買取ぞうさんはGEMEINHARDT(ゲマインハート)フルートを高価買取中

アメリカでは定番となっている「GEMEINHARDT(ゲマインハート)」。

アマチュアを中心にとても人気に高いメーカーです。

日本ではエントリーモデルが多く出回っている事の方が多く、ピッコロの方が有名となっています。

ゲマインハート フルートは、Kurt Gemeinhardt(クルト・ゲマインハルト)が立ち上げたフルートメーカーで、「Haynes(へインズ)」と並ぶほどの実力の持ち主です。

常に演奏者にとって吹きやすいフルートである事を研究しており、その精度の高さと安定度は、価格以上のものとさえ言われています。

無料査定 ここをクリック

GEMEINHARDT(ゲマインハート)フルートについて

Kurt Gemeinhardt(クルト・ゲマインハルト)が創設した「GEMEINHARDT(ゲマインハート)」。

フルート以外にピッコロも作っており、日本ではピッコロの方が名前が知られています。

ピッコロも素晴らしい出来ではありますが、フルートも素晴らしい音色や高い操作性を持ちます。

特にゲマインハートの3sbは銀製フルートの上級モデルとして、その精度の高さと安定した操作性には評価も高く、
日本の楽器メーカーであるヤマハに似ているといわれています。

ゲマインハート フルートはフルートマイスターが作るだけあって、温かみのある色彩感のある音色で、多くの音楽家からも高い評価を受けています。

吹奏楽やオーケストラでもよく見るフルートなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

GEMEINHARDT(ゲマインハート)フルートの大量買取もお任せください

日本ではピッコロの方が人気が高いですが、アメリカでは定番ともなっているゲマインハート フルート。

初心者にも使いやすいフルートとして、愛用されているフルートなのです。

もちろん、プロが使うオーケストラでも活躍しています。

その音色がとてもきれいなので、他のフルートと吹き比べて購入していく人も多数いらっしゃいます。

無料査定 ここをクリック

GEMEINHARDT(ゲマインハート)フルートの高価買取り方法について

check1

状態

GEMEINHARDT(ゲマインハート)はスイスのフルートメーカーです。

ですが、どちらかというとアメリカのほうでの知名度が高く、日本ではフルートよりもピッコロで有名なメーカーとなっています。

また、フルートとピッコロ以外にもサックスやクラリネットの製造もしています。

その吹きやすさから初めてフルートを演奏する人に探されている事もあり、GEMEINHARDT(ゲマインハート)の存在を知らなくても、その操作性と音色に惹かれて購入していく人もいます。

ですから、知名度がそこまで高くないからと言って必ずしも買取価格が低くなるといったことはありません。

GEMEINHARDT(ゲマインハート)らしさを感じることができるコンディションであれば、高価買取もしてもらえるかもしれません。

check2

付属品

特にフルートをしまっておくケースは必須です。

フルート用のケースは、楽器の保管や運ぶ際に傷や湿度からフルートを守る役割をもっています。

フルートはとても繊細で、ちょっとした衝撃でもキズがついてしまいます。

また激しい温度変化はケース内の湿度を変化させ、水分や湿度が金属を腐食させてしまいます。

見た目も悪くなるだけでなく吹き心地も悪くなりますので、フルートの質を落とさないためにも必須となっていまるのです。

耐衝撃性、耐水・耐湿性、断熱性に優れたケースがセットになっていると、買取価格にもプラスに働きます。

check3

まとめて

ゲマインハート フルートだけではありませんが、フルートを購入するといえば新品が良いような気がしますが、それは必ずしもそうとはいえません。

むしろ、中古品のほうが良いフルートと出会えることもあるのです。

そうしたことからも、中古市場でゲマインハート フルートを探している人もいます。

実際に購入する際には、まずは見て触れて吹いてみることが大事。

中古品として新品よりも値下がりしているとはいえ、そのコンディションが良くなければ買う意味がないですから、実際に吹くことで金額相当であるかどうかを見定めます。

ですから、査定に出す際には、そのコンディションや外見が良好な状態にして持っていくようにします。

店頭に出す価値が高いと判断されれば、それだけ買取価格が高くなります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

GEMEINHARDT ゲマインハート フルートの掃除方法について

フルートの演奏後には、管体の掃除が必要。

吐息の中に含まれる水蒸気や唾液が管内に入り込んでいるので、これをクリーニングロッド・クロッシングガーゼできれいに拭き取らなくてはいけません。

そのままにしておくと金属が腐食してしまうだけでなく、細菌が蔓延してしまいますので、演奏後の習慣として必ずおこなうようにします。

とはいえ、フルートの管体は細くてガーゼをそのまま入れることは難しいので、ロッドなどに巻きつけて水分を吹きとるようにします。

また、キイについているタンポと呼ばれる部分も水分がたまりやすいので、演奏後にはペーパーなどを挟んでキイを軽く押し、水分を拭き取るようにします。

ここも放っておくと、劣化して正しい音が出なくなってしまいます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介