買取ぞうさんはMIYAZAWA(ミヤザワ)フルートを高価買取中

「MIYAZAWA(ミヤザワ)」は、埼玉県にある日本のフルートメーカーです。

東京にもアトリエがありますので、都心の人にとってはお付き合いしやすいメーカーと言えます。

「MIYAZAWA」が設立されたのは1969年。

宮澤正氏が創業者です。

「MIYAZAWA」の工房を立ち上げる前までは、某有名楽器製作販売メーカーの営業職であり、フルートの製造は見て知っている程度でした。

まったくの初心者から始まったメーカーですが、今では国内での販売だけでなく、スウェーデンやドイツ、イギリスといったヨーロッパ圏でも広く流通するほどのフルートとなっています。

無料査定 ここをクリック

MIYAZAWA(ミヤザワ)フルートについて

「MIYAZAWA(ミヤザワ)」の創設者である宮澤正氏は、自分の工房を立ち上げる前までは某有名楽器製造メーカーで、製品のクレーム処理や修理品のやり取りをしていました。

フルートを製造する立場ではなかったものの、その製造工程は日常的に見ていたこともあり、さして深く考えずに独立。

そのため、最初の頃はフルートつくりに悪戦苦闘していました。

そこで当時の三響フルート製作所社長であった久藏菊雄氏に師事を仰ぎ、フルート製造を本格化させていったのです。

そんなまさに初心者状態でスタートしたフルート製造も、今では日本国内だけでなくヨーロッパなどの海外でも販売されるようにまで成長しました。

製造だけでなくリペアやフルートのレッスンも開講するまでになっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

MIYAZAWA(ミヤザワ)フルートの大量買取もお任せください

まさにフルート製造の初心者ともいえるレベルから始まった「MIYAZAWA(ミヤザワ)」。

今ではその実力から、クリスチャン・プルヴィエ氏やクレア・サウスワース氏、イアン・クラーク氏、キム・ミヒ氏、マーク・グローウェルズ氏といった有名アーティストにも愛用されているのです。

無料査定 ここをクリック

MIYAZAWA(ミヤザワ)フルートの高価買取り方法について

check1

状態

日本国内だけでなく、世界の奏者にも愛用されているミヤザワ フルート。

その音色はのびやかで、奏者がもつテクニックを最大限に発揮できるように作られています。

素材はもちろん、オプションもさまざまな選択を用意しています。

また、2005年には左右のピンストを実現した「ブロー・ガーシステム」でも注目されています。

このシステムの開発・採用によって、従来のミヤザワ フルートよりも、よりなめらかな演奏が可能になったのです。

そんなミヤザワ フルートは、リペア・メンテナンスに関するサービスも充実しています。

製作メーカーの確かな技術で定期的に見てもらうことは、そのフルートの価値を高める事にもなりますので、

ぜひとも受けておくようにしましょう。

check2

付属品

ミヤザワ フルートではアクセサリーも販売しています。

オリジナルフルートマットやオートクチュールフルートマット、木製・本牛皮製・合皮製とあるケース、オリジナルケースカバー、クロス・ガーゼ・そうじ棒・リングゴムセット・譜面台などのお手入れ用品など、必需品から細かいものまで揃っています。

こうしたアクセサリーもあるようであれば、一緒に査定に出すといいでしょう。

特にケースやケースカバー、フルートマットといった必需品はなるべくならあるようにするといいです。

check3

まとめて

ミヤザワ フルートは、探究心の高いメーカーとして知られています。

そのデザインもその年によって若干の違いや特徴などがみられ、常に次の進化を狙ってさまざまなことにチャレンジしています。

オリジナル素材の開発はもちろん、エントリーモデルとかブローガーシステムなどが挙げられます。

日本のメーカーではありますが、ヨーロッパで特に高い人気を誇っています。

そのせいか、日本の販売店では在庫数が少ないといった傾向がみられます。

音色的に、日本人よりも欧米人好みになっているようです。

とはいえ、プロの奏者の間では知られたメーカーとなっていますから、中古市場でもそれなりの価値はつきます。

決して知名度が低いメーカーではないので、コンディションがよければ高い値で買い取ってもらえることもあります。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

MIYAZAWA ミヤザワ フルートの掃除方法について

演奏後のフルートは、内部に水分がたまってしまっているので、掃除棒などできれいに水分を拭き取るようにしなければいけません。

ですが、実は練習中のちょっとした休憩時間にも、できれば掃除棒で内部の水分をふき取ったほうが良いとされています。

なぜなら、フルートにとって水分は一番の大敵だからです。

フルート内部に水滴がたまっている状態で吹き続けると、やがて水滴がトーンホールを伝ってカップ側にまでまわってしまう危険性が。

そうなると、特定に音だけが出なくなってしまったり、うまくでないようになってしまう事もあるのです。

カップの中にあるタンポは、水分の影響を受けやすいですから、水分を含むことで大きく膨らみ、演奏中に調整が狂ってしまう事になるのです。

乾くと元通りになりますが、何度も繰り返すとタンポを交換する必要性もでてくるので、休憩中もササッと水分を拭き取るようにしたいですね。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介