買取ぞうさんはTom green(トムグリーン)フルートを高価買取中

当店ではさまざまな楽器の買取を行っています。

当店の買取は一般的に多い店舗での買取ではなく宅配買取を行っています。

宅配買取というのはまだまだ少ないので、これまでに一度も利用したことがない…そのような方も多いでしょう。

安心してTom greenのフルートを売却できるのか疑問に思われるのもわかりますが、実はとても便利なシステムです。
手間もかからず、高価買取を期待することができるんですよ。

大切に保管してきた楽器を思いきって売却したいと思われている方は、当店までご連絡くださいね。

無料査定 ここをクリック

Tom green(トムグリーン)フルートについて

トムグリーンのフルートですが、いくつか種類があります。

フルートの足部管にはC足部管、H足部管という2つの種類があります。

H足部管はC足部管に比べて長めに造られており、低音域まで音を出すことができます。

これから始めるのなら、C足部管の方が一般的ですので低音域が必要ないのであればH足部管を選ぶ必要はありません。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Tom green(トムグリーン)フルートの大量買取もお任せください

当店の宅配買取では、Tom green のフルート、そしてその他にも使用していない楽器があればどのようなものでも買取いたします。

自宅に使用していない楽器を保管してたままにしているのであれば、できるだけ多く当店まで売却してください。

無料査定 ここをクリック

Tom green(トムグリーン)フルートの高価買取り方法について

check

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

フルートのキイについて

キイの並び方というのは仕様によって演奏管、音質の好みもあります。

そのため、触って好みの物を選ぶのが理想的なのですが、一般的には初心者向きといわれている仕様をご紹介します。

トーンホールには管体を引っ張り上げて形成するカーリングトーンホールという方式、そして異なるトーンホールのパーツをハンダ付けするソルダードトーンホールとがあるのです。

製造の都合上、コストがかかってしまいます。

そのため、ソルダードトーンホール仕様のものの方が高級モデルに採用されるのです。

だからといってソルダードの方が必ずしも音が良いというものではありません。

それぞれの特徴としては、重量の違いによって、引き上げの方が軽く明るい音色で、ソルダードの方が重厚なサウンドなります。

キイの並び方はオフセットキイをおすすめしますし、キイトップはカバードキイをおすすめします。

Eメカはやはり有るほうが良いです。

このEメカというのは、正式にはEメカニズムと呼ばれるものです。

フルートの構造上出にくい音、第3オクターブのミの音を出しやすくしてくれるサポート機構です。

High Eは高難度の音ですので、熟練したフルート奏者であっても本番の緊張においてはどうしても外してしまったり難易度が高くなるものです。

そのため、上級者でも保険代わりにEメカをつけるようにするなど、好みが分かれます。

フルート-インラインキイとオフセットキイとがります。

フルートのキイの並び方ですが、一般的にはキイがまっすぐに並んでいるインラインキイに比べて、一部のキイを指の長さに合わせてずらしているオフセットキイの方が自然なフォームになるので構えやすいです。

初心者であればまずは構えやすいオフセットキイの方が便利です。

ただ、持ちやすさ、構え易さというのは個人差があります。

一度持ってみて逆にインラインキイの方が馴染むのであれば、オフセットではなくても良いと思います。

若干ではあるのですが、キイの並び方によって音質、キイの捜査官にも影響が出る要素だといえます。

迷った場合にはこのあたりも考慮したうえで検討するというのもおすすめです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介