペダル「Electoro Harmonix Deluxe Memory Man」など、廃盤となってもいまだに根強い愛用者がいるモデルもあるのです。

こうしたディレイ・エフェクターは、探している人もいるだけあって、高値で取引してもらえる可能性があります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ディレイ・エフェクターの掃除方法について

快適な操作をおこなうのであれば、日々の定期的なお手入れはかかせません。

放りっぱなしにしていると、ホコリや異物などの混入による接触不良や、部品の故障などが起こりやすくなります。

また、お手入れを行う際には、必ず電源を切ってプラグを抜きましょう。

正面パネルから本体、操作機内部に入り込んでしまった異物を取り除きます。

細かいところにホコリが溜まりやすいので、筆などを使ってきれいに取り除きましょう。

お手入れが済んだら、直射日光や水、湿気、ほこりなどを避けられる場所に保管します。

そして、バッテリーなどは使っているうちに劣化しますので、本体と一緒に、大体5年をめどにオーバーホールなどのメンテナンスをおこなうようにすると安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介