買取ぞうさんはPIERMARIA(ピエールマリア)を高価買取中

フレンチ・スタイルともいうような独特でユニークなデザインをもつPIERMARIA(ピエールマリア)アコーディオン。

イタリアのカステルフィダルドで作られています。

プロフェッショナルな仕様に徹底した管理システムを行い、さらには商標登録することでコピー製品が出るのを厳しく禁止しています。

ピエールマリア アコーディオンには、ピアノやクロマチック、フレンチライン、ダイアトニックと種類もさまざま。

イタリア式とはちょっと違い、フランスでは主流となっている四列ボタンです。

無料査定 ここをクリック

PIERMARIA(ピエールマリア)について

PIERMARIA(ピエールマリア)はフランスでは主流のアコーディオン。

イタリア式の5列ボタンではなく4列ボタンであったり、すかし模様の入ったステンレス製のフロントグリル、白いボタン、音色の切り替えレジスタースイッチが鍵盤の裏側にあるという特徴があります。

昔から最先端の流行を取り入れるところからも派手な色合いのモデルもあり、お値段的には50万前後になるということからも高級楽器といえます。

ラインナップはピアノは11モデル、クロマチックは3モデル、フレンチラインは14モデル、ダイアトニックは4モデルと幅広く展開しています。

特にダイアトニック蛇腹部分にも特徴的なデザインが施されており、ステージでも注目を集める存在です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

PIERMARIA(ピエールマリア)の大量買取もお任せください

イタリアのカステルフィダルドで熟練した腕をもつ職人さんが作るピエールマリア アコーディオン。

プロフェッショナルなその仕様と心地よい音色は、中古市場でも人気のアコーディオンとなっています。

当店では生産終了となったピエールマリア社製アコーディオンから人気のピエールマリア社製アコーディオンまで、さまざまなピエールマリア社製アコーディオンを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

PIERMARIA(ピエールマリア)の高価買取り方法について

check1

状態

ピエールマリア社製アコーディオンは高級アコーディオンであるだけあって、中古市場でも高額な価格で販売されています。

高額査定を出してもらうのは、音色だけでなく見た目も大切です。

特にピエールマリア アコーディオンはその外観が美しいことでも知られているので、落とせる汚れはきれいにしておくようにしましょう。

そのためには、日頃のお手入れと管理状態がとても大切です。

カラーリングもフランス人の好みを反映したような明るい色が好まれており、「イエロー・ビーチ」などの色は舞台映えがするとして中古で販売されていると目を引きます。

モデルでは、47音/80ベース、6.9kgと軽量で使い勝手が良い「306」などが人気。

カラーはもちろん、ユニークなデザインのフレンチタイプです。

check2

付属品

特にアコーディオン用のハードケースは一緒に査定に出しましょう。

他には、付属のストラップやクロスなどもセットにして出すといいです。

他にもアコーディオンに使うアクセサリーがあれば、まとめて査定に出すと効率的です。

買取金額もサービスしてもらえるかもしれません。

もしも、未開封のものがあれば、そのままにしてだしましょう。

新品に関しては、開封品と未開封では金額が異なり、高くなるのはもちろん未開封です。

check3

まとめて

アコーディオンは、空気抜けが重要です。

リードに蛇腹で空気を送りますが、その際にリードだけでなく回りにも空気が抜けていってしまいます。

その空気の抜ける量が少ないほど良い楽器となるのです。

アコーディオンの値段は、この空気の抜け具合が価格に反映されるといってもいいぐらいですから、日々の演奏でも気にかけるようにしておきましょう。

メンテナンスができているアコーディオンは、その買取価格も自然と高くなります。

また、アコーディオンは高度な機械操作で演奏する楽器です。

細かいパーツが合わさってできているので、その重さも値段も高くなっています。

定期的にメンテナンスに出す事で細かい部分にまで目が行き届くようにしておくと、それが長く使える楽器にし、査定でも良い評価を得ることができます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

PIERMARIA(ピエールマリア)アコーディオンの掃除方法について

日本は1年を通して寒暖の差が激しく、夏は高湿度で冬は乾燥していますので、木製でできているアコーディオンの本体には湿気が吸い込まれやすいものとなっています。

ヨーロッパは年間を通して乾燥しているので、そこで作られるピエールマリア アコーディオンも、日本の風土では音が出にくくなってしまうことも。

ですから、アコーディオンを取り巻く環境や保管方法には気をつけるようにします。

アコーディオンは、一般的には10年でも20年でも使える楽器です。

ピエールマリア社製アコーディオンのようなしっかりとした技術で作られているアコーディオンんであればなおさらです。

ですが、使い方によっては数年で使いものにならなくなってしまうこともあります。

楽器は演奏をすることで少しずつ劣化していきますので、日頃のお手入れはもちろんメンテナンスもサボらないようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介