買取ぞうさんはWaldorf (ウォルドルフ)シンセサイザーを高価買取中

Waldorf (ウォルドルフ) は、ドイツの老舗シンセサイザーメーカーです。

ハードウエアの開発や生産をおこなうだけでなく、ソフトウエアにおいても数多く発売しています。

その実力の高さは、シンセサイザーに詳しい人の間では有名。

最近の開発モデルの中でも特に注目を集めたのが、2013年に発売したiPad用の「NAVE(ネイブ)」。

ウェーブテーブルシンセサイザーの技術を盛り込んだソフトウエアシンセサイザーであり、優れたサウンドはもちろんのこと、ユニークなユーザーインターフェースにも驚きがいっぱいとなっています。

無料査定 ここをクリック

Waldorf (ウォルドルフ)シンセサイザーについて

ドイツの老舗シンセサイザーメーカーであるWaldorf (ウォルドルフ)は、シンセサイザーを演奏する人の中では知らない人はいないほど有名なブランドです。

アナログからデジタルに移行する時期に発売された「Microwave」。

国内価格で120万もするという驚きの価格で、独特の Wave Table サウンドと大きくチルトアップする操作パネルが注目された「WAVE」。

モデリングフィルターを搭載した「Microwave XT 」「Microwave XTk 」「Microwave II」。

他にも「Pulse」「Q」「Micro Q」「Q+」「Rack Attack」「blofeld」などがあります。

「blofeld」については、ウォルドルフのシンセサイザーが復活した最初のモデルと言われています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Waldorf (ウォルドルフ)シンセサイザーの大量買取もお任せください

シンセサイザーメーカーとして有名なWaldorf (ウォルドルフ) 。

小室哲哉氏や浅倉大介氏が、発売台数も少ないウォルドルフのシンセサイザーを愛用していた事でも有名です。

他にも、古橋崇氏やEat Static、Enyaなど著名なアーティストに愛用されています。

当店では生産終了となったウォルドルフ シンセサイザーから人気のウォルドルフ シンセサイザーまで、さまざまなウォルドルフ シンセサイザーを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

Waldorf (ウォルドルフ)シンセサイザーの高価買取り方法について

check1

状態

ドイツの老舗シンセサイザーメーカーであるWaldorf (ウォルドルフ)は、中古市場でも人気のモデルとなっています。

シンセサイザー好きには知らない人はいないほど有名ですから、中古市場で探す人も少なくないのです。

PPG WAVEの技術を採用し、名器とも言われるほどの実力を備えている「Micro Wave」。

アナログモノシンセサイザーの「PULSE」。

この2つのモデルは、90年代の古き良き時代を象徴するものとして、人気も高いものとなっています。

また、これらの技術を受け継いでいる「Blofeld」や「Pulse 2」「Largo」なども同様に注目されています。

世界中のミュージシャンに大きな影響を与えたともいえるウォルドルフのシンセサイザーは、中古市場でも高値で取引される可能性があるのです。

check2

付属品

シンセサイザーを使っている人で、音源モジュールやエフェクターなどの機材も使わないのであれば、これらも一緒に査定に出すようにしましょう。

自宅で宅録などをしている人からしてみれば、こうした機材が一緒についているのはとても嬉しいもの。

別で探す手間が省けますから、購入してもらいやすくなります。

そして、購入した時に入っていた箱があると、買取価格はアップします。

箱がないと、どんなにシンセサイザーや音源モジュールやエフェクターなどの機材がきれいでも、減額となってしまいますので注意が必要です。

check3

まとめて

ドイツ製の高Waldorf (ウォルドルフ)のシンセサイザーは、品質も素晴らしく高いものとして、シンセサイザーファンの間では知られた存在になっています。

常に技術革新を意識した製品を作り続けていることでも、ユーザーにも信頼されている製品と言えます。

古いモデルであってもその人気は根強いですから、コンディションも外観も支障がみられないようにしておかないといけません。

国内メーカーとは一味違うそのデザインに惚れて買う人もいるので、使用感はできるだけ感じさせないようにしましょう。

ウォルドルフは一度倒産したものの復活しています。

倒産前はもちろん、復活した後のモデルも、職人気質を感じるものとなっています。

中古市場でも需要があるモデルなので、日頃から大切に扱うようにしていると、いざ売る時に高値で買い取ってもらえます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

Waldorf (ウォルドルフ) シンセサイザーの掃除方法について

使っているうちに汚れが蓄積されてしまうのは、どの楽器でも同じこと。

汚れがこびりついてしまうと、なかなかきれいにするのが難しくなってしまいます。

特にシンセサイザーの鍵盤部分は汚れも目立ちますし、すきまからほこりやゴミなどが入り込みやすくなっていますので要注意です。

楽器専用のクリーニングアイテムで定期的に鍵盤部分は拭いてあげるようにしましょう。

優しくふき取るだけでもかなり違ってきます。

シンセサイザーのような精密機械にほこりは厳禁ですから、市販されているエアスプレーなどで吹き飛ばすようにします。

シンセサイザーはピアノように調律する手間はありませんが、日々の練習でできてしまう汚れの除去には努めるようにしなければいけません。

こまめな手入れで、長く使えるようになるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介