買取ぞうさんはユングヴィルト(Jungwirth)ホルンを高価買取中

オーストリアのウィーン郊外に工房がある、ユングヴィルト(Jungwirth)。

ヨーロッパでは大きなシェアを持つナチュラルホルンなどの古楽器、ウインナホルンを作っています。

ウイーン・フィルといった有名オーケストラをはじめ、ウインナホルン・プレーヤーに人気のブランドです。

古楽器での演奏が盛んなドイツやベルギー、イングランドなどを中心に販売されており、日本への入荷はそこまで多いものとはなっていません。

正規輸入代理店は山野楽器です。

妥協を許さない追求芯からも、ホルン以外の楽器は作っていないようです。

無料査定 ここをクリック

ユングヴィルト(Jungwirth)ホルンについて

古楽器にも入るウインナホルンを中心に作るユングヴィルト(Jungwirth)。

日本とは違いヨーロッパではまだまだウインナホルンは人気の高いモデルとなっています。

ユングヴィルトは、ウイーンでは唯一のウインナホルン製作工房となっているのです。

パイプオルガンの修理職人であったアンドレアス・ユングヴィルト氏は、ピリオド系楽器の修理にも携わる事が多く、その経験の中でナチュラルホルンの修理やコピー製作などもおこなうようになってきました。

少しずつウインナホルン制作者として評判が広がり、アンドレアス・ユングヴィルト氏もウインナホルンへの知識を深めていった事から、専用の工房を持つに至っています。

アンドレアス・ユングヴィルト氏自身は演奏家として師事した教師はいません。

ちょっと独特な経歴をもつホルンブランドなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ユングヴィルト(Jungwirth)ホルンの大量買取もお任せください

ダブルホルンが一般的となってきているなかで、世界でも一流オーケストラとして有名なウイーン・フィルでも使われ続けているユングヴィルト ホルン。

システム的には古いながらも、独特の良い音色を持つとして人気なのです。

無料査定 ここをクリック

ユングヴィルト(Jungwirth)ホルンの高価買取り方法について

check1

状態

アンドレアス・ユングヴィルト氏がウインナホルンをつくるようになったのは、ウィーンにいるトムベック氏が声をかけたことがきっかけとなったようです。

トムベックの監修もあり、質の高いウインナホルンを作り続けてきました。

そのレベルの高さに、これまで大事に使い続けてきたホルンから、ユングヴィルト ホルンに乗り換える人も少なくありません。

近年では、新しいモデルの登場からも、さらに注目度が上がってきています。

ウインナホルンの中では特に高い評価を得ているだけに、中古市場でもそれに値した買取価格がつけられるのではないでしょうか。

日本ではあまりみかけないウインナホルンですが、ウィーンではプロからアマチュアまで幅広い奏者に使われています。

ホルンにも種類があるので、別タイプで興味を持ち中古で探す人も少なくないのです。

check2

付属品

ケースは必需品です。

ユングヴィルト ホルンをきれいにするだけでなく、ケース自体もきれいにしておきましょう。

そして、マウスピースもあると好印象です。

ウインナホルンで使うマウスピースは、V字型の深めのカップで、リムが薄くスロートの直径が太いといった特徴があります。

ですが、この特徴に当てはまらないウインナホルン用のマウスピースもあります。

ユングヴィルト ホルンに適したマウスピースを一緒に出すと査定額も上がります。

check3

まとめて

ホルンにはさまざまな種類がありますが、なかでもウインナホルンは古いシステムを持つホルンとして今は敬遠されている部分もあります。

ですが、それと同時に憧れのホルンといった見方をされています。

古楽器として、今の時代にはない音色に惹かれるのも、その大きな理由となっているのでしょう。

ユングヴィルト ホルンはウインナホルン一筋ともいえるブランドということだけでなく、ウィーン唯一のウインナホルンともいえます。

世界でもトップクラスのウイーン・フィルにも今でも愛用されていることからも、ある程度の技術を持つホルン奏者に注目されることが多いようです。

ユングヴィルト ホルンは日本ではあまり見かけないものの、評価の高いブランドでもあるので、中古市場でも掘り出し物となっているのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ユングヴィルト(Jungwirth) ホルンの掃除方法について

楽器は湿度や温度変化にとても弱いものとなっています。

寒くなるとローターにねばりが感じられるようになることもあるので、その際には暖かい部屋で吹くようにしてあげるといいでしょう。

ホルンの調子が悪くなってリペアに持ってくるのも、このローターのねばりに関することが多いのです。

くれぐれも、ホルンを置いておく部屋の湿度や温度の管理には気を付けましょう。

他にも、ウインナホルンにおこるトラブルで多いのが、ピストンの戻り具合。

バブル内の密閉度が高くなってしまい、空気圧に抵抗してピストンが戻りにくくなってしまうのだそうです。

何か不具合があった時には、プロに任せるのが一番安全です。

ウインナホルンに長けた技術者がいる楽器店などを、身近な場所でみつけておくと安心ですね。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介