買取ぞうさんはリグータ オーボエを高価買取中

リグータのオーボエは、1922年に創業されたリグータ社のオーボエです。

スチューデントモデルからプロフェッショナルモデルまで、その音色はふくよかで温かみを感じることができるものとなっており、リグータのオーボエの特徴ともなっています。

リグータのオーボエは、1951年のブリュッセルの国際博覧会にて名誉ある賞を受賞しているのをはじめ、数々の栄誉を受けています。

オーボエ演奏者として第一線で活躍するプロにも愛用されており、ハインツ・ホリガー、モリス・ブルグといった世界でも一流と言われている演奏家達に愛用されています。

無料査定 ここをクリック

リグータ オーボエについて

リグータのオーボエは、フランスにおけるオーボエ3大メーカーの一つです。

1922年に創設し、1935年にはブリュッセルの展覧会で最高名誉称号を受賞しています。

これまで一貫してオーボエ製作だけをおこない、その技術は古くから培われてきた伝統によって生み出されたものとなっているのです。

そんなリグータ オーボエは、全体的にピッチが高くなっているところがあるので、47mmチューブで開きの狭い目の幅広のリードと相性が良いといえます。

高度な指揮が必要となる曲が、リグータ オーボエには最適とさえ言えます。

リグータ オーボエを愛用しているプロのオーボエ演奏家としては、ハインツ・ホリガーやモリス・ブルグが有名です。

日本人では、東京フィルハーモニー交響楽団の加瀬孝宏が挙げられます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

リグータ オーボエの大量買取もお任せください

1935年のブリュッセル展覧会で、最高名誉称号を受賞したリグータのオーボエ。

その後のコンクールでも、リグータのオーボエの実力をいかんなく発揮した賞を受賞しています。

世界で活躍するオーボエ演奏者に愛用される楽器として認められており、それは創設から現在まで続いているのです。

当店では生産終了となったリグータ社製オーボエから人気のリグータ社製オーボエまで、さまざまなリグータ社製オーボエを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

リグータ オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

リグータ オーボエは、フランス人のために作られたオーボエと言われてた時代もありました。

オーボエソリストであるハインツ・ホリガー氏がリグータ オーボエを愛用した事から、世界にも広がっていったといえます。

そんなリグータ オーボエの最近のモデルでも好評なのが、「Jモデル」と呼ばれるものです。

リグータ オーボエは耐久性に優れており、故障といったトラブルも少ないので、大切に扱うことで長く使うことができます。

ハインツ・ホリガー氏が使用しているリグータ オーボエは、20年以上も使用しているというのですから、その丈夫さは保証されているともいえます。

ですから、古いリグータ オーボエでも、コンディションがよければ中古品としても十分に活躍できます。

日頃から大切にし、ケアを忘れないのが高価買取のポイントとなるのです。

check2

付属品

オーボエは付属品だけでなくその仕様によって買取価格が変わっていきます。

キイシステムや管体材質、通常のキイ以外にも装備されているキイはあるのか、特殊キイと呼ばれるキイはあるか、そしてキイの表面はどのような仕上げになっているのかなど、そうしたところも細かくみられていきます。

ちなみに、リグータ オーボエでは、好みに応じて選べるようにさまざまな機種を作っています。

トラディショナルやシンフォニー、エヴォリューション、トーマス、エスプレッション、Jと、多彩なラインナップとなっています。

check3

まとめて

リグータ オーボエのその仕様、そして操作性は数あるオーボエの中でも特に秀でた技術から生み出されているといえます。

だからこそ、ブリュッセル展覧会をはじめとする数々のコンクールで賞をもらっているのです。

それは、プロのオーボエ演奏家にも認められているものと言えます。

しかも、リグータ オーボエは数十年といった長い月日において演奏を楽しむことができる、丈夫さも兼ね備えているのです。

ただし、リグータ オーボエは長期間の使用に耐えられる分、その性能を遺憾なく発揮させられる状態になるまでには、1〜2年ほどかかるといわれています。

ですから、中古品として出されているリグータ オーボエは、ほどよくその性能が引き出されている状態であるということ。

年数によっては、高価買取となることもあるのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

リグータ オーボエの掃除方法について

オーボエは、演奏前と演奏後のお手入れが大切です。

演奏前にはジョイントコルクおよびリードチューブの下部全周に、コルクグリスを塗ってから組み立てるようにします。

そして、力を入れすぎないように組み立てるようにし、特にキイには余計な力がかからないようにします。

演奏後には、管体内部に発生した水分をクリーニングスワブなどで丁寧に拭き取ります。

この時に使うクリーニングスワブは、リグータのオーボエに合わせたものにすると良いです。

表面はポリシングクロスで軽く拭き、タンポの水分はクリーニングペーパーをトーンホールのすき間に挟むようにして拭き取ります。

キイとキイポストの間には、1カ月に1回でいいのでキイオイルを注入するとその動きもよくなります。

この際、他の部位にはできるだけオイルがつかないように、慎重に行うようにします。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介