買取ぞうさんはMesa Boogie(メサブギー)を高価買取中

ギタリストの憧れのモデルともいえる、Mesa Boogie(メサブギー)のアンプ。

テクニカルギタリストとして有名なアンディ・ティモンズや、ギタリストでミュージシャンのジョン・ペトルーシなどが愛用しており、特にファンク系ミュージシャンに愛用者が多く、日本向けのサイトで紹介されている製品以上にさまざなモデルがそろっています。

アンプの種類は豊富で、日本では紹介されていないものも多数あります。

シリーズによって音の傾向は違っても、クリーンからハイゲインまで扱え、歪みの幅も広いといった特徴が。

使いやすさや選びやすいギターアンプです。

無料査定 ここをクリック

Mesa Boogie(メサブギー)について

Mesa Boogie(メサブギー)は製品ラインナップが豊富。

バリエーションもさまざまなタイプが用意されています。

日本ではそこまでメジャーではありませんが、海外ではユーザー数も多い人気ブランドなのです。

メサブギーには、Boogie Markシリーズの「MARK FIVE 25」や「MARK FIVE 35」「Mark V」「JP-2C」「KING SNAKE」。

Expressシリーズの「EXPRESS 5:25+」「EXPRESS 5:50+」。

Rectifier シリーズの「Recto-Verb TWENTY FIVE」「Mini Rectifier TWENTY-FIVE」「Road King」「Roadster」。

Lone Starシリーズの「Lone Star Special」「Lone Star」などがあります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Mesa Boogie(メサブギー)の大量買取もお任せください

日本でも人気のMesa Boogie(メサブギー) ギターアンプ。

海外の有名ミュージシャンだけでなく、高中正義やDAITAさんといった日本のアーティストにも人気。

日本にはないモデルもあり、中古市場でも注目のブランドです。

当店では生産終了となったモデルから人気のモデルまで、さまざまなメサブギー ギターアンプを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

Mesa Boogie(メサブギー)の高価買取り方法について

check1

状態

Mesa Boogie(メサブギー)のアンプの中でも、特にハイゲインアンプとして名高いのが「Dual Rectifier」です。

幅広いサウンドを作りだし、歪み系サウンドとしては気持ち良いもの。

クリーントーンも音圧のある空気感、歯切れの良いクランチ。

エフェクター要らずの性能の高さを持ちます。

メサブギーにはさまざまなアンプがありますが、「Dual Rectifier」ほどの有名モデルはありません。

多くの楽器店で取り扱われており、中古市場でも必見の存在。

他のアンプには真似できない魅力を持っています。

状態が良ければ高価買取も可能ですから、使わなくなったらすぐに買取査定に出すのがおすすめです。

check2

付属品

メサブギーではギターアンプ以外にもベースアンプやギターキャビネット、ベースキャビネット、ペダル、シグナルマネージメントなどがあります。

こうしたアイテムもセットであると、買取査定額は高くなります。

check3

まとめて

Mesa Boogie(メサブギー) のフラッグシップモデルの代表作と言えば、MKシリーズです。

2011年に発売された「MK-V」は、ブリティッシュ・アンプのティストに高品質なサウンドで、多くのギタリストから高い評価を得ています。

他にも、LONE STARシリーズやTAシリーズ、初心者用の廉価モデルなど多種多様に展開。

製品クオリティの高さは折り紙つきで、自社工場で職人と手作業で作っています。

丁寧に作られたアンプは厳しい品質管理の下でチェックされ、最高の状態で出荷されています。

また、ハンマーテストで耐久性の高さも実証されていますので、よほどのことがない限りは大きな傷にはなりません。

性能はもちろんですが、外観もきれいな状態で査定に出すと評価も高くなります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

Mesa Boogie(メサブギー) ギターアンプの掃除方法について

Mesa Boogie(メサブギー) の日本正規品ギターアンプの保証期間は、購入した日から5年間と長いものになっています。

ただし、スピーカーユニットは3年間で、真空管は半年です。

この間であれば、なにか不具合がおきても保証が聞く部分もあるので、ちょっとおかしいと感じたら相談してみましょう。

ちなみに、今現在でているメサブギーのアンプは、通常のアンプよりも交換が簡単な固定バイアス方式(電圧固定型)を採用しているので、純正の真空管を使用の場合ではバイアス調整の必要性はなし。

ただし、過去に交換した事がある、他のメーカーの真空管を使っている場合にはこの限りではありません。

真空管の交換はケガや火傷の危険性があるので、楽器販売店に持っていくのが賢明です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介