買取ぞうさんは純銀製フルートを高価買取中

最初の銀製フルートを作ったのは、初代パウエルといわれており、その製造方法は銀のスプーンや銀時計を溶かして作ったといわれています。

銀に数パーセントの金属を混ぜることでその強度を高めてきた銀製フルート。

最近では、昔よりも純度が高くなってきているようです。

銀製フルートで気になる硫化銀が起こりにくいとされている、アルゼンチウム・スターリング・シルバーが注目されています。

硬度の点でも申し分ないほど硬いといわれているので、大変興味深い銀と言えます。

基本的にすべてにおいて銀が使われているモデルが多く、ハンドメイド製。

価格は数十万といった高額な金額になります。

無料査定 ここをクリック

純銀製フルートについて

純銀製フルートは他の金属と比べると、その音色は明るく柔らか。

変化を付けやすいものとなっています。

音の立ち上がりも丸みを帯びた優しい感じなのですが、暗い音色を表現するのに関してはやや音切れが悪くなる傾向にあります。

吹奏感と重量は程よいのですが、フォルテでは金やプラチナの方が表現しやすいのかもしれません。

ただ、純銀では柔らかすぎるため、他の金属を混ぜて硬度を強くするといった方法もあります。

銀の純度92.5%のスターリング・シルバーが一般的ではあるものの、最近では純度95%のブリタニア・シルバーや、さらに純度を挙げた形で使用するフルートが増えてきています。

国内生産の古いフルートをみると、その多くが純度90%となっているようです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

純銀製フルートの大量買取もお任せください

銀製フルートは、「一生モノ」といってもいいほどの価値があるフルート。

各メーカーによってその作りや特徴が違いますので、自分にあったモデルを選ぶのが大切です。

深みのある音色に響きも奥行きがあります。

持ち主とともに成長していく、そんな愛着を持ちやすい楽器でもあるのです。

無料査定 ここをクリック

純銀製フルートの高価買取り方法について

check1

状態

フルートは金属性のものが多いですが、木製のフルートも作られています。

木製フルートの場合ではキイが銀製であったりと、完全に細部まですべてが金属性ではありません。

木製フルートは金属性フルートとはまた違った音色と響きで楽しむことができるのです。

また、銀製フルートには銀メッキがされているだけのものや、純銀製のものと2種類に分かれます。

前者に関しては比較的安い金額で購入できますが、後者に関しては少々お高くなります。

その分、中古市場での買取も高くなるといえるでしょう。

見た目も美しい銀製フルートは、初心者にはなかなか難しいです。

ある程度の経験者が使うものであり、そういう意味では、初心者よりも慣れた人が中古としても購入していくことが多いかもしれません。

check2

付属品

ケースカバーやハードケースはなくてはならいもの。

銀製フルートを保護する意味でも大変に重要なものとなるのですから、これは欠かさないようにしましょう。

ちなみに、銀製フルートには音孔引き上げモデルと音孔ハンダ付けモデルといった種類に分けられます。

前者はとても慣らしやすく全音域にかけて吹きやすいものとなっています。

後者は適度な抵抗感があり、粒立ちが良いです。

付属品やアクセサリーだけでなく、細部の選択肢やオプション、演奏のクセなどもできたら伝えるようにします。

check3

まとめて

銀製フルートというのは、使うほど馴染んで演奏しやすくなるといった特徴があります。

ですから、中古の銀製フルートなどには掘り出し物といえるようなフルートも。

そうした銀製フルートというのは、もともと良い品だったのはもちろんですが、大切に扱われてきたものでもあります。

銀製フルートを査定する方は、やはりフルートに対して目が肥えていますから、良い悪いを見定める力をもっています。

場数を踏んでいるだけあって、上っ面だけの整備ではすぐに見抜かれてしまいますので、日頃から銀製フルートの扱いには気を付けるようにしましょう。

丁寧に扱う事で、その評価も下げないで済むのです

また、銀製フルートは演奏歴も長い人が使う事が多いので、その使用感があまりにも出ているようでは買い手を探すのも難しくなります。

そうしたところも気を付けるようにしたいものです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

純銀製フルートの掃除方法について

銀は金属のなかでも最も光の反射率が高く白く輝くため、フルートの素材としても人気。

ただ、硫黄分と反応しやすく、表面に黒っぽい硫化銀を作りだし変色させていくことでも知られています。

この硫化は、普段の手入れではなかなか予防できませんので、オーバーオールの際などに磨き上げることできれいに状態に戻せます。

ちなみに、新品の製造中にはすでに変色してしまっているのですが、仕上げ磨きできれいにしているのです。

この硫化銀は決して悪いものではなく、実はピカピカのものよりもレスポンスが良くなりますので、変色することは見た目は悪くなってもフルートの性能的にはわるくなりませんので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

自宅で簡単にできるお手入れアイテムとしてシルバーポリッシュがありますが、これはいわゆる研磨剤の事。

表面を削ってきれいにするので、あまり頻繁に使うのは止めた方がいいです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介