買取ぞうさんはBONNEVILLE(ボンヌヴィル・ボンネビル)フルートを高価買取中

BONNEVILLE(ボンヌヴィル)の創設者であるボンヌヴィルは、ルイ・ロットの義父であるゴトフロワ(Godfroy)の元で働いていました。

1876年に独立し、ボンヌヴィルをスタートしています。

その優れた技術で、ルイ・ロットのライバルとも言われるような存在になっています。

ボンヌヴィルはもともと宝石細工人もしくは貴金属商だったようで、フルートに刻印されている様子は、繊細で優美。

その美しさが、さらにボンヌヴィルのフルートを優美にみせています。

ボンヌヴィルが生きていた時代は、まだトーンホールが引き抜きではありませんでした。

ですからきちんとハンダ付けされ、しっかりとした音色がします。

無料査定 ここをクリック

BONNEVILLE(ボンヌヴィル・ボンネビル)フルートについて

BONNEVILLE(ボンヌヴィル)は、19〜20世紀時代のフランスにおいては知られた存在であったフルートメーカーです。

オギュスト・ボヌヴィル(Auguste Bonneville)が創設し、同じくフルートメーカーとして有名なルイ・ロットのライバルとも言わしめた実力をもっています。

とはいえ、ボンヌヴィルが出来たのはルイ・ロットよりも20年も後。

創設当初はあまり注目されず話題にもならなかったのですが、次第にその頭角を現していきます。

ルイ・ロットの義父の下でフルート作りを見ていたこと、そして時代の流れ的にも、ボンヌヴィル フルートはアール・デコから影響を受けたかと思われるような華奢な外観をしています。

その音色は繊細で優雅、倍音がやや多めで、全体的に合理的な仕様となっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

BONNEVILLE(ボンヌヴィル・ボンネビル)フルートの大量買取もお任せください

優しい音色をだすボンヌヴィル フルートは、まさにオールド・フレンチの中でもレベルも高いフルート。

音色だけでなくキイ・ワークもとても美しい造りで、刻印の優美さも合わさって気品あふれる雰囲気を醸し出しています。

ボンヌヴィル フルートは作られてから100年以上経過していることもあり、アンティークとして中古でも注目を集めているのです。

無料査定 ここをクリック

BONNEVILLE(ボンヌヴィル・ボンネビル)フルートの高価買取り方法について

check1

状態

19〜20世紀に作られていたBONNEVILLE(ボンヌヴィル)は、すでに100年以上の時を経ているフルート。

中古のフルートとはいえ、その価値からもアンティークといった方がいいかもしれません。

実際に、中古のボンヌヴィル フルートを探されている人は、コレクターといった方のほうが多いようです。

イギリス人もアンティーク、つまりは骨董を集めるのが好きですが、日本人も古い文化やブランドに関心や愛着をもつ傾向が強くあります。

ですから、いかにも古そうなボンヌヴィル フルートであったとしても、それなりの買取価格は提示してもらえるかもしれません。

買取査定に出す際には、そのコンディションは完全に整える事はできなくても、外観はきれいにお手入れしておくようにしましょう。

check2

付属品

BONNEVILLE(ボンヌヴィル)には、オリジナルのケースがついています。

カギ付きとなっており、当時の仕様をしていることからもアンティークとしての価値も高いものとなっています。

100年以上たっていることからも、その状態はあまり美品とはいいがたいのは仕方がない事。

素材にはベルベットが使われていることからも、ハゲている部分もあるかもしれませんが、それだけで大きなマイナスになることはありませんので、まずは査定で見てもらうようにしましょう。

コレクターの人たちが探していれば、かなりの高値になるのではないでしょうか。

check3

まとめて

フルートなどの管楽器は、日頃のお手入れがそのコンディションを良好に保っていきます。

査定に出すときだけ慌ててやれば外見はきれいになりますが、管体の中には見えない劣化がひどく進行しているかもしれませんので、それが査定においては大きなマイナスポイントになります。

ボンヌヴィル フルートは100年以上の前に作られたモデルですから、ある程度の劣化はいたし方がないにしても、お手入れ不足が原因での劣化はすさまじいものがあるといえるでしょう。

保管されて状態のままで査定に出すのと、日頃から丁寧に手入れしていた状態ではまったく違いますので、演奏後もしくは定期的なメンテナンスはきちんとやるようにします。

それが高額査定の必須条件となるのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

BONNEVILLE ボンヌヴィル(ボンネビル)フルートの掃除方法について

ボンヌヴィル フルートが作られたのは100年も前の事ですから、使わないでしまいっぱなしなんて人も結構いるのではないでしょうか。

その場合、外見がくすんでしまっていることが多いでしょうから、まずはシルバークロスなどで丁寧に拭くようにすると、ある程度のくすみはとれます。

ですが、銀メッキ製であれば、扱い方によってはメッキがはがれてしまう事も。

銀メッキはその性質上、月日が経過するにつれてくすんできてしまうので、これは致し方ないのかもしれません。

また、現役で使えるようにするには、プロのリペアマンに頼むのが無難。

長く拭いていないとタンポの交換などが必須ですし、キイのバランスの調整なども必要。

フルートは繊細は楽器ですから、なるべく放りっぱなしにしないようにするのが一番なのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介