買取ぞうさんはSequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)シンセサイザーを高価買取中

デイヴ・スミス氏によって、1970年代に設立されたSequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)。

アメリカのカリフォルニアにあった、シンセサイザーを中心に製造・販売していた楽器メーカーです。

1978年に、ポリフォニック・シンセサイザーである「プロフェット5」を発表。

音色を本体にメモリーすることが可能で、同時に5音を発生することができるとして注目されました。

他にも、リ・モジュレーションといった独自の特徴ある機能を作りヒットさせています。

無料査定 ここをクリック

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)シンセサイザーについて

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)は、アメリカのカリフォルニアにあった楽器メーカーです。

シンセサイザーを中心に製造・販売していましたが、1987年にヤマハに買収されるまでは、モリダイラ楽器が日本での代理店となっていました。

シーケンシャル・サーキットは創設するなり、「プロフェット5」や「ポリ・モジュレーション」といったヒット製品を開発・販売。

1980年にはローランドとヤマハとともにMIDI規格などを創案。

1983年には世界初のMIDIドラフト規格対応シンセサイザー「プロフェット600」を発表し、「プロフェットT8」や「シックス・トラック(Six-Trak)」、「プロフェットVS」など数々の優れた製品を開発・販売しています。

1987年にヤマハに買収されてからは、「プロフェット」の商標はヤマハが保有しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)シンセサイザーの大量買取もお任せください

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)のベクトル・シンセシスの技術はヤマハでも生かされており、
シンセサイザー「SY22」やトーン・ジェネレーター「TG33」となっています。

これらの開発にはデイヴ・スミス氏もアドバイザーとして参加しています。

そんな2つの優れた会社が合わさってできるシンセサイザーは、中古市場でも人気も高いものとなっているのです。

当店では生産終了となったシーケンシャル・サーキット シンセサイザーから人気のシーケンシャル・サーキット シンセサイザーまで、さまざまなシーケンシャル・サーキット シンセサイザーを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)シンセサイザーの高価買取り方法について

check1

状態

シーケンシャル・サーキット シンセサイザーでも名器といわれているのが、1970年代後半に開発した「Prophet 5(プロフェット5)」です。

音色の響きが良いのはもちろんのこと、シンセサイザーに精通した人好みともいえる響き。

フィルターの性能も優れていることからも、重圧なサウンドを楽しむことができます。

「プロフェット5」はトランジスターやコンデンサーといったアナログ系パーツとIC半導体を作られており、当時の技術としては革新的であり、斬新な仕様だったわけです。

これが、世界中のシンセサイザーファンを虜にしました。

当時の価格で、100万を軽く超えます。

もちろん、中古市場でもかっこいいシンセサイザーとして注目され、高値で取引されています。

check2

付属品

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)はヤマハに買収されてしまっており、「プロフェット」の商標はヤマハが保有しています。

ですが、パーツなどはワイン・カントリー・プロダクション(Wine Country Productions, Inc.)が受け継いでおり、修理や改造も請け負っているそうです。

もし、シーケンシャル・サーキットはもちろん、ワイン・カントリー・プロダクションからパーツや修理などのメンテナンスをおこなっていたとしたら、そういったアイテムも一緒に出すといいですね。

check3

まとめて

シーケンシャル・サーキット シンセサイザーは、定価で購入するにしてもそこそこの値段がかかる品となっています。

1978年に発売された「Prophet-5」は170万円。

1983年に発売された「Prophet-600」は世界初のMIDIシンセサイザーとして38万円、さらに「Prophet-T8」は250万円と超高額。

他にも、「Six-Trak」は22万円、フルPCM音源の「DrumTrak」は24万円、「TOM」は14万円、世界初のベクトルシンセ音源を搭載した「Prophet VS」は98万円と…安いものでも数十万円、高いものでは数百万円で販売されていたのです。

シーケンシャル・サーキットは今ではヤマハに買収されてありません。

ですが、当時のシンセサイザーは人気も高いものばかりでした。

ですから、これらのシンセサイザーの買取価格は、人気もあったことからも期待できます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)シンセサイザーの掃除方法について

Sequential Circuits(シーケンシャル・サーキット)シンセサイザーは、しっかりとメンテナンスしておかないと、そのコンディションが悪くなってしまう事も。

特に、まだヤマハに買収される前の、いわゆるビンテージといわれるようなシーケンシャル・サーキット シンセサイザーであると、鍵盤が年を重ねるごとにどんどん劣化していくのを感じることも少なくありません。

べたつきなども出てきやすく、鍵盤をたたいても戻ってこない、ガリが出る、部分的に動作が不安定になるなどのトラブルも発生しやすいものとなっています。

普段から、演奏後には鍵盤を軽く拭いたり、ほこりを取り除いたりと簡単な手入れはしておきたいもの。

また、定期的にメンテナンスに出すようにすると安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介